スポンサーリンク

映画 パラダイスネクスト ネタバレ感想 音楽と雰囲気はいいけど、ストーリーがラストまで適当

スポンサーリンク

パラダイス・ネクスト

―2019年公開 日=台 100分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:妻夫木聡と豊川悦司がダブル主演したノワール・サスペンス。1年前、シンルーという女性が不審な死を遂げる。彼女のボディガードをしていたヤクザの島は、以来、日本を離れ台湾でひっそりと生きていた。そこに、事件の真相をほのめかす牧野という男が現れる。出演は、「黒衣の刺客」のニッキー・シエ、「目撃者 闇の中の瞳」のカイザー・チュアン。監督は、「雨にゆれる女」の半野喜弘。(KINENOTE)

あらすじ:一年前、ある事件をきっかけに日本から逃げるようにやってきたヤクザ・島(豊川悦司)は、地元のボスであるガオ(マイケル・ホァン)の庇護のもと、ひっそりと生きていた。ある夜、台北の屋台で牧野(妻夫木聡)という男が島の前に現れ、自分のことを憶えていないかと尋ねる。島は牧野を訝しるが、あのパーティー会場にいたという一言で、牧野を完全に無視することができなかった。それは、一年前に島がボディガードを務めていたシンルー(ニッキー・シエ)という女性が不審死を遂げたパーティーのことだった。彼女の死を引きずる島にとって、事件の真相を知っていることをほのめかす牧野は放っておけなかった。島をガオに紹介した日本のヤクザ・加藤(大鷹明良)が島を訪ねてきて、牧野の写真を見せて殺すよう指示する。牧野が命を狙われていることを知った島は牧野を問い詰めるが、答えはない。島は真実を語ろうとしない牧野を車に乗せて、台湾東海岸の町・花蓮に向かう。二人がバーに立ち寄ると、シャオエン(ニッキー・シエ)という日本語を話す台湾人女性と出会う。シンルーそっくりの容姿に、牧野は密かに驚き、島は心が砕かれるほどの衝撃を受ける。牧野と島は、大きな屋敷に一人で暮らしているシャオエンの家に泊まることになる。シャオエンは唯一の肉親である母親との問題を抱えていた。それぞれ問題を抱えている三人が共に過ごすうち、それぞれの心を溶かしていく。一方、台北にスーツ姿の男・346(カイザー・チュアン)が現れ、やがて花蓮にまで迫っていた。牧野と島の逃亡を助けたガオたちを手にかけた346は、次にシャオエンの命を奪う。自分の罪が招いた犠牲に耐えきれず、牧野は真実を打ち明ける。島は慟哭する牧野に怒りを露わにする。初めて感情をむき出しにした二人が向かう場所とは……(KINENOTE)

監督:半野喜弘
出演:妻夫木聡/豊川悦司/ニッキー・シエ シンルー/カイザー・チュアン/マイケル・ホァン/大鷹明良

ネタバレ感想

けっこう期待して鑑賞したもんで、肩透かし食った感じ。映像はきれいだし、そもそも監督は音楽畑の人らしいので、劇中で挿入される曲もなかなか素敵。だけど、肝心なストーリーが意味不明ではないものの、説明不足すぎないかね。

あらすじは分かるんだよ。ラストまでね。だけど細部が適当すぎて、そのあらすじがグラグラになっちゃっている。

そもそも、どうして島がボディーガードをしていた女性は、クスリを盛られて死ななければならかったのだ? それを牧野に命じたのは誰なの? 俺は加藤が牧野に命じてクスリを盛らせたのかと思っていた。でも、そうだとしたら、なんで殺し屋の346はガオ親分だけでなく、加藤まで殺したんだろうか。意味がわからない。それとも加藤を殺したのは別の黒幕だったんだろうか。

ともかく、加藤が死ぬ意味がよくわからない。牧野を片付けられないからお仕置き的に殺された? だとしても、そうなら黒幕がいることを示さなければいけないのに、この作品には加藤より上位の存在は姿を現さないし、存在がほのめかされることがない。

ちなみに、牧野は島にとっての救世主とか言って登場するものの、何がどう救世主なのかよくわからない。女性殺しの真相を知ることが、どうして島にとって救世主となるのか。

――とかなんとか、ともかくストーリーを無駄に謎めかしているだけで、本来謎なんて何もないはずのお話なのに、なんのために細部の説明を端折っているのか意味がわからない。というか、島と牧野は、逃げる立場なのに、余裕こきすぎ。そういう意味では死を覚悟してたということなんかもだけど、よく考えてみたら、島はどうして逃げる必要があるんだ? 島に追っ手を差し向けたと思われる加藤死んでるじゃん。加藤から逃げる必要ないじゃん。

おしゃれなんですよ。この映画、オシャレ映画です。島と牧野、シャオエンがバイクを乗り回すシーンなんて、悪くない。無駄に長すぎる感もあるけど、オシャレだ。だけど、そのシーンに何かの意味を感じられないんです。ただ、そういうシーンがあるだけ。撮りたかっただけーーみたいに感じちゃう。

この作品にはウォン・カ―ウァイ監督の『天使の涙』や『欲望の翼』っぽい雰囲気があって、もしかしたら、影響を受けているんではないかと思われた。でも、ウォン監督のは、こんなにスカスカなあらすじではないんだな。だから、オシャレな雰囲気を真似した部分くらいしか成功してないと思う。

ラスト、島が牧野に銃を向けて、目をつむったまま引き金を引く。最後の牧野の表情から、銃弾は当たったのか、どうなのか、よくわからない。多分、どっちでもいいんだろう。というよりは、どうでもいいと思わせちゃうくらいな終わり方だなと感じた。

序盤、島と牧野が出会う、屋台での長回しの食事シーンとか、それ以降の妻夫木のご飯の食いっぷりなんかは、とってもよくて、この先の展開にすごく期待が持てる作品だっただけに、中途半端な物語が続くことに、ガッカリしてしまった。

ただ、何かの力を感じる作品であることも確かで、「もう一回鑑賞しろ」と言われたら、何の抵抗もなく観たいと思える作品であった。酷評はできないけど、絶賛もありえない、良いところもある。そんな謎映画であった。

映画『ブエノスアイレス』ネタバレ感想 パスポートは返してやれよ(笑)
アマゾンプライムで鑑賞。序盤のシーンがツライ(笑)。よく考えると、トニー・レオンとレスリー・チャンの共演って、なかなかすごいね。ネタバレあり。 ―1997年公開 香 90分―
映画『アナザー』ネタバレ感想 雰囲気だけフランスなミステリー
ちょっとした高級車を乗り回すチャンスを得た冴えない女性が、行く先で自分と同じ姿をした人に会ったと地元の人たちに指摘され、アイデンティティ疑い始めつつ、その謎に迫る映画。ネタバレあり。 ―2016年 仏・伯 94分―
映画『ロスト・ソウルズ』雰囲気だけのホラー
悪魔憑きの話なのに悪魔が出てこない。実はその点には好感を持ちました。とはいえ、酷いです。話が平坦すぎて飽きるし、謎めいているというよりは、ただ意味のわからないだけの説明不足の会話。重要な伏線かと思いきや、意味不明なだけに終るシーン。

コメント

タイトルとURLをコピーしました