スポンサーリンク

映画『ザ・ウォール(2017)』ネタバレ感想 ダグ・リーマン監督のサバイバル・スリラー

スポンサーリンク

ザ・ウォール(2017)

本作に出てくるイラク兵のスナイパーは、ジューバという実在した人物がモデルになっているらしい。主要人物たった3人。しかもジューバは最後まで姿を見せないが、最後まで引きつけられる内容であった。ネタバレあり。

―2017年公開 米 90分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督によるサバイバル・スリラー。イラク戦争時に実在し、37名のアメリカ兵を殺害したイラクのスナイパー、ジューバ。仲間を撃たれ、自分も標的となったアメリカ兵アイザックは、極限の頭脳戦に挑む。出演は、「キック・アス」のアーロン・テイラー=ジョンソン。(KINENOTE)

あらすじ:2007年、イラク戦争中の荒廃した村。アメリカ兵のスナイパーであるアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を狙い5時間が経過したが、まったく動きがない。様子を見にマシューズが壁に近づくと、想定外の場所から銃撃を受け、倒れる。アイザックは援護に向かうが撃たれ、命からがら壁の背後に逃げ込む。アイザックが身動きを取れずにいると、謎の男の声が無線に入る。「仲間だ。すぐに助けに行くから、名前とIDを言え」アイザックは声のかすかな訛りを聞き分け、男の正体を確かめようとするが……。(KINENOTE)

監督:ダグ・リーマン
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン/ジョン・シナ

ネタバレ感想

イラク戦争時に37人ものアメリカ兵を殺害したイラク最恐のスナイパー、ジューバに狙われた主人公のアイザック(アーロン)が、極限の頭脳戦に挑むさまを描いたバトルフィールドスリラー。ジューバは当時アメリカ軍兵士を次々と狙撃する動画をインターネットに投稿し、その過激すぎる内容で世界を震撼させた。イラクでは若者たちから熱狂的に支持され、伝説的存在にまでなっていたが、その後の行方は今もわからず。ISISに殺害されたとのうわさもあるが遺体は見つかっておらず、謎に包まれたままの実在スナイパーだ。(シネマトゥデイ)

上の引用は、実在したジューバというイラクの狙撃兵についての解説。なんと、実在の人物だったようだ。そのジューバと遭遇してしまったアメリカ兵の末路を描いた作品である。

ラストに至るまで、アイザックともう一人を狙撃したジューバは姿を見せない。ということで、不利な状況で一方的にやられてまうアメリカ兵の2人。ジューバは壁の向こうに隠れるアイザックに、無線を通じていろいろと心理的な攻撃を仕掛けてくる。

劣勢になっていくアイザックは最終的に自分の心情を吐露することになるわけだが、最後まで鑑賞しても、ジューバが何を目的としていたのかがわからない。だから、この映画は戦争映画というよりは、ちょっとしたホラー映画みたいな印象であった。

姿の見えない敵から身を守るために頑張って、最後は救援隊に助けられてめでたしめでたしかと思いきや、救援隊もろとも敵に葬られて劇終と。ね、ホラーぽくないかな。

ダグ・リーマン監督といえば、やっぱりこれ↓

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ネタバレ 誰もが唯一無二の存在である!
飽きずに最後まで楽しめます。前半は主人公の死にっぷりでけっこう笑えるし。てなことで、前半はいつもみたいに作品についての話。中盤以降は作品を通じて、成長するとはどういうことなのかを考える話。最後は時間軸の扱い方など作品を通じて考えたことについて話したいと思います。

戦争映画↓

映画『ハクソー・リッジ』ネタバレ感想 日本兵が軽くホラー(笑)
日本兵の描写が殺戮マシーンみたいな感じで、人間と戦っているようには見えない。デズモンドの戦地における行動を描いた作品だから、詳細に日本兵を描写しろとは思わぬものの、戦っている相手も同じ人間なんだけどなぁと突っ込みたくなってしまったのは事実である。ネタバレすこし。
映画『ダンケルク』ネタバレ感想 BGMが効果的。トム・ハーディだけ特別扱い(笑)
この映画のすごいと思うのは、ほぼ全編通して不安を煽るような恐ろしげなBGMが流れ続けるところ。あの音が流れ続けることで、鑑賞する側も落ち着く暇もないくらいの逃亡をしている兵士たちの緊張感を味わえるのである。ネタバレあり。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました