スポンサーリンク

映画 狩りの時間 ネタバレ感想 ネットフリックス 青春バイオレンス友情作品

スポンサーリンク

狩りの時間

―2020年製作 韓 134分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:イ・ジェフン&アン・ジェホン&チェ・ウシク&パク・ジョンミン&パク・ヘスといった韓国を代表する若手俳優が集結した期待の作品。新しい人生のために危険な作戦を計画した4人と、彼らを追う正体不明の追撃者との緊張感高まる狩りの時間を描いた作品。危険な計画を立てるジュンソクを俳優イ・ジェフン、その危険な計画を引っ張っていくチャンホを俳優アン・ジェホン、“義理男”キフンを俳優チェ・ウシク、必要こと全てを調べだす“情報員”サンスを俳優パク・ジョンミンが演じる。(ワウコリア)

あらすじ:希望のない都市、刑務所から出所したジュンソク(イ・ジェフン)は家族のような友人チャンホ(アン・ジェホン)とキフン(チェ・ウシク)、サンス(パク・ジョンミン)と共に新たな人生のための危険な作戦を計画する。しかし未来へのあふれる期待も束の間、正体不明の追撃者が現れ、命を懸けて彼らを追いかけ始める…。(ワウコリア)

監督: ユン・ソンヒョン
主演:イ・ジェフン/アン・ジェホン/チェ・ウシク/パク・ジョンミン/パク・ヘス

ネタバレ感想

適当なあらすじ

格差社会が広がる韓国。下層階級の住む街は荒廃したバイオレンスな地域となっていた。友人同士のチャンホとギフンは、3年間ムショで臭い飯を食っていたジュンソクを迎えに行く。旧交を温める3人。これからどうするかと話し合っていると、ジュンソクがある計画を持ち出す。なんでも刑務所で世話になった兄貴が台湾の島でレンタルサイクルなどいろいろな商売をしてて、金を出せば商売を譲ってやるというのだ。

その島はハワイのように暮らしやすい土地。しかし店を買うには金がない。そこでジュンソクはヤクザ者が仕切る賭場を襲い、金庫の金を頂戴してまおうとたくらむのだ。彼らはジュンソクがムショにぶち込まれるまでは強盗として働いていた。だがチャンホとギフンは真面目に働いていたので、計画を躊躇する。あまりにも危険だからだ。

とはいえ、まじめに働いても大して収入を得られなかったので、ジュンソクの計画に同意。いろいろあって、賭場で働く旧友のサンスも招き入れて、4人は荒廃した街から脱出し、台湾での豊かな暮らしを夢見て計画を実行する。計画は成功に終わり目的地に向かおうとするのだが、彼らの背後に謎の追跡者が姿を現し――というのが適当なあらすじ。

青春バイオレンス友情作品

ネットフリックス配信で鑑賞。韓国映画はけっこう見ているけども、俺の知らない若手たちが出演しているクライムドラマ。つまり俺は、中年のオッサンが出てる韓国作品ばかり観てるんだな(笑)。で、この中の一人は『パラサイト半地下の家族』に出てた人らしい。

まぁそれはいいとして、強盗を働いた若者たちが追っ手と血みどろの戦いを繰り広げるバイオレンス作品かと思っていたら全然違った。

というよりも、希望のない街に生きる若者(ジュンソク)が楽園を夢見るものの、現実の厳しさに苛まれてんやわんやした結果、友情を守るために楽園から街へ戻って戦う決意をするまでを描いた青春バイオレンス友情作品という感じだった。

どうしてそういう物語になっていくかというと、主人公のジュンソク、最初はリーダー格な存在で、もちろん最後までそうなんだけど、思った以上にヘタレでビビり野郎なのだ。むしろ、ギフンとチャンホのが肝が据わっているように見えるシーンも散見される。

そう考えてみると、ジュンソクは現実の世界ではなく理想の場所を求めている夢想家であり、そういう意味では逃げの姿勢を見せているキャラなのだ。しかも、その自分の理想のせいで友人や恩人らを不幸にする道を歩んでしまっている。しかし、何とかその修羅場を一人潜り抜けた彼は、理想の土地で寂しさと悔恨の情に襲われるのだ。なぜなら、そこに友がいないから。

本当に大事だったのは彼らだったのだ。であるから、彼は自分の弱さと向き合い、希望のない街で戦い抜く覚悟を持って、生きているかどうかも分からないギフンを捜すために地元に帰っていくのである。

ということで、ストーリー的にはなんか物足りない感じがした。だけども、別につまらないというわけではない。銃撃戦のシーンや銃声なんかは迫力があったからね。あと、ジュンソク役の役者は、ビビり演技が真に迫っててよかった。

ただし、ツッコミ部分もある。そもそも、ジュンソクの計画が杜撰すぎ。賭場で働いてるやつを仲間にしてそいつが休みの日に賭場を襲うってダメじゃん。サンスもあんだけビビりながら事後に出勤するなら、最初からそのくらいの想定しとけよと。

さらに、ジュンソクたちは事が終わってからもチンタラとギフンの家に寄ってるし。そんなとこ顔出してたらギフンの肉親に危害が及ぶかもしれないとか、そこまで考えに入れての計画だろ。まぁでも、これは場数を踏んでない少年の物語なんだなと考えれば、そういう行動にも納得ができる。だから、やっぱり青春バイオレンス友情作品なんである。

この作品はネットフリックスで鑑賞できます。

映画『友へ チング』ネタバレ感想 チャン・ドンゴンのギラギラ感がよい
ジュンソクとサンテクの友情物語的展開なのだが、サンテクは単なるわき役。実はジュンソクとドンソクの似た者同士な男2人の青春刺し殺しムービーであった。ネタバレあり。 ―2002年公開 韓 118分―
映画『ケンとカズ』ネタバレ感想 青春犯罪友情映画
これはなかなか切ない話だ。底辺の生活から抜け出すには、犯罪に手を染めるしかないのだろうか。現代社会のリアルな一面を描いているようにも思わせて、非常に優れた作品だと思いました。関係ないけど、なんかね、タイトルの語呂の良さが「ずんのやす」を思わせる。「ずんのやす」「ケンとカズ」(笑)。ネタバレすこし。 ―2016年 日 96分―
映画 ギャングース ネタバレ感想 ルポをもとにした漫画原作のクライム青春物語
同監督の『サイタマノラッパー』シリーズには上記のような闇の部分はさほど色濃くないが、描いているのは地方都市の若者の姿。2018年公開の『ビジランテ』は主要人物たちこそ貧困にあえいでいるわけではないが、移民たちとの確執なども含め、地方都市に生きることの閉そく感のようなものを感じさせる内容であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました