スポンサーリンク

映画『袴田巌 ―夢の間の世の中―』袴田事件なんてないんです!

スポンサーリンク

袴田巌 ―夢の間の世の中―

解説:袴田事件再審決定により釈放された袴田巌のドキュメンタリー。拘禁症によるダメージを抱えながら、徐々に日常を取り戻していく姿を通して、生きることの尊さを語りかける。監督は、「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」の金聖雄。(KINENOTE)

あらすじ:2014年3月27日、袴田事件再審決定のニュースが伝えられた。重要な証拠が捜査機関によって捏造された疑いがあり、これ以上拘置を続けることは耐え難いほど正義に反すると、袴田巌は即日釈放された。48年の拘禁生活から解放された巌の表情に喜びは見えなかった。突然の釈放に戸惑っているのか、それとも拘禁症による精神的ダメージによるものか……。その後、東京後楽園ホールのリング上で世界名誉チャンピオンのベルトを巻く巌の横には、彼を信じ、支えてきた姉・秀子の姿があった。それから毎週のように巌と秀子の家を訪れ、取材を重ねた。拘禁による妄想は今も続いていたが、一方で巌の気持ちが解きほぐされていると感じるときもあった。将棋三昧の日々を送ったり、親戚の赤ちゃんを抱いて好々爺の表情を見せることもある。ボクシングの話題になると、半世紀前の記憶がよみがえり、試合の論評もする。彼の妄想の世界は、日常という現実の世界にゆっくりと包み込まれつつある……。(KINENOTE)

スポンサーリンク

知っていたけど、何も知っていなかった

ボクシングの雑誌とかwebサイトをたまにチェックするけども、試合に足を運ぶほどではないボクシングのライトなファンです。そういう立場から、袴田氏の存在は小さじ一杯くらいには知っていた。

妄想的な世界に入り込んでしまっている時間も袴田氏にとっては現実。権力を超越した自分を作り上げなければならないほどの精神状態におかれるってどういうことなのか――想像も及ばない。

こんなふうに、知っていたけど何も知っていなかった。それを分からせてくれる映画だ。でも、それだけでは当然ない。この映画を観る機会を得る人はそんなにいないだろうと思うから、分かったふりして記録は残す。

想像することすら恐ろしくなる、長い年月

「袴田事件なんてないんです!」袴田氏はある会見でこう言っていた。そうなのだ。世間が名付けた事件なんて、当人にとっては存在しないのである。袴田氏の言えることは、ただそれしかないのだ。

だって、拘禁生活48年ですよ。48年の重さって誰にも何も言えないくらいの長さだ。自分自身の人生に、拘束され続ける期間が48年間あると考えたら、絶望的な気分になる。人から時間を奪うってのは、残酷な行為の最たるものの1つなんだ。

鑑賞者の心に爪痕を残す作品

多角的にこの作品を考えるのだとしたら、突っ込むことはいくらでもできるだろう。作品の外から、いわゆる事件扱いされている一連の出来事を検証することもいくらだってできる。でも、そういうことに興味は及ばない。事件が事実だったかどうかを、この作品を鑑賞した人間が突っ込んだところで何にもならない。

じゃあ冤罪がどうとか、死刑制度がどうとか、それについて言及するとか、是か非かを問う作品かと言われればどうなんだろうか。そうとも言い難い。いずれにしても、この作品を受け取ったことで、観てしまったことで、間違いなく何かを考えざるを得なくなるのは確かだ。

苦難の中でも笑いを忘れぬ人生を

無関心ではいられない。何も考えずにはいられない。しかし、やっぱり他人の身に降りかかった出来事なのである。何もかもが映像の向こうで起こっていることなのだ。他人の日常の断片を描いたものに感情移入して、何かを知った気になる。そして、作品を鑑賞したこの俺のように、訳知り顔でなんだかんだ言う。

それって何なんだろうか。何かを発信・表現することって、究極的には自己顕示欲を満たす以外の何物でもない。この記事において、俺はまさにそういうことをしているのである。

口を閉ざさなければいけないこととか、言わなくても分かれよ的なこととか、世の中に生きていく上では色々の葛藤がある。反対に、言うべきこと、行動せざるを得ないこともたくさんあって、たくさんの不条理に見舞われる人生において、そのたびごとに人間は、自分のやるべきことを選択し、闘い続けないとならないんだろう。

80歳を過ぎても健康な、袴田氏の姉、秀子さん。自分の葛藤を表には出さず、いつも笑っていられるあの人の明るさが、この作品に光をもたらしている。俺も今のうちに体操をして、身体の柔軟性を高めておこうと思った(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました