スポンサーリンク

映画 レッドブル ネタバレ感想 シュワルツェネッガー&ジェームズベルーシ

レッドブル
スポンサーリンク

レッドブル

ソ連の警察官イワン・ダンコが、親友を殺した麻薬犯罪者のビクターを追って、彼の潜伏先であるシカゴにやってくる。地元警察のリジック刑事の協力を得て捜査を進める中で、二人の警官に友情が芽生えていくバディームービー。ネタバレあり。

―1988年公開 米 105分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:モスクワの市警察警務大尉が麻薬犯を追ってアメリカのシカゴにやって来、現地の刑事と力を合わせる姿を描く。製作総指導はマリオ・カサールとアンドリュー・ヴァイナ、製作・監督・原作・脚本は「ダブルボーダー」のウォルター・ヒル、共同製作はゴードン・キャロル、共同脚本はハリー・クライナーとトロイ・ケネディ・マーティン、撮影は「ダブルボーダー」のマシュー・F・レオネティー、音楽は「ウィロー」のジェームズ・ホーナーが担当。出演は「バトルランナー」のアーノルド・シュワルツェネッガー、「暴力教室 ’88」のジェームズ・ベルーシ、「ハメット」のピーター・ボイルほか。(KINENOTE)

あらすじ:頑強者ぞろいのモスクワ警察特捜部の中でも、超人的な体力と無慈悲なまでに徹底した捜査を行なうことで知られるイワン・ダンコー(アーノルド・シュワルツェネッガー)刑事。ある雪の日、彼は相棒と共に、米ソにまたがる麻薬密売ルートの大ボス、ビクター・ロスタビリ(エド・オーロス)を追いつめていた。だが一瞬の隙にビクターは相棒を殺して逃亡する。半年後、ビクターがシカゴの刑務所にいるとの情報が入り、身柄引き取りのため、ダンコーはひとりで西側最大の犯罪都市シカゴへと向かった。彼を迎えたのは、面倒な規則などものともしない、シカゴ市警のはみだし刑事アート・リジック(ジェームズ・ベルーシ)だった。ダンコーがビクターを連れ、早々とモスクワに帰ろうとしたその時、ガードマンに変装した一団に急襲され、ビクターは所持品の鍵1つを残してあっという間に連れ去られてしまった。信じられない失敗をおかしたダンコーは、モスクワからの帰国命令を無視し、鍵の謎を解きビクターを再び捕えるまでシカゴに残ることを決意した。リジックは上司から煙たがられてダンコーの世話をまかされる。初めは絶えず衝突する2人だったが、いつしか友情らしきものが芽生えていった。やがて、金のために請われてビクターと結婚したというキャット(ジーナ・ガーション)の協力もあって、ビクターと犯罪シンジケートの関係が明らかになってきた。だがダンコーが持っていた鍵は、ダンコーの部屋を襲ったシンジケート一味との銃撃戦の隙に、まんまとビクターに奪われる。麻薬と金を一人占めしたビクターはモントリオール行きのバスを奪って逃げ、ダンコーとリジックもバスで追った。2台のバスは向き合い、お互いにぶつかりそうになるが、ダンコーの握るハンドルをリジックが切ってダンコーのバスは横転。ビクターのバスは列車に激突し、炎上した。何とかそこから抜け出したビクターに向けて、リジックから借りたダンコーのマグナム44が火を吹いた。ようやく敵を倒したダンコーは、今や真の友となったリジックに見送られて、モクスワへの帰途についた。(KINENOTE)

監督:ウォルター・ヒル
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/ジェームズ・ベルーシ/ピーター・ボイル/エド・オーロス/ローレンス・フィッシュバーン/ジーナ・ガーション

ネタバレ感想

ネットフリックスで見つけて久しぶりに鑑賞。昔はよく地上波で放映されていた懐かしい作品。シュワルツェネッガーとジェームズベルーシが共演していて、今見るとキャストもなかなかに豪華。ローレンスフィッシュバーンがいるし、エアロビの先生はジーナガーションだし、ビクターを演じるのはエド・オーロス。この人は名作の『ヒドゥン』にも出てた。見るからに悪役面で、今作でもその面通りの悪人だ(笑)。

