スポンサーリンク

Nas/タイム・イズ・イルマティック 感想 life’s a bitch!

スポンサーリンク

Nas/タイム・イズ・イルマティック

ラッパー、Nasのデビュー作にして名盤である『Illmatic』がいかにして誕生したかを描いたドキュメンタリー。もう少しアルバム内の曲そのものを紹介するシーンがあってもよかったと思うが、Nasが少年時代をすごしたNYのクィーンズ地区がどんな場所だったかを知らせてくれるという意味では勉強になる。

―2014年公開 米 74分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:ヒップホップシーン最高のリリシストのひとりに数えられるNasのデビューアルバム“Illmatic”発売から20 周年を記念して制作されたドキュメンタリー。メイキング映像を交え、アルバム誕生に影響を与えた当時の社会情勢 を探求する。監督はマルチメディアアーティストのOne9。Nasの父親でジャズミュージシャンのオル・ダラ、歌手の アリシア・キーズ、ラッパーのQティップらが出演。(KINENOTE)

あらすじ:90年代初頭から現代まで数多くのクラシックを生み出し、ヒップホップシーン最高のリリシストのひとり に数えられるNas。1994年発売のデビューアルバム“Illmatic”は、社会政治学的な見地、耐える精神、そしてアメリカで自分の声を探し求める若い黒人男性の苦悩を全て要約した作品となり、ヒップホップの新しい基準を作り上げ た。ジャズミュージシャンの父親オル・ダラを始め、Nasへと受け継がれたジョーンズ家の音楽的才能の歴史を追いながら、当時の社会情勢や置かれた環境がNasの世界観にどのような影響を及ぼしたのかを考察Nasが様々な障害を 乗り越えて作り上げたヒップホップ第二黄金期の最高傑作の制作過程が明らかにされる。(KINENOTE)

監督:One9
脚本・製作:エリック・パーカー/One9
出演:Nas/オル・ダラ/アリシア・キーズ/Q・ティップ/バスタ・ライムズ/ピート・ロック/DJプレミア/ファレル・ウィリアムス

Illmaticを最初に聞いたのは、発売から4、5年は過ぎてたと思う。ヒップホップ好きな友人が貸してくれて聞いてみたんだが、最初は何だかよくわからなかった。しかし、何度も繰り返し聞いているうちにドンドンかっこいいと思うようになって、全曲すべてが素晴らしいと思うようになるまでに、さほど時間はかからなかったのを覚えている。

歌詞の内容なんて英語だからよくわからんのだが、サウンドとNasのフロウだけでも魅了されちゃうところが音楽のよさであり、Nasのすごさである。後々、いろいろな映画などを通じてこの地区に対する知識を得る中で、アルバムで歌われていたリリックの内容がどういうもので、どういう環境から生まれたものなのかを知るにいたったが、本作ではクイーンズ時代をNas自身が振り返って語っているので、今まで以上に彼に対する知識が得られて、なかなか興味深い内容であった。

映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』その怒りをライムしろ!
史実を基にした映画ってことで、ヒップホップ好きじゃなくても見て損はない! かえってヒップホップ好きになれるかも。個人的にはこの作品を見ると、当時のラップミュージックを聴きたくなる。ネタバレはほんの少し。 ―2015年公開 アメリカ 147分―
映画『オール・アイズ・オン・ミー』ネタバレ感想 伝説のラッパー2PACの生涯を描いた伝記
伝説のラッパー2PACの生涯を描いた伝記映画。立川シネマの極音上映で鑑賞したので、ライブシーンはかなりの迫力。それを観れただけで満足できた。ただ、ずいぶん濃い人生を歩んだ人だから、2時間ちょいの尺では描き切れてないと思わせる部分もある。ネタバレあり。
映画『袴田巌 ―夢の間の世の中―』袴田事件なんてないんです!
「袴田事件なんてないんです!」袴田氏は何かの会見でこう言っていた。そうなのだ。世間が名付けた事件名、当人にとっては存在しないのである。袴田氏の言えることは、ただそれしかないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました