スポンサーリンク

映画『ヴァイラル』ネタバレ感想 寄生虫感染パニック姉妹の絆と青春物語

スポンサーリンク

ヴァイラル

感染者の血を浴びることで伝染する、寄生生物系のパニック作品。姉妹の絆が描かれているところは好ましいが、特段目新しいところはない作品で、そんなに面白くもない。ネタバレは少し。

―2017年 米 85分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ

解説:血液ウイルス感染により迫り来る終末を実力派キャスト共演で描いたパニックホラー。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』の一作。(KINENOTE)

あらすじ:ある日、女子高生・エマの友人が授業中に突然吐血し、教室を飛び出してしまう。時を同じくして、街では原因不明の感染病が蔓延しているというニュースが流れていた。(KINENOTE)

予告・スタッフとキャスト

(未体験ゾーンの映画たち)

監督:ヘンリー・ヨースト・アリエル・シュルマン
出演:アナリー・ティプトン/マイケル・ケリー

親父が役立たず

夫婦仲が冷め切っている親父と母親、そのとばっちりを受けて親父と共に物語の舞台に引っ越してきた姉妹。母親は別のところにいるらしい。で、世の中には原因不明の病気が蔓延し始めている。姉妹は引っ越してきた先で、その騒動を体験することに。

ちなみに、親父は母親を迎えにいくだかなんだかで、パニックが起きて以降、ずっと姉妹の近くにはいない。そもそもこの親父、奥さんに逃げられちゃっているのは自分の浮気が原因だったことが、後からわかる。姉はそれを知っていたこともあって、グレてたんだねぇ。気の毒。

恋愛模様も描かれる

てなことで、姉妹と、妹が好意を寄せている男の子。主な登場人物はこの3人。彼らが力をあわせてーーというほど助け合う内容でもない。というか、主人公の妹ちゃんは、何でこの男の子のことが好きなんだろうか? 容姿が気に入ったのはいいとして、対して交流してないわりに、好意をもっちゃっているのは何か変ではないだろうか。まぁ、10代の頃の恋愛って容姿に左右される部分がだいぶ大きいので、それはそれでいいのかもしれない。

好ましい部分もありますが・・・

なんか大きな展開もなく淡々と話が進むのでさほどハラハラドキドキもしない内容だ。その中で感心したのは、政府や軍がちゃんと機能して感染拡大を防ごうと組織的な動きをしていることと、冒頭にも書いたように、姉妹の絆についてはきちんと描かれているところか。妹の最後の決断などは同情はするものの、好ましい描写だと思った。

ただ、主人公は頑張って寄生体を除去する方法を見つけるわけじゃない。でも、あれって何の意味もなかったってことだよね? そら、高校生が見つけられるなら専門家が先にその方法は発見していて、意味がない処置だと世には伝わってたのかもだけど、あの時点では彼女は寄生体除去に一応成功しているわけだ。だから、除去した対象から再び寄生生物が姿を現すのについて、何の説明もなかったことが納得いかなかったなぁ。

特に面白くはなかったのでオススメはしないけども、姉妹は2人とも、なかなか美人さんであった。

感染もしくは寄生映画の記事なら↓

映画『インベージョン』ネタバレ感想 結末から考えられること
主人公以外の人間たちが、すさまじい勢いで人間じゃないものに変えられていき、主人公はそいつらと同類にさせられないように逃げ続ける話である。しかも、逃げ続ける間、眠ってはいけないという。わかりやすいうえに、込めている内容にはかなりの毒がある良作。ネタバレあり。―2007年公開 米 96分―
映画『パラサイト』ネタバレ感想 人類が理想郷をつくるにはどうすればいいのか
面白い作品です。というのも、人間にとってのユートピアとはどんな世界なのかと示唆している描写があって、主人公はそれを否定して現実に生きようとする映画だから。要するにそれは、今ある世の中と向き合って「戦え、肯定しろ」っていうメッセージにも感じるんですなあ。そこがこの作品のよいところと思います。
映画『コンテイジョン』感想 ネタバレなし 手はちゃんと洗おう
本作の宣伝コピーは「恐怖はウィルスより早く感染する」――。そういうお話です。ネタバレなし。 ―2011年公開 米 106分―

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました