スポンサーリンク

映画 ラストミッション ネタバレ感想 CIAの親父が娘との仲を取り戻すために頑張る話

スポンサーリンク

ラストミッション

―2014年公開 米 117分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「レオン」のリュック・ベッソンが原案・脚本を担当、「チャーリーズ・エンジェル」のマックGが監督、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のケヴィン・コスナー主演によるサスペンスアクション。パリを舞台に、不治の病に冒されたベテランエージェントが最後のミッションに挑む姿を描く。共演は「ザ・ウォード 監禁病棟」のアンバー・ハード、「トゥルー・グリット」のヘイリー・スタインフェルド。(KINNOETE)

あらすじ:任務中に倒れ、病院へ運ばれたベテランCIAエージェントのイーサン・レナー(ケヴィン・コスナー)は、医師から余命3ヶ月と告げられる。残された時間を家族と過ごそうと、彼はパリへ向かうが空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)との溝は深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が現れ、病に効く試験薬を提供する代わりにある仕事を持ちかけてくる。それは、凶悪で冷徹なテロリスト抹殺という危険な仕事であった。イーサンは、これが現役最後の仕事として引き受けるのだが……。(KINENOTE)

監督:マック・G
脚本:リュック・ベッソン
出演:ケビン・コスナー/アンバー・ハード/ヘイリー・スタインフェルド/コニー・ニールセン/リヒャルト・サメル

ネタバレ感想

なんとも普通な作品。自分の娘との絡みがあるシーンはコメディタッチで、他はそこそこシリアスに進む。どうせ娘が敵組織にさらわれて親父であるケビン・コスナーが助けに行く流れになるんだろうなと勝手に想像していたら、娘と敵組織は何の絡みもなく劇終に至って、意表をつかれた(笑)。

しかしまぁ、CIA長官が直々にアンバーハード扮するエージェントのヴィヴィに指令を出すくらいだから、敵方のテロリストはかなりの大物何だろうなと思わせておいて、確かに大物っぽいんだけど、そうでもなさそうな感じだし、なんとも中途半端。そもそも、敵役が、娘のボーイフレンドの親父の友だちでーーていうくだりが描かれるんだけども、あの偶然の展開って必要があったのか、なかったのかーー俺にはなくてもよかったように思われた。

親子愛を描きたかったんなら、それはそれで成功してると思われるけども、ケビン親父の病気は、あの謎の投薬によって完治したということなんだろうか。それはなかなか都合のいいハッピーエンドだなと思う。じゃあ、死に別れてお涙頂戴シーンだったらよかったのかと考えるに、正直どっちでもいい(笑)。という程度の作品である。

とかまぁ、中身のうっすい感想をグダグダ述べても仕方ないので、これでおしまい。

映画 ザテキサスレンジャーズ ネタバレ感想 ボニーとクライドを殺す実話​
ボニー&クライドが出てくる映画といえば、『俺たちに明日はない』が思い出されるが、この作品は、彼らを捕らえる側の人間の視点に立った作品である。描き方の秀逸さや込められたテーマが非常にわかりやすいく、主演のケビン・コスナーとウディ・ハレルソンのコンビがとてもよく、かなり楽しめた。―2019年製作 米 132分―
映画 JFK ネタバレ感想 ケネディ暗殺事件の真相に迫るサスペンス
ジョン・F・ケネディ暗殺事件の真相に迫ろうとする検事の活躍を描いた史実を基にしたフィクション。ラストのケビンコスナー扮するジム・ギャリソン検事の演説が光る良作。ネタバレあり。 ―1992年公開 米 206分―
映画 ウォーターワールド ネタバレ感想 失敗というほど酷くもない
公開当時、すさまじい製作費をかけたという触れ込みで大々的に宣伝されてたような気がするが、さほどヒットしなかった残念映画。海洋版『マッドマックス』ってな雰囲気で、それ以外にはさしたる特徴もないんだけど、失敗というほどでもなく、個人的にはけっこう好きな作品。ネタバレあり。 ―1995年公開 米 135分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました