スポンサーリンク

映画 ジュラシックリボーン ネタバレ感想 翼竜パニック

ジュラシックリボーン
スポンサーリンク

ジュラシック・リボーン

―2016年製作 米 98分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:絶滅したはずの恐竜が襲い来るSFパニックアクション。宇宙から隕石が飛来し、一攫千金を狙って現場へ向かったジョナスとラース。ふたりは大喜びで隕石を持ち帰るが、謎の翼竜たちに襲撃されてしまう。ジョナスたちが持ち帰ったのは、実は翼竜の卵で…。(KINENOTE)

あらすじ:宇宙から地球に向けて隕石が飛来した。ジョナスとラースは、行きつけのバーの看板娘、キャンディスから、隕石を発見し大金を手にした知人の話を聞き、一攫千金を夢見て、早速、隕石を探しに郊外へと向う。奇跡的に落下現場で隕石を発見し、キャンディスに知らせようと大喜びのジョナスとラース。しかし、翌朝、事態は一変する。突如、地球に襲い掛かる謎の翼竜群に人々が襲われ街は大パニックとなっていた…。(Oricon)

監督:ドン・ビターズ
出演:ジェイソン・トビアス/キャンディス・ニューンズ/クリストファー・ジェニングス/ビアンカ・ハッセ/ジャック・E.キュレントン

ネタバレ感想

アマゾンプライムで見つけて鑑賞。突っ込みどころ満載のコメディ的なモンスターパニックなので、好みが分かれるところだろう。こうした物語にありがちな筋で話が展開していき、その予想通りに結末を迎える。そういう意味ではひねりはない。ないけども、王道的で安心て見られるともいえる。

まずはこの作品のモンスターである翼竜が現れて、そいつにモブキャラが犠牲になる。その次に主人公キャラたちが登場して、彼らの人となりみたいなんが紹介されて後、そいつらが翼竜に襲われる。その中のメンバーの中の人と主人公の恋愛っぽい描写があって、その二人が助け合いながら距離を近づけつつ、翼竜と戦い、ラストは敵を倒して見事生き残り、主人公と相手は恋仲になってハッピーエンド。だけど、続編をにおわせるような描写で物語は終わる。これがまさに、王道パターン。

で、その中で描写される突っ込みどころを許容できるかどうかで、この映画の評価が分かれるだろう。個人的にはどうかというと、普通。

こういう作品に対して突っ込むだけ野暮なんだけども、なんで隕石の中に翼竜がいるんだよ。意味不明。しかも、翼竜ってのは恐竜ではないからね。空を飛ぶ爬虫類的な分類だから。あとは、なんでプテロダクティルスしか出てこないのかもよくわからんし、町中がこの翼竜の襲撃によって大混乱のはずなのに、ジタバタしているのは主人公周辺の奴ら数名だけ。

その他、笑わせにきてるギャグもさほど面白くないし、主人公のジョナスは発明好きという設定があるのに、それが生きているのが、スコップにパラソルがついてるよくわかんない道具が、一応役に立ったという描写の一回きり。この主人公と恋仲になるのが、バーテンみたいな仕事している女の子なんだけど、なんで主人公に電話番号を渡したのかも謎。ただ、この女の子がけっこうかわいいところが唯一の見所ではあった。

映画 ジュラシック・シティ(2014)ネタバレ感想 素晴らしい駄作
2014年製作の割にはショボいCGだし、ストーリーもわかるようでよくわからん。パニック作品好きなら何とか観られる内容だと思うが、頑張って観るほどではない。だが、こういう糞作品こそが、良作を輝かせてくれるのである(笑)。ネタバレあり。 ―2014年製作 米 88分―
映画 ジュラシックハンターズ ネタバレ感想
わかると思うけどバカ映画です。鉱山みたいなとこで穴掘ってたら、地下から恐竜がわんさか出てきて麓の町がパニックに陥る話。全編ツッコミどころしかないので、それを楽しめない人は鑑賞しないほうがいい。…というか、こんな作品普通は観ないよな(笑)。ネタバレあり。 ―2015年製作 米 89分―
なんだこのムカつく小僧は! …すげぇ笑える! 映画『恐竜小僧(ジュラシック・ボーイ)』 
恐竜の話ではなく、最後までムカつくガキが出てくる話です

コメント

タイトルとURLをコピーしました