物語冒頭、男女混浴の謎のサウナみたいなところに、裸で現れたシュワが、チンピラと乱闘になって裸のまま雪の積もる外に転がり出るという面白シーンから始まり、最後まで楽しませてくれる内容で俺はけっこう好きな作品だ。というか、今回観てみたら、昔の印象よりさらに面白い内容だと感じられて、驚いた。

何がいいって、鉄面皮で愛想のないシュワの警官姿が様になってるし、その相棒役となるジェームズベルーシがとてもいい。彼は優秀だけど3枚目的な役割を演じてて、それが彼のキャラに合ってるんだな。この凸凹コンビのやり取りが見てて面白く、特にベルーシのユーモアと皮肉に溢れたセリフがいいのだ。ダンコの荒い運転で股間にコーヒーこぼしちゃったリジックが、「俺の息子が茹で卵になった」とかアホすぎるセリフを吐いたりするんだが、そこがいい。

この二人の捜査は捜査と言うべきなのかよくわからんくらい暴力的かつメチャクチャで、ダンコはエアロビの先生がビクターを裏切って情報をくれたときに「身の安全は保証する」と断言してやったくせに、彼女を放置。哀れ彼女はビクターに殺されてまうのであった。

一方のリジックは上役にあまり好かれてないんだが有能という設定ではあるものの、実はダンコに振り回されてるだけで、大したことはできていない(笑)。

その辺は突っ込みどころではあるものの、そんなん別に気にならないくらいに、2人のやりとりが面白いのだ。最後の友情の証に二人が時計を交換し合うところまで、笑える。

この作品はソ連が崩壊する前のもので、冷戦時代のアメリカとソ連ーーという時代背景の中で繰り広げられるので、そこにまつわるセリフなんかも出てくる。例えば、ローレンスフィッシュバーン演じる刑事がダンコに対して「赤いカーテンの向こうに帰れ」などというセリフがそう。

あとは、リジックとの会話の中で、おなじ共産主義国の中国が麻薬撲滅をどのように行ったかと解説するところ。「広場に売人と薬中を集めて全員撃ち殺した」とか本当かよと思わせる内容だが、ありそうな話ではあるな――と思わせるのが、当時の共産主義国家なんでしょうな。

監督はウォルターヒル。彼は『48時間』シリーズでは白人と黒人でコンビを組ませていたが、こういう凸凹コンビのバディムービーを撮らせると、かなり楽しませてくれる監督であるなぁと思った。

ちなみに、ジェームズベルーシと言えば他に、警察犬と刑事の絆を描いた『K9』とか荒れまくった学校で教師役を演じた『暴力教室88』なんかを、10代の頃に地上波で見た。内容をおいといて、ベルーシのことは結構好きだったんだけど、最近は何やってるんだろうね。

映画 48時間 ネタバレ感想 ニックノルティ&エディマーフィ―
この作品はバディムービーで、白人の横暴な刑事と黒人の囚人がその絡み合いの中で絆を培っていくところがよいのである。スーツに身をまとったスマートかつキレのある動きをするエディマーフィ演ずるレジ―がカッコよく、相変わらず口達者な役柄で、そのセリフもなかなか洒落がきいていて笑える。
映画 48時間PART2帰って来たふたり ネタバレ感想
前作の焼き直し感がありありに感じちゃって、今回の鑑賞では少し物足りなさを感じた。10代の地上波で観てた頃は好きな作品だったんだけど。
映画 男の友情的面白いバディムービーのおすすめ
バディムービーっていいよね。有名なものからそうでもないものまでいろいろあるので、俺が面白いと思ったものに絞って紹介します!

コメント

  1. ヨウくん より:

    また懐かしいものを・・・
    シュワのちょっと癖のある英語がたぶんロシア訛りの人を演じるのがちょうどいいかと。

タイトルとURLをコピーしました