スポンサーリンク

映画 クロール  凶暴領域 ネタバレ感想 正統派なモンスターパニック

スポンサーリンク

クロール  凶暴領域

―2019年公開 米 88分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「死霊のはらわた」のサム・ライミが「ドント・ブリーズ」に続き製作を手掛けたサバイバルスリラー。巨大ハリケーンに襲われたフロリダでワニが大量発生する。重傷を負った父親と実家に閉じ込められた大学の競泳選手ヘイリーは、父を連れて決死の脱出を図る。出演は、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のカヤ・スコデラーリオ、「プライベート・ライアン」のバリー・ペッパー。監督は、「ルイの9番目の人生」のアレクサンドル・アジャ。(KINENOTE)

あらすじ:ヘイリー(カヤ・スコデラーリオ)は大学の競泳選手。疎遠になっていた父(バリー・ペッパー)が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知った彼女は、父を捜しに実家へ向かう。家に着くと、地下で重傷を負い気絶している父を見つける。しかし、ヘイリーも何者かによって地下室の奥に引きずり込まれ、右足に重傷を負ってしまう……。(KINENOTE)

監督:アレクサンドル・アジャ
出演:カヤ・スコデラリオ/バリー・ペッパー/モーフィド・クラーク

ネタバレ感想

適当なあらすじ

巨大ハリケーンに襲われたフロリダ州は、町中が水浸しになって、ワニ園から脱出した大量のワニの住処になってまう。で、しばらく疎遠だった父親を捜しに娘のヘイリーがやってくる。父は自宅の床下でワニに襲われたダメージで気絶していた。ヘイリーもワニに襲われ、床下から出られなくなる。しかし、水かさはどんどん増してきて、二人は溺死するかワニに食われるかという死の選択肢に見舞われるように。果たして二人はこのワニ地獄から脱出できるのかーーというのが適当なあらすじ。

正統派なモンスターパニック

2019年に公開されてて、劇場行きたかったけど無理だったのでレンタルで鑑賞。これは映画館で観たほうが倍楽しめただろうなという内容だった。話の中で描かれる内容は単純で、ある問題を抱えた父と娘が、ワニに襲われながら生き残りを図る中でお互いの絆を取り戻していくというものだ。そこに癒しキャラの犬が物語に興をそえ、父娘以外で犠牲になる人間が描かれる。

そう考えると数あるモンスターパニック映画の物語の構造から逸脱した設定が少ない作品だ。それでも面白いのは、おそらく作り手が過去作の設定を踏襲していることに対して自覚的で、ある意味の正統派路線で勝負しようと覚悟して制作したからではないか。

父と娘の絆はさほど葛藤もなく解消される。あっさりしすぎな感もあるけども、そこに違和感はない。この二人はワニに足や手を噛まれていて、その辺の耐久力と、他の犠牲者があっけなくやられてしまうところにはご都合主義的なものも感じなくはないが、二人の勇気ある行動(特にヘイリー)に鑑賞者は応援したくなる気持ちを持つのであり、ともかく正統派なモンスターパニックで楽しめた。

映画『ザ・モンスター』ネタバレ感想 母娘の成長を描いたモンスターパニック
軽く幼児虐待していた様子すらあるダメ人間な母親が、娘を元夫に引き渡すことになった別れの日に、娘を乗せて森の中を車で走っていたら、謎のモンスターに襲われるはめに。モンスターから身を守る行為の中で、彼女は母親として成長していく。同時に、娘も己の力で道を切り開く勇気を得ていく、母娘の成長を描いたモンスターパニック。ネタバレあり。 ―2017年公開 米 89分―
映画 MEGザ・モンスター ネタバレ感想 ステイサムvsメガロドン
ステイサムvs古代生物メガロドンってことで鑑賞してきた。サメ映画は『ジョーズ』がやっぱり一番だけど、さすがステイサム。彼が主演してる映画はくだらなくても楽しめるし、本作も彼の安定感がきちんと発揮されている作品であった。ネタバレあり。 ―2018年公開 米 113分―
映画『ザ・グリード』ネタバレ感想 B級モンスターパニックの良作
よくできたB級モンスターパニック。主要人物たちのキャラ設定がよく、最後まで飽きずに楽しめる良作です。お次は何だ!? 若い頃に楽しんだ作品は高評価になりやすいもんだ。この作品は登場人物が全員アウトロー。それぞれのキャラがしっかりしていて、存在感がある。中でも主役級の2人がよい。 ネタバレあり。―1998年公開 米 107分―
映画 地獄の変異 ネタバレ感想 洞窟探検モンスターパニック
洞窟探検パニックものとしてはけっこう楽しめる映画だった。特筆すべき何かがあるわけでもないけども、安定感ある感じで最後まで興味をひいてくれる娯楽作品。ネタバレあり。 ―2006年公開 米 97分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました