スポンサーリンク

映画 ハッピーデスデイ 2U ネタバレ感想 続編ありそうなラスト

スポンサーリンク

ハッピー・デス・デイ 2U

前作のすぐ後の時間からあらたな騒動が始まるタイムループ系ホラーコメディ。今作はよりホラー要素が薄まり、コメディ色が強くなっている。前作同様、主人公がループに巻き込まれることで成長していく成長物語でもある。ネタバレあり。

―2019年公開 米 100分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:タイムループホラー「ハッピー・デス・デイ」の続編。誕生日の繰り返しから脱出した女子大生ツリーは、恋人カーターと新しい朝を迎える。だが、カーターのルームメイト、ライアンがタイムループに飲み込まれ、やがてツリーも再び恐怖のループを繰り返すことに。前作に続き、ツリーをジェシカ・ロース、カーターをイズラエル・ブルサードが演じ、監督もクリストファー・ランドンが続投。(KINENOTE)

あらすじ:誕生日のループから抜け出し、新しい朝を迎えたツリー(ジェシカ・ロース)は恋人のカーター(イズラエル・ブルサード)と充実した生活を送ろうとしていた。一方、カーターのルームメイトで理工学生のライアンは車の中で目を覚ます。部屋に戻ると、カーターはツリーとイチャついており、仕方なく研究室に顔を出す。そこへ乗り込んできた学部長は、金ばかりかかる彼らの研究にご立腹の様子。突如、研究の中止を言い渡され落胆するライアンの背後からベビーマスクの殺人鬼が忍び寄る……。目覚めると、ライアンはまた車の中にいた。部屋に戻ると、カーターとツリーはまだイチャついている。混乱状態のライアンの話を聞き、今度はライアンがタイムループに飲み込まれたことを知るツリー。やがて、すべての原因はある研究に関係していると気付いた3人は研究室へと向かうが、ツリーはまたしてもあの恐怖のループによって、誕生日の朝に戻ってしまうのだった。だが、そこは元の世界とは微妙に異なるパラレルワールド。この世界のカーターやライアンたちの協力を得て、ツリーは元の世界に戻ろうと奔走するが……。(KINENOTE)

監督・脚本:クリストファー・ランドン
出演:ジェシカ・ロース/イズラエル・ブルサード/ファイ・ヴ/スラージ・シャルマ/スティーヴ・ジシス

ネタバレ感想

今作は前作のすぐ後の時間から、前作では単なるチョイ役にすぎなかったカーターの友人、ライアンの視点から語られる。で、ライアンがいかなる人物かを紹介することで、前作でなぜタイムループが起こったのかの説明もなされる。

最初はライアンがタイムループに巻き込まれるので、今作は彼が主人公なのかなと思わせておいて、やっぱり主人公はツリーになっちゃう(笑)。

ということで、ツリーは前作のタイムループの日まで戻されてしまい、またもや誕生日の日を繰り返すことになるのだ。

今作が前作と異なるのは、ツリーがパラレルワールドを移動していることを説明しているところ。前作ではそういう風に見えるシーンもあったが、特にそのことについて説明はなかった(説明できるキャラがいなかった)。

今作のツリーは繰り返す日々の中で、そのたびごとに別の可能世界で目覚めるため、そもそもオリジナルの時間軸だったところからは大分遠い世界に生きるようになり、そこでの登場人物たちは、微妙にツリーの知っている彼らとは異なっている。

その最たる例が、本来死んでいるはずの母親が生きていることだ。そして、性格も彼女の知る母とは微妙に違う。ツリーは母親やカーターが本来自分の愛した本人とは別の存在であることを気付いているフシはあるものの、それでも、選択に迷ってしまう。

その彼女の選択を巡るストーリーが本作の軸であり、その選択によって彼女が成長していく話になっている。この点は自分の個人的な話にも関わることなので深く掘り下げたいところなんだけども、それは前作の感想同様やめておく。

興味がある方はこちらをどうぞ

映画『トライアングル』ネタバレ全開! 固有の存在は言えない
タイムループもの。詳細を何も知らないで見るのがオススメ。この手の映画が好きな人にとっては、かなり楽しめると思う。満足できます。ということで、「自分の存在のことは言えない」という私的な疑問も絡めつつ、ネタバレします。 -2011年公開 英・豪 99分-
彼は帰りたい世界に帰ってないだろ! 映画『ザ・ワン』 主演 ジェット・リー
映画『ザ・ワン』 ジェット・リー主演の多元宇宙もの。124人他者としての自分がいるのは良しとしても、多元宇宙を限定してしまったら、多元的な宇宙が限定されることに他ならないわけで、その宇宙は有限ではないにしても、破綻しているのではないか。

ということで、先述したようにコメディ要素がより強くなった本作で、ツリーはさまざまな自殺パターンを披露してくれる。ギャグでないとなかなか描けない要素であり、ここは本作の見どころの一つだろう。

最終的に、前回の殺人鬼とは異なる人間が犯人であることが判明して物語は劇終を迎える。でも、最後まで回収されないというか、俺が理解してないだけかもなのだが、疑問点が一点だけある。ツリーが前作のスタートラインに戻ることになる騒動の時、別次元のライアンと、あの時間軸のライアンが同時に存在するシーンがある。あれ、どうしてあんなことになったんか、よくわからん。セリフで説明されてたような気がするんだが、別次元から来たライアンが何を言ってるのか、よく理解できなかった。

あと、ライアンのループはその前日のツリーのループの後に起こるわけだが、ツリーのループが閉じたことで、なぜか発生しなくなっているのはどうしてだ?

ちなみにあの結末を考えるに、今度は実験体にされるダニエル(確か)で似たような続編つくれなくもないよなぁ。今度は彼女が成長する話として。そうなると、ツリーの成長を描いた今作も関わってくるはずだから、内容が複雑すぎて支離滅裂になりそうだが(笑)。

映画『ミッション:8ミニッツ』可能世界を行き来する物語です
冒頭から引き込まれていくうちに、あっという間に劇終を迎えられる、コンパクトにまとまった良作。最初は何だかよくわからないけど、楽しみながら筋を追っていくだけで、わかるようになっているし、スッキリした気分で鑑賞を終えられるところも好感度大です。
映画『パラドックス PARADOX』ネタバレ感想 ラスト以降、ジムはどうなった?
この手の時間移動系作品にしては珍しく、納得できるラストで感心した。だからといって面白い作品ってわけではない(笑)。それによく考えると、おかしな点も残っている。スタントアクションのできるゾーイ・ベルが主役だけども、車のルーフにしがみつくようなシーンはないです(笑)。ネタバレあり。―2016年製作 米 89分―
映画『ザ・ドア 交差する世界』ネタバレ感想 トンネルを抜けるとそこは5年前であった
自分の過失で娘を亡くした画家の男がひょんなことから、5年前に娘を死なせてしまう直前の世界に迷い込む。で、その後何が起こったかという話。時間移動・多次元宇宙ものとしては観たことのない展開で楽しめた。ネタバレあり。 ―2014年公開 独 101分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました