スポンサーリンク

映画 ロストボディ ネタバレ感想 驚きのラストを迎える不倫殺人サスペンス

スポンサーリンク

ロスト・ボディ

―2012年製作 西 111分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「ロスト・アイズ」の脚本を担当したオリオル・パウロが監督・脚本を務めるスペイン産スリラー。死体安置所から忽然と消えた死体を巡り、いくつもの謎が交差していく事件を描く。出演は「永遠のこどもたち」のベレン・ルエダ、『雑魚』のウーゴ・シルバ、「悪人に平穏なし」のホセ・コロナド。特集上映「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2013」にて上映。(KINENOTE)

あらすじ:死体安置所の警備員が、何かから必死に逃走している途中、車に撥ねられて事故死する。その頃、死体安置所ではマイカ・ビジャベルデ(ベレン・ルエダ)という女性の死体が忽然と姿を消していた。警察は、マイカの夫アレックス(ウーゴ・シルバ)に連絡、死体失踪事件の調査を開始するが、やがてアレックスに愛人がいることが判明する。さらにアレックスは資産家である妻を殺害しようと計画していたが、妻は夫の計画を見抜いていたかのような節が浮かび上がってくる……。(KINENOTE)

監督・脚本:オリオル・パウロ
出演:ベレン・ルエダ/ウーゴ・シルバ/ホセ・コロナド/アウラ・ガリード

ネタバレ感想

適当なあらすじ

若い愛人をつくったために年上の奥さんが邪魔になったオッサンが、奥さん殺して財産を奪いつつ、愛人とゴールインをもくろむ。計画通り、奥さんは毒殺できたが、なぜか遺体が安置室から消えてまう。警察に疑われるオッサン。愛人と連絡を取りつつ窮地をしのごうとするのだが、どうも奥さんが生きている気配がする。そして、彼の不倫のことを知っていた彼女が、オッサンに復讐戦を挑んでいるように感じてきたのたが、果たしてその真相はーーというのが適当なあらすじ。

端的な感想

結末を見ると、ああ、なるほど。あの伏線はそのためにあったのかーーと納得がいくお話。どういう落としどころになるのかなと思って鑑賞していたので、そこは感心したし、ラストの10分くらいは楽しめた。

ただ、そこに至るまでのオッサンの動きが隙だらけで、警察からしてみたら怪しさ満点すぎてそこがなんとも。最終的にオッサンは、警部の復讐対象だったわけで殺されてまうわけだが、あんなことしてあの警部は、どう言い逃れするのか。そもそも愛人をつくらせて奥さんを殺させるところも計画に含んでたのはわかる。

だから、オッサンは奥さん殺害の容疑で逮捕寸前になってたわけで、その彼を殺したということは、逃げようとするオッサンに襲われて、正当防衛で殺したのだーーてな具合に、あのエンドロール後に報告して事なきを得たんだろうか。

しかし、警察が調べれば愛人は警部の娘だったとわかりそうなもんだけどなぁ。その辺の痕跡は消して雲隠れしてたような描写があったから、警部側の復讐は完全犯罪で幕を閉じたということなんだろうか。おそらくそうなんだろうなぁ。

でもやっぱり何か腑に落ちない部分も。オッサンが奥さんを殺したくなった気持ちはわからんでもない。さすがに殺す必要はないものの、あの奥さんムカつくもんね。むしろ何で結婚したんだろうか。自分の出世や研究欲を満たしたかったからなぁ。あの奥さんは、常に旦那にマウント取ってくるし、自分に権力があることをいいことに、自分の会社の社長を務めるオッサンに解雇をほのめかしたりする。ギャグでもあんなことやられたら、愛せなくなっちゃうよねぇ。

ということで、あの奥さんが殺されるのはいいとして、問題は警部の娘だ。自分の母親が死ぬ原因を作った相手に身を任せるとかどんだけ根深い復讐心なんだろうか。しかも、恋人としてセックスまでしちゃってるんだよ。そこまでのこと覚悟を持ってできるもんなんだろうか。とか、そういうことを突っ込むタイプの作品でもないんだろうなぁ。

ともかくラストまでの展開はオッサンのバカな行動に失笑するしかないし、ところどころホラーめいた演出はあるものの、そんなにハラハラドキドキするわけでもない。結末勝負みたいな作品だから、それは成功していると思うのの、何か物足りなかったなぁ。

映画 手紙は憶えている ネタバレ感想 なかなかに驚きのラスト
もっとヒューマンドラマ的な話かと思って鑑賞したら、サスペンスフルな内容であった。ラストは結構驚きの展開なので、どんでん返し的な作品とも言えそう。ネタバレあり。 ―2016年公開 加=独 95分―
映画 ハイクライムズ ネタバレ感想 アシュレージャッドとモーガンフリーマンのサスペンス
軍が隠そうとしている真犯人を暴くために、弁護士たちが真相を究明しようと奔走する話かというと、それはそうなんだけども、ラストのどんでん返しがおきたせいで、俺にはこの映画が何をしたかったのかよくわからなくなってしまった。
映画『ガール・オン・ザ・トレイン』ネタバレ感想 アル中記憶喪失女性の自己再生物語
アル中で記憶をなくすまで酒を飲んじゃう主人公=レイチェルは、夫のトムと離婚後、友だちの家に居候して早二年。いつも同じ時間の電車に乗り、ニューヨークに向かう。仕事はしていない。ただ酒を飲み続けているだけ。つまりニートだ。そんなニートの日常に起こる、自己再生的ミステリー。ネタバレあり。―2016年 米 105分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました