スポンサーリンク

映画『プレデターズ』ネタバレ感想 プレデターvsプレデター

スポンサーリンク

プレデターズ

初見のときは、プレデターが見たいというよりは、エイドリアン・ブロディが何となく好きなので鑑賞した作品。あまり評価が高くないけど、俺はこのシリーズの各作品、どれも好きだな。ネタバレあり。―2010年公開 米 107分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「プラネット・テラー in グラインドハウス」のロバート・ロドリゲス製作のもと、惑星に集まった戦闘のエリートたちと新生プレデターの壮絶なバトルを描くSFアクション。メガホンを取るのは「アーマード 武装地帯」のニムロッド・アーントル。出演は「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」のエイドリアン・ブロディなど。(KINENOTE)

あらすじ:傭兵、囚人、暗殺団の一員など、様々な戦術を備えた一流の殺し屋たちが、ある地球外生命体によって理由も分からぬまま惑星に集められる。彼らは、まさに全員が“最強の人類”といえる戦闘のエリートであり、冷血な殺人鬼であった。そんな集団をしぶしぶ率いることになったロイス(エイドリアン・ブロディ)は、実は全員が地球外生命体に選ばれた獲物であることに気付く。異常なまでの戦闘能力と進化した武器を装備した無数のプレデターたちが、彼らに襲いかかってくる。最後に生き残るのは、果たしてプレデターか人類か……。(KINENOTE)

監督:ニムロッド・アーントル
出演:エイドリアン・ブロディ/トファー・グレイス/アリシー・ブラガ/ローレンス・フィッシュバーン/ダニー・トレホ/ウォルトン・ゴギンズ/オレッグ・タクタロフ/ルイス・オザワ・チャンチェン

ネタバレ感想

どうやってそんなことができるのか分らんが、地球の各地で起きている戦争や紛争に参加している兵士や、殺人鬼や犯罪者らが、宇宙のどっかの惑星に移送させられて、プレデターの趣味に付き合わされる理不尽映画。

今作では新旧プレデター同士の争いも描かれている。で、地球人たちはプレデターの遊びに付き合わされる中で、自分たちも地球ではプレデター(捕食者)であったことに気付いていく。

それぞれのキャラに一応個性があって、見せ場もあるので、そこについての好感度は高い。特に、最後に名を明かすことになるエイドリアン・ブロディと女性兵士のかかわりはよい。ベタベタな常識的展開だったけど、80年~90年代の娯楽作品が好きだった身としては、あれはあれでイイと思うのである。

ダニー・トレホがさっさと退場してしまうのは残念だけど、その分、日本人ヤクザが頑張ってくれるのもいい。プレデターとのタイマンシーンは、プレデターファンにしてみればガッカリ展開かも。プレデター弱すぎるからね。でも、もしかしたらあのヤクザが強すぎるのかも知らんですよ。彼は英語を喋れるのにほとんど使わない。「口は災いのもと」だからだそうだ。本当に、身につまされますなぁ(笑)。口数は、できるだけ少ないほうがいいよね。特に、社会的な場で立ち回るには。

てなことで、このシリーズはどれもそれぞれに面白味があるので、楽しめる娯楽作品です。

映画『プレデター』ネタバレ感想 シリーズ中、最高峰の作品(当たり前か)
数年に一度は観たくなる、気軽に鑑賞できて楽しめる娯楽作品。プレデターが姿を現すまでの緊張感がいいし、百錬練磨の兵士たちがあっさりと屠られていく様もよろしい。シュワルツェネッガーをここまでボコボコにした奴は、他の作品にはいないのではないか。ネタバレあり。 ―1987年公開 米 107分―
映画『プレデター2』ネタバレ感想 エイリアンの骨が出てきます
ジャングルから大都会のLAに舞台を移してプレデターが暴れるシリーズ2作目。ダニー・グローヴァーの猪突猛進刑事ぶりがよい。なんたって、その鼻息荒い戦いぶりを見てプレデターたちに認められちゃうくらいだから。ネタバレあり。 ―1991年公開 米 108分―
映画『スプライス』ネタバレ感想 エルザがムカつくし、ドレンがキモいし怖い
モンスターパニック映画を期待している人には、この作品はおすすめできない。新しい生命体をつくってしまった科学者の夫婦が、その生命体に翻弄される姿が描かれるアクション要素はほとんどない作品。ネタバレあり。 ―2011年公開 加・仏・米 104分―
映画『クライム・スピード』ネタバレ感想 カマを掘られたエイドリアン・ブロディ(笑)
引用した解説によると、リメイク作品らしい。エイドリアン・ブロディが何となく好きなので鑑賞してみた。もっとカッコいい役柄だと思っていたら、最後までダメ人間な残念男を演じていた(笑)。ネタばれあり。 ―2015年公開 加・盧 94分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました