スポンサーリンク

映画 エリザベスタウン ネタバレ感想 オーランドブルーム(主役)に感情移入できない

エリザベスタウン
スポンサーリンク

エリザベスタウン

―2005年公開 米 123分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:突然仕事と恋人と父親を失ったエリート青年が、生き方を見つめ直す6日間を描いたヒューマン・ドラマ。監督・製作・脚本は「バニラ・スカイ」のキャメロン・クロウ。撮影は「バニラ・スカイ」「ラスト サムライ」のジョン・トール。音楽は「バニラ・スカイ」のナンシー・ウィルソン。美術は「僕はラジオ」のクレイ・A・グリフィス。編集は「ライフ・アクアティック」のデイヴィッド・モリッツ。衣裳は「ロスト・イン・トランスレーション」のナンシー・スタイナー。出演は「キングダム・オブ・ヘブン」のオーランド・ブルーム、「エターナル・サンシャイン」のキルスティン・ダンスト、「アルフィー」のスーザン・サランドン、「アビエイター」のアレック・ボールドウィン、「シンデレラマン」のブルース・マッギル、「ヴィレッジ」のジュディ・グリア、「ステルス」のジェシカ・ビールほか。(KINENOTE)

あらすじ:シューズ会社に勤めるドリュー(オーランド・ブルーム)は、責任者として進めてきた新開発プロジェクトが大失敗に終わり、社長のフィル(アレック・ボールドウィン)からクビを言い渡される。恋人のエレン(ジェシカ・ビール)にも見離され、自宅に戻ったドリューは自殺を考えるが、そこに妹のヘザー(ジュディ・グリア)から電話がかかってくる。父親が急死したという知らせだった。ドリューは遺灰を海に撒いて欲しいという父の遺言を果たすため、父の故郷であるケンタッキー州のエリザベスタウンに向かう。その途中、飛行機の中で同地に住むフライト・アテンダントのクレア(キルスティン・ダンスト)と知り合ったドリューは、積極的な彼女の存在が気になり始めていた。エリザベスタウンに着き、ホテルで孤独を感じたドリューは、方々に電話をかけまくる中で、結果的にクレアと朝まで長話することに。そして再会した2人は次第に仲を深めていくが、すでに恋人がいるというクレアは、肉体関係を持ちながらもどこか身をかわすところがあった。そして父親の葬儀の当日。何年間もケンタッキーを訪れていなかった母親のホリー(スーザン・サランドン)は、地元の人々から厳しい視線を向けられるが、感動的なスピーチとタップダンスで皆を魅了する。葬儀の後、ドリューは遺灰が入った壷と、クレアがくれた地図とCDを車に載せて旅をする。地図の指示通りに車を走らせると、やがてネブラスカの街に着き、そこにクレアがいた。再会した2人は抱き合ってキスを交わすのだった。(KINENOTE)

監督・脚本:キャメロン・クロウ
出演:オーランド・ブルーム/キルスティン・ダンスト/スーザン・サランドン/アレック・ボールドウィン/ジェシカ・ビール/ジュディー・グリア/ブルース・マクギル

ネタバレ感想

公開当時、あらすじを見て気になってたんだけど、鑑賞しないままで15年以上。今回ようやく観た。これは主人公のドリューに感情移入できるかどうかで評価が分かれそうな作品だと思う。俺的にはそれが無理だったので、評価は低い。

なんで感情移入できないかというと、こいつは終始、クレアや周囲の人間に支えられてるだけで、自分ではほとんど何もしていないからだ。ただ、与えられた状況に対して選択をしているだけ。自分で状況を打開しているわけではない。んで、ハッピーエンド。

彼はエリート社員として働き続けた結果、失敗を犯して何もかも失うことになり自殺を決意するわけだが、自分の意志でしようとしたことってそれだけであって、あとは何もしてない。ただ運がいいだけ。

しかも、生前の父は彼と交流を持ちたがっていたようだが、仕事にかこつけてほとんど没交渉とか、どんだけ親不孝者なんだよ。死んじゃったあとにいろいろ思い出したって後の祭り。そもそも、最初から生前の父とあっていれば、こんな物語はできないんだから、そこを突っ込んでも仕方ないとは思うものの、そういう風に感じちゃったんだから仕方ない。

ついでに、父の遺言によると遺灰は海にまけってことだったようだが、この人、ドライブ中に海でもないところに遺灰まいちゃってなかった? それはダメだろ。

映画 インハーシューズ ネタバレ感想 キャメロンディアスの笑顔がいい
映画 インハーシューズ ネタバレ感想 キャメロンディアスの笑顔がいい 単純なハッピーエンドの作品ではなく、そこに至るまでの過程で、きちんと主人公のマギーとローズの成長が描かれている。
映画 メランコリック ネタバレ感想 銭湯で働く東大卒青年の成長物語
メランコリック ―2019年公開 日 114分― 解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説:第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞受賞作。一流大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた和彦は、たまたま訪れた銭湯で高校...
映画『シンクロナイズドモンスター』ネタバレ感想 主人公の成長物語
ダメな生活をしているアン・ハサウェイ演じる主人公が、金に困って地元に帰ると、幼馴染と再会。彼の善意に甘えてバーで働くようになるのだが、なぜかソウルで暴れている怪物と自分の動きがシンクロことを知り、ジタバタしながら成長していく物語。ネタバレあり。 ―2017年公開 加 110分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました