スポンサーリンク

映画 パドルトン ネタバレ感想 ネットフリックス配信の友情作品

スポンサーリンク

パドルトン

ネットフリックス配信作品。中年オヤジ2人組が死に別れるまでを描く友情物語。ネタバレあり。

―2019年製作 米 89分―

スポンサーリンク

あらすじ・スタッフとキャスト

あらすじ:末期がん宣告を受け、症状が悪化する前に自分で人生を終わらせようと決めた中年男マイケルは、親しくしている隣人アンディーにその手助けを依頼する。(Filmarks

監督:アレックス・レーマン
出演:マーク・デュプラス/レイ・ロマノ/アレクサンドラ・ビリングス/マット・ブッシュ

ネタバレ感想

アンディーの友人マイケルは末期がん宣告を受け、余命が少ない。そこでマイケルは安楽死をする最期を選び、その最期を看取る役目をアンディに頼むのだが――というのが適当なあらすじ。

アパートの1階に住むマイケルと2階の住人アンディーは友達同士で仲がいい。仕事をする以外の時間は常に2人で、ナゾナゾを出して遊んだり、パドルトンという二人で創作したスカッシュみたいなスポーツをしたり、『必殺拳(デスパンチ)』というカンフー映画などを観ながらピザを一緒に食う生活をしている。

なんかこいつら、あまりにも一緒にいすぎて、そういうカップルなのかと思わせるし、実際に、あるモーテルに泊まろうとしたときに、ベッドの分け方をどうするか聞かれたりしている。まぁそう思うわな。でも、彼らは単なる友人であって、そういう関係ではない。

確かに中年の男が2人で宿泊施設に泊まったら、そういうふうに思われるのも仕方ない。俺自身も、毎年海外に遊びに行く友人と同じ部屋に泊まるんだが、ダブルのベッドの部屋をあてがわれないように細心の注意を払っている(笑)。

こういうとき、世間の見る目って恐ろしいなと思う。勝手にそういう関係だと思われちゃうんだから――てのはどうでもいい話だな。

で、アンディーもマイケルもさほど社交的ではないから交友関係はほとんどない。むしろ他人との付き合いをなるべく避けているようにも見える。特にアンディーにはそれが顕著で、物語を通して感じるのは、彼はマイケルへの依存度が高すぎるように見える。

だから、彼の安楽死を最初は説得して阻止しようとするし、それを認めてからも安楽死のための薬を自分で管理しようとする。彼に死んでほしくないからだ。自分が独りになってまうので。

その辺が彼を観ていてイライラするところだ。しかしそれは、俺自身の嫌な部分を観ているような気にさせられたからそう思ったのだ。なぜなら、俺にも彼のようなことをしていたように思い当たる節がなくもないから。

10代のある時期に彼女もいなくて悶々としていて、身近にいた友人といつも一緒にいたりすると、その友人に対して何か友情めいたものを勝手に感じて、依存度が高くなり、相手にいろいろ期待してまう。

そういう過去が俺にはあった。別に同性愛的な交流を望んでいないのに、何がしかの心のつながりを他者と求めたがっていたのは、自分に独りよがりな寂しがりみたいな部分があったからではないかと振り返ると思うのだ。

さすがに今はそういうことはなくなったが、アンディを観ていると自分の過去が思い出されるのである。

俺も中年になって、昔の友達とも疎遠になり、それこそグループで集まるようなことは皆無に等しくなって、会うとしても時代ごとの友人と1対1で酒を飲むくらいの機会がほとんど。

それは俺の友人づきあいの仕方がそうさせたわけで、たまに寂しく思うこともあるが、なるようにしかならなんし、そういう風にしたくてそうしてきた自覚があるので、仕方ない。

しかしまぁ、寂しく思うこともなくはない。そんな感じで、映画としては普通な感じだったが、自分の境遇になぞらえて見るに、なかなか切ないというか、刺さる部分のある映画であった。

この作品はネットフリックスで鑑賞できます。

雑談 酒で人に迷惑をかけてはいけません
こないだ――と言っても昨年末の話だからもうだいぶ前なんだけど、ちょっと酷いめにあった。どんなめにあったかというと、ある人物に自宅を荒らされたうえ、全身傷だらけになったのである。なぜそんなことになったのかというバカ話。
書籍 栗原康『村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝』感想 やっちまいな!
アナーキストの大杉栄の奥さんであった伊藤野枝なる人物を紹介しつつ、「あたらしいフェミニズムの思想をつむいでいきたい」という内容である。タイトルにある「村」とは、世にはびこる常識によって生きづらくなっている今の社会のことを示しているらしい。そんな村社会に火をつけて、バカになって助け合おうということか。やっちまいな! ―岩波書店 2016/3/24―
映画『月に囚われた男』主人公は俺。お前は脇役! 奇妙な友情物語
派手さや大きな展開のない地味な作品だけど、楽しめます。作品の話をしつつ、記憶とか他者について考えます。ネタバレしてます。 ―2010年公開 イギリス 97分―
映画 失われた少女 ネタバレ感想 少女失踪事件の結末は?
少女時代に失踪した親友を捜すために刑事になった女性が、事件を再捜査することで事の真相に迫っていく。女性同士の友情映画ってあんま観たことないので新鮮。美人がいっぱい出てくるところもよい。ネタバレあり。 ―2018年製作 亜=西 103分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました