スポンサーリンク

映画 トゥームレイダー ファーストミッション ネタバレ感想

スポンサーリンク

トゥームレイダー ファースト・ミッション

アンジェリーナ・ジョリーのシリーズを鑑賞したことがないので新鮮な気持ちで観た。アリシア・ヴィキャンデルが必死こいてアクションしてて可愛い。ネタバレあり。

―2018年公開 米 118分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「リリーのすべて」のアリシア・ヴィキャンデルを主演に迎え、世界的人気ゲームを新たに映画化したアクション。資産家の令嬢ララ・クロフトは、冒険家だった亡き父の遺志を受け継ぎ、神話上の島に隠された世界を滅ぼす幻の秘宝を封印する冒険へと旅立つ。共演は「マネーモンスター」のドミニク・ウェスト、「ヘイトフル・エイト」のウォルトン・ゴギンズ、「ジオストーム」のダニエル・ウー。監督は「THE WAVEザ・ウェイブ」のロアー・ウートッグ。(KINENOTE)

あらすじ:資産家の令嬢だが、普段はごく普通の女子大生、ララ・クロフト(アリシア・ヴィキャンデル)。冒険家の父親が遺した彼女へのミッションは、神話上の島に隠された幻の秘宝を封印することであった。もしその秘宝が秘密組織に渡れば、人類が滅びるという。世界を救うため、次々に降りかかる謎と幾重にも仕掛けられた罠を突破し、ララは誰よりも早く幻の秘宝にたどり着くことが出来るのか……(KINENOTE)

監督:ロアー・ウートッグ
出演:アリシア・ヴィキャンデル/ダニエル・ウー

ネタバレ感想

冒頭に書いたように、アリシア・ヴィキャンデルがいい。彼女が必死にアクションこなしているのを観るだけの作品と言えばそうなのだが。ともかく全編通して走って逃げているか、何かを追っている。

ダニエル・ウーは最近アメリカの作品でよく見かけるようになった。でもやっぱり、こうした娯楽作品で、アジア人の俳優は白人女性と恋仲になったりする描写はないんだなぁ。

他に特に感想もないけども、アリシア・ヴィキャンデルを眺めながらボンヤリ観ている分には楽しめる作品ではあった。

映画『エクス・マキナ』ネタバレ感想 人工知能は人間と同じ・・・?
前から内容が気になっていたので鑑賞。最後まで面白く見れた。ただ、細部に突っ込みどころ多すぎちゃってねぇ。設定が甘いせいなのか、俺が理解してないせいなのか。その辺を考えつつネタバレもします。以下、前半はこの映画に対して感じた私的な印象。後半はこの作品のよくわからないところを。 ―2016年公開 英 108分―
映画『ジオストーム』ネタバレ感想 アメリカの栄光を取り戻せ
公開当時に劇場へ行けなかったので、さっそくレンタルで鑑賞。公開当時からあまりいい評価は聞かなかったが、まぁ確かに微妙な内容である。つまらディザスターパニックと思わせておいて、もう少し規模が小さい、アメリカの栄光を取り戻せという陰謀が働いている内容だった。で、結局、ジオストームって何だったのか、俺にはよくわからんかった(笑)。 ―2018年公開 米 109分―
映画『エウロパ』ネタバレ感想 氷の下に生命はいるのか
ドキュメンタリーチックな撮影手法で繰り広げられる、エウロパへの冒険譚。強い好奇心と使命感を持った人たちが、いるおかげで、人類は様々なところに行けるようになることがよくわかる作品だが…。ネタバレあり。 ―2014年公開 米 91分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました