スポンサーリンク

映画 THE GUILTY ギルティ ネタバレ感想

スポンサーリンク

THE GUILTY ギルティ

―2019年公開 丁 88分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:第34回サンダンス映画祭観客賞受賞のサスペンス。警察の一線を退き、現在は緊急通報司令室のオペレーターとして勤務するアスガーは、今まさに誘拐されている女性自身から通報を受ける。微かに聞こえる音だけを手がかりに、アスガーは誘拐事件の解決に挑む。監督は、本作が長編デビュー作となるグスタフ・モーラー。出演は、「光のほうへ」のヤコブ・セーダーグレン。(KINENOTE)

あらすじ:アスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)はある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、緊急通報司令室のオペレーターとして、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど些細な事件に応対する日々を過ごしていた。そんなある日、今まさに誘拐されているという女性自身からの通報を受ける。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣いなど、微かに聞こえる音だけを手がかりに、アスガーは事件を解決することに……。(KINENOTE)

監督:グスタフ・モーラー
出演:ヤコブ・セーダーグレン/イェシカ・ディナウエ/ヨハン・オルセン/オマール・シャガウィー

ネタバレ感想

うーむ。密室劇で大きな場面転換もないので、退屈といえば退屈。アスガー氏は何かの捜査上のミスで警察の緊急電話係になっている。で、ある女性の拉致事件に絡むことにより、彼自身の過去も少しずつ明るみになっていくというーー。

退屈だなぁ。拉致事件の真相には、そういうことかと思わされたけども、アスガー氏がギルティなんだろうなってのは、なんとなく予想がついちゃうからな。まぁいずれにしても、それなりにまともな人間は、人殺しちゃったら、両親の呵責に耐えられなくなっちゃうんだろうということか。

劇場で鑑賞できてたら、もう少し物語に入り込めたかも、とは思ったけど、さほど楽しくはない。

事件の場面をまったく描写せずにセリフと音だけで情景を鑑賞者に想像させる見せ方とか、アスガー氏が事件を通して己の過去の行為に対して向き合うようになっていく展開なんかはいいと思うんだけど、やっぱりなんだか全体的に物足りなさがあるのだ。

変だなーと思うのは、緊急連絡を受ける警察の部屋で、あんな単独行動って許されるもんなんだろうか。しかも、名指しで通報受けるとか、可能なんですかね? リアル世界でその辺はどうなっているのか知らんけども、あんまりリアリティを感じなかったなぁ。

映画 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア ネタバレ感想
外科医のスティーブンは眼科医で美人な奥さんとの間に娘と息子を授かり、一家4人で豪邸で裕福な生活を送っている。彼はある患者の手術をきっかけに16歳の少年と知り合うことになり、彼との関わりの中で過去の罪を償うために、強引にある選択を迫られるようになる。ネタバレあり。―2018年公開 英=愛 121分―
映画『陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル』誰もが糞みたいな問題抱えて生きてます
パチーノ扮する刑事が「生きるしかない。糞みたいな問題を抱えながら」と言ってたと思うが、それはわかる。死を選ばない限りどんな境遇でも生きるしかない。生きたい。つまり、物事の善悪とかを振り切ってでも、生きるしかない人間全体を皮肉っているのだろうか。だとしたら、ものすごい深みを持った作品であるなぁ…。
映画 アンセイン ネタバレ感想 どいつもこいつも異常者ばかり
シリアスかつ社会派な内容の映画のようで、ストーカーにまつわるスリラー映画にも見える作品。おそらく両方を意図して製作されたのかもしらん。ラストのオチを観るに、やっぱりスリラーなのかな? まぁそれはどっちでもいいのだ。面白いから。ネタバレあり。 ―2018年製作 米 98分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました