スポンサーリンク

映画 ロッキーハンサム ネタバレ感想 韓国の「アジョシ」 インド版リメイク

スポンサーリンク

ロッキーハンサム

―2016年製作 印 119分―

スポンサーリンク

解説・スタッフとキャスト

解説:過去を捨て、ひっそりと質屋を営む男。ヤク中の母を持つ近所の少女が残虐なギャングに誘拐されたことで、そんな彼が復讐の鬼と化すハードボイルドアクション! (Netflix)

監督:ニシカント・カマト
出演:シュルティー・ハーサン/ジョン・エイブラハム/ニシカント・カマト

ネタバレ感想

韓国映画でウォン・ビンが主演していたアクション映画、『アジョシ』のリメイク作品。舞台をインドに変えただけで、ほぼオリジナルに忠実な内容に仕上がっている。異なる部分と言えば、劇中に入ってくる歌やダンスの部分が長いところか。これはインド映画だからなんかな? あとは、歌詞が字幕で入る曲は、ほぼ主人公のそのときの心情を表しているので、非常に分かりやすいと言えばわかりやすいし、ベタと言えばベタか。

で、オリジナルとどっちが良かったかというと、ほとんど同じ内容なんだから、演じる人やアクション演出で比較することになるわけで、俺はオリジナルのほうが好きだな。今作の主役を務める人も、ハンサムというあだ名があるくらいだから、イケメンでカッコいい。

だが、ウォン・ビンのほうがなんというか、男から見ても色気みたいのがあったように思う。自分がどっちの顔に生まれたかったと聞かれると、俺なんかは今作のインドの役者さんのほうを選びたいんだけども、そう思っちまったんだから仕方ない。

あとは、アクション部分もオリジナルのほうがうまく演出というか撮影というかができてるように思った。どうも今作のほうは、うまく絵をつないでアクションぽく見せてはいるんだけども、最近はこうした近接格闘術に優れた主役の作品は腐るほどあるわけで、それを踏まえたうえでの本作の格闘の見せ方は、なんか動きがぎこちなく感じてしまった。うまく文章化できないところがはがゆいのだが。

まぁそうやって腐してはいるものの、オリジナル同様にストーリーは楽しめる。ベタな展開と言えばそうなんだけども、オリジナル観てない人には、十分お勧めできる内容だったな。

余談だけども、この作品の舞台となるゴアは、インドにしてはずいぶん街がキレイだなと思った。俺が訪れたことのあるデリーやバラナシと比べると、ぜんぜん違う国みたいだ。これは映画のセットだからなのか、それとも、ゴアがリゾート地だからなのか。北部と南部の違いなのか。どうでもいい話だけど。

この作品は、ネットフリックスで配信中です(2019年9月10日現在)。

映画 バーニングブラッド ネタバレ感想 格闘+銃撃アクション
メキシコの麻薬組織とアメリカの元軍人が戦いを繰り広げる格闘+銃撃アクション。突っ込みどころも多いが、そこも含めて楽しめる内容であった。格闘シーンがなかなかすごいです。ネタバレあり。 ―2015年製作 米 85分―
映画 RE:BORN リボーン ネタバレ感想 肩甲骨ゆらゆらのゼロレンジコンバット
アクション俳優の坂口拓=TAK∴がひたすら暴れまくる格闘アクション作品。邦画でこの水準の格闘シーンが見られるのはすごい。カッコいい。ただし、ストーリーに期待してはいけない。ネタバレあり。 ―2017年公開 日 106分―
映画『ジョン・ウィック』ネタバレ感想 ビーグル犬が可愛すぎる!
リアリティとかを気にしなければ楽しく観られる娯楽作品だ。凄腕の殺し屋が組織をぶっ潰す系の作品って昔からあるし、最近も多いけど、その中でも本作は独自の設定みたいのがあって楽しめる。ネタバレ少しだけ。―2015年 米 101分―
映画 イコライザー2 ネタバレ感想 一度しか殺せないのが残念だ
元CIAエージェントのマッコールの活躍を描いたシリーズ2作目。今回はホームセンターではなくタクシードライバーとして働くマックは、街のゴミどもを懲らしめる自警団のような活動をしている。その日々のなかで、元同僚が殺害されたことを知り、仇をうつべく立ち上がるのであった。ネタバレあり。 ―2018年公開 米 121分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました