スポンサーリンク

映画 REDCON-1 レッドコン1 戦闘最大警戒レベル ネタバレ感想

スポンサーリンク

REDCON-1 レッドコン1 戦闘最大警戒レベル

生前の記憶が残ったゾンビたちが支配する地域に米英連合の特殊部隊がある任務のために潜入。血みどろの戦いを繰り広げるゾンビ作品。ネタバレあり。

―2018年公開 英 118分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:人間の記憶を保つ新型ゾンビと米英連合軍が壮絶なバトルを繰り広げるアクション・ホラー。ゾンビに支配された世界。人類の存亡を賭けて、米英の特殊部隊連合チームが組織される。人類存続の鍵を握る科学者を救出するため、チームは閉鎖区域に潜入するが……。出演は『ルワンダ 流血の4月』のオリス・アーヒューロ、「12 TWELVE」のマーク・ストレンジ。(KINENOTE)

あらすじ:進化系ゾンビに支配された世界。米国レンジャー部隊、SAS、米英海兵隊から精鋭8人が選ばれ、米英の特殊部隊連合チームが結成される。与えられた極秘の任務は、新型ゾンビの巣窟と化した閉鎖区域に潜入し、人類存続の鍵を握る科学者を救出すること。しかし、現地に赴いたチームが目にしたものは、想像を絶する地獄絵図だった……!(KINENOTE)

監督:チー・ケオン・チャン
出演:オリス・アーヒューロ/マーク・ストレンジ/カタリナ・リー・ウォーターズ/ジョシュア・ディキンソン/ユアン・マクノートン/アキラ・コイエヤマ

ネタバレ感想

生前の記憶が残っているゾンビの設定てのは、他にもなんかの作品であったような気がするが、覚えてない。

この作品の見どころは、特殊部隊が科学者を確保するまでの行程を描く中で、部隊の隊員たちの反目や和解や恋などを人間ドラマ的に挿入しているとこだと思われた。が、どれも中途半端で類型的な内容なので、あまり効果的だとは思えないし、楽しくはない(笑)。

そもそも、指令によってゾンビが徘徊する隔離地域に入るのが、何であんな少人数なんだろうか。もっと大軍で乗り込んでもいいんじゃないかと思うんだが。あと、ゾンビの血で感染するなら、なんで顔面さらしてんだコイツら。

映画『デイライツ・エンド』ネタバレ感想 ゾンビ+ヴァンパイア+マッドマックス的主人公
主人公のルークが一人で行動している序盤はものすごく静かな展開なので、眠くなった。しかし、サラ(サムだったかも)という女性を助けて以降がおもしろい。物語そのものに奇抜さはなく、ゾンビとヴァンパイア作品にアクション要素を盛り込んだだけ。でも、そのシンプルさがよい。ネタバレあり。 ―2015年製作 米 105分―
映画『ディストラクションZ』ネタバレ感想 コンバインでゾンビを殺せ
製作にジョージ・A・ロメロの息子が関わっているらしいゾンビ映画。予告編を観たらなかなか面白そうだったので、レンタルしてきて鑑賞。けっこう期待を持たせてくれる展開なんだけど、謎部分が結構あるし、ラストはあれですよ。あれ、某作品のパクリだろ(笑)。ネタバレあり。 ―2017年製作 米 85分―
映画 デッドライジング ウォッチタワー ネタバレ感想
ゲームが原作のゾンビ映画ーーの割にはそこそこ楽しめた。ただ、もう少し短くテンポよく進んでくれたら、なおよかったような気もする。ネタバレあり。 ―2015年製作 米 118分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました