スポンサーリンク

映画『コンテイジョン』感想 ネタバレなし 手はちゃんと洗おう

スポンサーリンク

コンテイジョン

本作の宣伝コピーは「恐怖はウィルスより早く感染する」――。そういうお話です。ネタバレなし。

―2011年公開 米 106分―

解説:「インフォーマント!」のスティーブン・ソダーバーグ監督によるパニックサスペンス。謎のウィルス感染によって世界中の人々が命を落としてゆく中、それに立ち向かう人々の姿を描く。出演は「インセプション」のマリオン・コティヤール、「アジャストメント」のマット・デイモン、「プレデターズ」のローレンス・フィッシュバーン。(KINENOTE)

あらすじ:ベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は香港出張の帰り、夫のミッチ(マット・デイモン)が待つミネソタの自宅に向かわず、シカゴで元恋人と密会する。だが、ベスは咳と熱を発症しており、同じような症状の人間が香港、ロンドン、東京など各地で次々と亡くなっていた。その事件に疑惑を抱いたフリー・ジャーナリストのアラン・クラムウィディ(ジュード・ロウ)は、政府が伝染病を隠しているのではないかとブログで指摘する。さらに帰国から2日後、ベスが死亡し、続けてベスの連れ子クラークも命を落とす。報告を受けた世界保健機構(=WHO)のドクター・レオノーラ・オランテス(マリオン・コティヤール)たちが、続いてアトランタの疾病予防センター(=CDC)が調査に乗り出す。(略)(KINENOTE)

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:マット・デイモン/ケイト・ウィンスレット/ローレンス・フィッシュバーン/ジュード・ロウ/グウィネス・パルトロウ/マリオン・コティヤール

スポンサーリンク

面白いとは思うけど、何かが足りない

ラストで最初の感染者が誰なのかがわかるんだが、最近の監視システムとか使えば、そういうことまで調査できるんだなぁと恐ろしくも思いつつ、感心はした。あと、ちゃんと手は洗おうと思った(笑)。

ウィルスの広がり方もすごいけど、それ以上に人心の荒廃が進むほうが早い。感染の恐怖に怯えた人間は、嘘か誠かもわからん他者の言動に惑わされるし、あっさりと常識の拘束力から逃れ、盗みや暴力を働く。

これは2011年に公開された映画らしいが、2011年というと、3月11日の地震のことを思い出す人も多いはず。俺も地震直後から1ヶ月くらいの間に起きた、いろいろの出来事をこの映画を観ていたら思い出した。

なかなかに恐ろしい内容の作品ではある。だが、災害パニックものとしては派手な描写がなくて地味だし、B級テイスト的なバカっぽさがないシリアスな内容であるために、なんだか淡々と話が進んで、たいした盛り上がりもなく終わってしまった。つまらなくはない。面白いとは思う。だけど、余韻に浸れるような内容でもなく、心に残る何かがあるわけでもない。

俺にとっては、しばらくしたら鑑賞したことを忘れてしまう類の映画だろう。なので忘れないうちにいろいろ書いておこうと思うのだが、別にもう、これ以上書くことがない(笑)。て考えると、面白い作品じゃないのかもね。

映画 アウトブレイク ネタバレ感想 ウィルス感染パニック猿探し
感染パニックものとしてなかなか楽しめる作品。後半は猿探しの旅だけど(笑)。ネタバレあり。 ―1995年公開 米 127分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました