スポンサーリンク

映画『アトラクション 制圧』ネタバレ感想

スポンサーリンク

アトラクション 制圧

地球人と地球外生命体との攻防かつその両者の恋愛も描いているらしいという情報を得て、鑑賞。確かに恋愛は描かれていたが、エイリアンとの攻防はさほど描かれていない内容であった。ネタバレあり。

―2017年公開 露 117分―

スポンサーリンク

見どころとあらすじ・スタッフとキャスト

見どころ:モスクワを舞台に、地球外生命体と人類の攻防を描いたSF。モスクワに巨大宇宙母船が墜落し政府と軍が鎮圧に乗り出す中、司令官の娘が地球外生命体と接近するさまが映し出される。監督は『スターリングラード 史上最大の市街戦』などのフョードル・ボンダルチュク。『コーカサスの虜』などのオレグ・メンシコフらが出演。最新のビジュアルエフェクトと壮大で独特の世界観が見どころ。(映画.com

あらすじ:ロシアの首都モスクワに、巨大な宇宙母船が墜落。多数の死傷者が出る中、政府は戒厳令を敷き、鎮圧に乗り出す。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船に乗ってやって来た異星人のヘイコンと親しくなり、宇宙船が惑星に戻るために必要なシルクを探そうとする。そしてヘイコンへの愛に気付いたユリアは、その気持ちを恋人のチョーマに話してしまう(映画.com

監督:フョードル・ボンダルチュク
出演:イリーナ・ストラシェンバウム/アレクサンドル・ペトロフ

Prityazhenie(原題)・Attraction(英題)ネタバレ感想

クライマックスは序盤(笑)

この映画のクライマックスは、宇宙船がモスクワに墜落してくる序盤のシーン(笑)。映像もキレイだし、BGMも何と表現すればいいかわからんが、なかなか特徴的だった。後に起こるであろう展開に期待を持たせて、ワクワクさせてくれる。

SF超大作!?

ところが、思った以上に小規模なお話であった。SFっぽさを感じるのは、宇宙船と異星人が着ているパワードスーツみたいなやつ。どちらもデザインがかっこよくていいと思ったけど、SF超大作って内容の話ではなかった。

不良たち

ではどんな話かというと、中心人物は、主人公の女子高生(大学生?)とその仲間たち。こいつら結構な不良である。主人公の娘もなかなか気が強くて父に対して反抗的だし、オタクっぽい同級生の男に対しては、自分に好意があるのを知っているのもあって、ほぼパシリ扱い。容姿は美人なんだが、あまり好感が持てない奴であった。

で、こいつの彼氏も最初はまともだし、けっこういい奴かと思っていたら、直情径行直球型のバカ。だから、主人公ユリアが異星人のヘイコンと浮気(てことにしとく)したことにブチ切れちゃう。

ブチ切れた結果、異星人を自分たちの地元から追い出したい民衆を煽り、軍団を率いて異星人の宇宙船に攻め込むのである。すごい行動力だ。

しかも、策を弄するわけでもなく正面突破。男らしい作戦ではあるが、どう考えても勝てないと思いました。バカすぎると思いました(結構善戦するんだけどねw)。

異星人とのロマンス要素のほうが濃い

てなことで、個人的には期待した内容よりも恋愛要素が強かったことが残念であった。ラストまで鑑賞した結果に垣間見えてくる作品のテーマも、なんだかなぁ…。

宇宙船のコンピュータが、「人類はあと600年で勝手に滅びる」と言ってた。個人的には、まだ600年ももつのかぁ…と思ったが、その地球人類滅亡の危機を回避できる可能性こそが、ヘイコンが知った地球人の持つある性質にあるらしい。

で、それはたぶん、人を愛する力――つまり愛情を持っていることだったようだ。なんの捻りもないっす。まぁ、恋愛映画だし親子愛映画だからそうなるわな。

でもさぁ、その愛情のせいでヘイコン君は襲われたんじゃないのかね、元彼氏に。あれもゆがんでいるが、元彼の主人公に対する愛情だろ。

映画『散歩する侵略者』ネタバレ感想 概念を奪うってすごい
人間から言葉の概念を奪っちゃう侵略者ってすごいね。ちょっと長めの感想になりますが、個人的なこの映画の解釈について紹介します。ネタバレあり。 ―2017年公開 日 129分―
映画『インデペンデンス・デイ リサージェンス』ネタバレ感想 老人万歳映画(笑)
およそ20年前にヒットしたエイリアン侵略物の続編。冒頭こそ若さあふれるフレッシュな登場人物らが活躍するのかと思わせるのだが、最終的には中年や隠居老人みたいな奴らが異星人撃退の鍵を握る、親父万歳映画に見えた(笑)。ネタバレあり。―2016年公開 米 120分―
映画『メッセージ』ネタバレ 感想 言葉は人の認識を変える
前半ではこの映画に込められたものは何だったのかという話を。後半では、描き切れていないと思われる疑問点について。いずれにしても、楽しく鑑賞できる映画でした。ネタバレありです。 ―2017年 米 116分―
映画『フィフス・ウェイブ』ネタバレ 感想 詰め込み過ぎてスカスカ
この手のどうしようもない作品も嫌いではないので、最後まである意味では楽しみながら観た。同じように、残念映画を観て突っ込むのが大好きな人は、楽しめるんではなかろうか。怒りを感じるほど酷い映画ではない(もちろん個人的主観)と思う。なぜ楽しめたのかを、考えてみたい。ネタバレあり。 ―2016年 米 112分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました