スポンサーリンク

映画 ザアウトロー ネタバレ感想 ロサンゼルスの刑事VS強盗団

スポンサーリンク

ザ・アウトロー

ロサンゼルスの刑事たちが強盗団と対決するクライムアクション。なかなか評価が高いみたいだけど、あまり楽しめなかったな。期待はしてたんだけど。ネタバレあり。

―2018年公開 米 140分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:ジェラルド・バトラー主演のクライムアクション。犯罪多発都市ロサンゼルスで、ワイルドな部下を率いて銀行強盗に立ち向かう刑事のニックは、伝説の強盗、メリーメン一味が巨大な銀行強盗を計画していることを知る。やがて、一味との対決の時が訪れるが……。共演は「サウスポー」のカーティス・“50 Cent”・ジャクソン、「スカイスクレイパー」のパブロ・シュレイバー。「エンド・オブ・キングダム」の脚本家クリスチャン・グーデガストの監督デビュー作。(KINENOTE)

あらすじ:48分に1回、銀行強盗が発生する世界屈指の犯罪都市ロサンゼルス。ワイルドな部下を率いて、銀行強盗に立ち向かう刑事のニック(ジェラルド・バトラー)は、伝説の強盗、メリーメン一味が企てる3000万ドルを狙った巨大銀行強盗計画の存在を知る。綿密な計画を立てるメリーメン一味と、彼らを追い詰めてゆくニック。次第に緊張が高まる中、両者の対決の時が刻一刻と近づく……。(KINENOTE)

監督:クリスチャン・グーデガスト
出演:ジェラルド・バトラー/パブロ・シュレイバー/オシェア・ジャクソン・Jr/カーティス“50セント”ジャクソン

ネタバレ感想

ジェラルドバトラー扮する刑事のニックが、メリーメンとかいう賢い強盗と対決する物語。この対立構図は『ヒート』の影響をかなり受けているんだろうなと思われる。しかし、その出し抜き合いがけっこう滑稽。たとえば、ニックはメリーメンの一味を酒場で煽ったのち、娼婦を家に連れ込む。そこをメリーメンに侵入され、からかわれるという情けない展開(笑)。

ニックは家庭を顧みずに仕事をしているので、奥さんに離婚されてまう。しかし、あの辺のくだりって物語に必要だったのかよくわからん。あそこを端折って尺を短くしたほうがコンパクトでよかったかも。

メリーメンは頭脳明晰で強盗のプロなわけで、散々そういう描写されているんだけど、最終的には、ニックにもバカにされてたドニーが一番の黒幕であったというラストも、なんか拍子抜け感あったな。

にしても、ロサンゼルスは48分に一回の割合で銀行強盗が起こっているそうだ。これって本当かね? ロスの広さとか全然わからないんだけど、銀行何件くらいあるんだ? すさまじい数が存在しないと、すべての銀行が複数回強盗にあっている計算になっちゃうと思うんだけど。どうなんだろうね。

けっこう期待して鑑賞したんだけども、残念ながらしょうもない感想しか出てこない作品だった。

映画 エンドオブホワイトハウス ネタバレなし感想
本当にこんなことありえるのかよとか、ツッコミはやめて素直に鑑賞すれば、面白く観られる娯楽アクションである。ネタバレなし。
映画 エンドオブキングダム ネタバレ感想 アメリカ万歳脳筋アクション
前作でテロリストからホワイトハウスを救ったシークレットサービスが、今度はロンドンを舞台にテロリストと戦闘を繰り広げつつ米大統領を守る話。アメリカ人たちの傲慢な態度が鼻につく場面もあるけども、楽しめる娯楽アクション作品。ネタバレあり。 ―2016年公開 米=英=勃 99分―
映画 ザタウン ネタバレ感想 銃撃戦描写も楽しめる犯罪作品
ボストンのタウンと呼ばれる土地は犯罪者の巣窟みたいな街。そこで生まれ育った主人公のダグは、強盗稼業で大金を得る暮らしをしている。しかし、閉塞的な街に息苦しさを感じているダグは、あることをきっかけに街を出て新しい人生を生きることを考え始める。果たしてその結末は。ネタバレあり。 ―2011年公開 米 123分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました