スポンサーリンク

映画 ガルヴェストン ネタバレ感想 エル・ファニングとベン・フォスターはいい

映画 ガルヴェストン
スポンサーリンク

ガルヴェストン

―2019年公開 米 91分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る。監督は、「イングロリアス・バスターズ」などに出演する女優メラニー・ロラン。出演は、ドラマ『リバーデイル』のリリ・ラインハート、「それでも夜は明ける」のアデペロ・オデュイエ、「ファミリー・ツリー」のボー・ブリッジス。(KINENOTE)

あらすじ:故郷を捨て裏社会で生きてきたロイ(ベン・フォスター)は、ボスの勧めで病院へ行く。そこで、白く靄がかかった自分の肺のレントゲン写真を見せられ、命の終わりが近いことを悟った彼は、死への恐怖に追い込まれ、苛立ちを募らせていく。ある夜、いつものようにボスに命じられるまま“仕事先”へ向かったロイは、突然何者かに襲われる。組織に切り捨てられたことを知ると、とっさに相手を撃ち殺し、その場に囚われていた若い女(エル・ファニング)を連れて逃げる。ロッキーと名乗る女は、家を飛び出し、行くあてもなく身体を売って生きてきたという。組織から追われる身となった二人は、果てなき逃避行に旅立つ……。(KINENOTE)

監督:メラニー・ロラン
出演:エル・ファニング/ベン・フォスター/ボー・ブリッジス

ネタバレ感想

アマゾンプライムで見つけたので鑑賞。なんというか、この手の作品って似たようなものがたくさんあるような気が。『レオン』とはちょっと違うんだけど、少女と殺し屋の交流ってのは、何かあったような気がする。だけど思い出せない…。まぁでもそういう既視感のある内容であるのは間違いなくて、その中でもけっこう今作は救いがないというか、ファンタジックではなくリアリズムな展開。

要するに、希望が少ないラストであった。唯一の希望は、ロッキーの娘がきちんと成人していて、幸せそうに生きていること。それ以外にはない。

ちなみに、ガンを告知されといて、それが治っちゃって(というか別の病気だったんだっけ?)20年間もロイが生き延びたという展開には驚いた(笑)。そこだけは斬新だ。だって、普通こういう作品だと主人公死ぬわけじゃん? それが20年生き延びちゃってるんだから。そういう意味では、ロッキーが死んでしまうというのも、リアリズムでありながら、物語的な予定調和ではないとは言えるかもね。

ともかく、役者たちの存在感はいいんだけども、内容が内容だけに、そんなに何度も見たいわけでもないし、ストーリーそのものは面白いというわけでもない。そして、悪は悪として世に蔓延り続けている。

それにしても、前のロイの恋人はどうしてあんなに彼のことを助けてやってたんだろうか。バレたら殺されるかもしれないのに。その辺はちょっとうまく出来過ぎている感がある。それだけ助けたくなっちゃう奴だったら、別れたくないと思うだろうし。

映画 ある殺し屋KILLER FRANK ネタバレ感想
孤児院で虐待を受けながら育ちったフランクは、黒社会で殺しと強盗を請け負っている。犯罪をしている瞬間だけが彼の生きがいだ。そんな孤独な男がある女性と知り合ったことをきっかけに、日常の中にも幸福を見出していくことになるのだが――ネタバレあり。―2015年制作 米 98分―解説とあらすじ・スタッフ
映画 ポーラー 狙われた暗殺者 ネタバレ感想 ネットフリックス配信作
ネットフリックス配信作品。引退することになった凄腕の殺し屋。所属していた会社が彼に年金払いたくないので殺しのターゲットにされて血みどろの戦いを繰り広げるバイオレンスアクション。ネタバレあり。 ―2019年製作 米=独 118分―
映画『バッド・デイズ』ネタバレ感想 結末まで全てハードボイルドである
あまり知られていない作品だと思うが、この映画は良作だと思う。決して傑作とは言えない。だが良作である。なぜそうなのかというと、ハーヴェイ・カイテル演じるロイが渋いのだ。ハードボイルドである。ネタバレあり ―1997年 米 98分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました