スポンサーリンク

映画 シャフト ネタバレ感想 サミュエル(黒人刑事)VSクリスチャンベイル(ドラ息子)

スポンサーリンク

シャフト

―2000年公開 米 99分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:NYを舞台に刑事が活躍するスタイリッシュなブラック・ムーヴィー。1971年作「黒いジャガー」のリメイク。監督・製作・脚本・原案は「ハイヤー・ラーニング」のジョン・シングルトン。テーマ曲はアイザック・ヘイズ。出演は「英雄の条件」のサミュエル・L・ジャクソン、「ダンス・ウィズ・ミー」のヴァネッサ・ウィリアムズ、「ニューヨーク・デイドリーム」のジェフリー・ライト、「ベルベット・ゴールドマイン」のクリスチャン・ベイル、「ハイヤー・ラーニング」のバスタ・ライムス、「シックス・センス」のトニー・コレット、「黒いジャガー」のリチャード・ラウンドトゥリーほか。(KINENOTE)

あらすじ:NY。刑事シャフト(サミュエル・L・ジャクソン)は、白人客の多いバーで黒人学生が殺された事件を追っていた。一旦、容疑者ウォルター(クリスチャン・ベイル)を逮捕するものの、彼は不動産王である父の金の力で保釈が認められてしまう。それから2年後。シャフトは麻薬課のカーメン(ヴァネッサ・ウィリアムズ)と組んで、麻薬の秘密精製工場に突入しようとしていた。しかし失敗。それを見下していた麻薬の元締めのピープルス(ジェフリー・ライト)を、シャフトは強引に逮捕した。また折よくその夜、海外に逃亡していたウォルターが極秘帰国する情報が入り、再び逮捕。だがまたもや父の金の力で保釈。法ではなく金で動く司法制度に絶望したシャフトは、警察という組織にとらわれず、自身での事件解決を決意。カーメンや親友のラサーン(バスタ・ライムス)らの協力を得て調査を始めるが、ウォルター、そしてピープルスがシャフトの命を狙い始め、事態は混迷。しかし危険に身をさらしながらも、シャフトは己の志を貫いていくのだった。(KINENOTE)

監督:ジョン・シングルトン
出演:サミュエル・L・ジャクソン/ヴァネッサ・ウィリアムズ/ジェフリー・ライト/クリスチャン・ベイル/バスタ・ライムス/トニー・コレット/メキ・ファイファー

ネタバレ感想

なんだかずいぶん黒人色の強い映画だなと思っていたら、ブラックスプロイテーションとして有名な、1970年代に制作された『黒いジャガー』なる作品のリメイクということらしい。オリジナルは未見。ネットフリックスで配信されてたので何となく鑑賞した。サミュエル・L・ジャクソン主演だったからってのも大きいかな。

で、内容なんだけども、今よりだいぶ若いサミュエルが観られるだけでなく、彼と対決する相手がクリスチャン・ベイルってのがよかった。なんともムカつく悪役ぶりであった。それと、そんなに露出は多くないが、トニー・コレットも出ていた。さらに、すごい脇役でメキ・ファイファーも出てる。監督は『ボーイズ’ン・ザ・フッド 』の人。

ストーリー自体は普通。さしたる盛り上がりもない。だから淡々と見終えてしまってさしたる感想もない。よかったのは冒頭のシーン。黒人差別主義者で、不動産王の親父を持つクリスチャン・ベイル扮するウォルターが、バーでメキ・ファイファーを煽る。

メキは常識人なので、相手にしてなかったんだけども、あまりにもウォルターがしつこいので、ついに重い腰をあげる。何するのかと思ったら、ナプキンをナイフでくりぬいて、目出しマスクみたいなのにするのだ。そんで、それをウォルターの顔にかけると、KKK構成員の出来上がりだ。ウィットに飛んだ仕返しでかっこいいし、笑える。その後、ウォルターの怒りを買って殺されちゃうんだけど。

このドラ息子、ウォルターがほんとに嫌な奴で、最後は撃ち殺されてザマ見ろという本作であるが、先にも書いたように、さして盛り上りも感じないので、なんだかなぁ。サミュエル扮するシャフト刑事は暴走気味な奴で、上役から目をつけられてる。彼は作品内で何度か辞職をほのめかす。で、探偵になったかと思わせておいて、最後のほうまでずっと刑事のままにも見えて、その辺がボンクラな俺にはどっちなんだかよくわからんかった。

近々、ネットフリックスで続編が配信されるらしい。

映画『スネーク・フライト』ネタバレ感想 サミュエル・L・ジャクソン カッコイイ
この作品、公開当時もけっこう評判良かったよね。初めて鑑賞したけど、確かに面白い。内容はメチャクチャだが見てて飽きないのは、作り手がきちんと楽しめる作品を制作しようと頑張っているからだろう。ネタバレあり。 ―2006年公開 米 107分―
映画『ゲット・アウト』ネタバレ感想  皮肉のきいたホラーコメディ…だと思われる
事前に得た情報によると、ホラー映画らしく、きっと人間って怖いなぁ――と思わせる作品なんだろうと勝手に予想して観に行ったわけだがその結果はいかに。ホラーとしては珍しいタイプの内容ではある。中盤以降はネタバレあり ―2017年公開 米 104分―
映画 グリーンブック ネタバレ ショパンの「木枯らし」など音楽がいい
実話に基づくロードムービー。ところどころ笑えるし、なかなか考えさせられる台詞もある。演奏される音楽がどれもすばらしいし、評判どおりの良作なので、一度は鑑賞しておいて損はない。ネタバレあり。―2019年公開 米 130分―
映画 シーユーイエスタデイ ネタバレ感想 ネットフリックス
タイムリープに黒人差別や黒人居住区で起こる問題をからめたSF社会派作品――というほどにはどちらも中途半端な感じで大して面白くない時間移動もの。ネタバレあり。ー2019年製作 米 86分―
映画『スネーク・フライト』ネタバレ感想 サミュエル・L・ジャクソン カッコイイ
この作品、公開当時もけっこう評判良かったよね。初めて鑑賞したけど、確かに面白い。内容はメチャクチャだが見てて飽きないのは、作り手がきちんと楽しめる作品を制作しようと頑張っているからだろう。ネタバレあり。 ―2006年公開 米 107分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました