スポンサーリンク

映画 ハイクライムズ ネタバレ感想 アシュレージャッドとモーガンフリーマンのサスペンス

スポンサーリンク

ハイ・クライムズ

―2002年公開 米 115分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:殺人事件の容疑者となった夫の無実を晴らそうと奮闘する女性弁護士の活躍を描く、ポリティカルサスペンス。主演は「恋する遺伝子」のアシュレー・ジャッド。共演にモーガン・フリーマン。(KINNOTE)

あらすじ:美しく優秀な女性弁護士クレアは、建設会社を経営する夫トムと幸せな毎日を送っていた。ある日、二人の家に泥棒が侵入し、その事件を調べる過程でトムの本名がロナルド・チャップマンであると判明する。その結果、トムは海兵隊の特殊工作員時代に、エル・サルバドルで一般市民9人を殺害した容疑で、FBIに逮捕されてしまう。無実を訴えるトムを信じて、クレアは軍事法廷に立つことを決意する。特殊な軍事裁判を熟知する弁護士チャーリーの助けを借りて、軍のスキャンダルを暴いていくクレアだが……(KINENOTE)

監督:カール・フランクリン
出演:アシュレイ・ジャッド/モーガン・フリーマン/ジム・カヴィーゼル/アマンダ・ピート/マイケル・シャノン

ネタバレ感想

内容をまったく知らずに鑑賞した。軍の隠蔽したある事件をめぐる法廷劇なのかと思わせておいて、裁判のシーンはあっさりしてて大した見どころになってない。そこはおいておいて、軍が隠そうとしている真犯人を暴くために、弁護士たちが真相を究明しようと奔走する話かというと、それはそうなんだけども、ラストのどんでん返しがおきたせいで、俺にはこの映画が何をしたかったのかよくわからなくなってしまった。

考察するほどよく理解できてないんだけども、何でトムは途中で突然に不起訴みたいになったんだろうか。なんであっさり裁判終了しちゃったのか…。ラストにそのトムが虐殺犯だったことが判明するわけだが、軍側の人間は何がしたかったんだ? 優勢に裁判進んでたわけだから、あのまま裁判続けてたら死刑にできたのに。

ついでに言うと、チャーリーのアル中設定も、クレアとの信頼関係を深めさせるためのものとしては、中途半端すぎてあまり効果を発揮してないように思えて、あまり意味がなく感じる。

てなことで、どんでん返しみたいのなしに物語が進んでたほうが、それなりに楽しめたような気がする変な作品だった。

ハイ・クライムズ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
映画 スリーデイズ ネタバレ感想 真犯人よりもベネズエラ
無実の罪で刑務所にぶちこまれた妻を救うべく、大学教授の主人公が人生を賭けて奔走する話。単なる一般市民だった男が、愛する家族のためにぶっ飛んだ行動力を見せる姿は、狂気の沙汰である。ネタバレあり。 ―2011年公開 米 133分―
映画 ブロークンシティ ネタバレ感想 キャストが豪華なクライムサスペンス
楽しめるクライムサスペンス。腹黒いクズ人間な市長を演じるラッセルおじさん。彼の役者術の妙もあって、とても嫌な、嫌な奴に見える。だから、マーク・ウォルバーグに感情移入して、市長をぶっ潰す瞬間を見届けたくなるわけだ。ネタバレあり。 ―2013年公開 米 109分―
映画 半落ち ネタバレ感想 中盤までが面白い ラストは…
アルツハイマー病を患った妻を殺害したと自首してきた男=梶総一郎は敏腕警部であった。取り調べに対して黙秘を続け、犯行のみを認める梶の真意は何か――ネタバレあり。 ―2004年公開 日 122分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました