スポンサーリンク

映画 ブロックアイランド海峡 ネタバレ感想 ネットフリックス配信

ブロックアイランド海峡
スポンサーリンク

ブロックアイランド海峡

―2020年製作 米 99分―

スポンサーリンク

あらすじとキャスト

あらすじ:ある島で野生動物が原因不明の大量死を遂げる不吉な現象が発生。謎の力により命の危険にさらされた漁師の家族に、戦慄の恐怖と恐るべき真実が襲いかかる。(NetFlix)

出演:クリス・シェフィールド、ミカエラ・マクマナス、ネヴィル・アルシャンボール

ネタバレ感想

ネットフリックスで見つけて鑑賞。なんなんだこれは。描かれていたことは大筋ではわかるものの、細部が適当すぎないか。よくわからん超常現象みたいのを扱った内容だから、説明しなくてもいいとでも思ったんだろうか。だとしたら酷いね。

ブロックアイランドに住む青年、ケリーは父と二人暮らしだ。母親は他界している。姉が2人いるが、島から出て暮らしている。ケリーは怒りっぽい性格らしく、過去にもいろいろ問題を起こしたことがあるらしい。現在は定職につかず、友人と飲むなどして暇つぶししてるみたい。

父親は母が亡くなって以降、少し認知症気味。沖へ船を出して釣りをするのが趣味のようだが、夢遊病みたいな感じで、勝手に出て行ってしまうこともあるので、ケリーは気が気ではない。そして、ある日その予感が当たったかのように、父は海上で行方不明になる。

ちょうどその頃、一番上の姉が島に戻ってきた。何でも、大量死した魚が島の浜辺に打ち上げられているのを調査しにきたらしい。一方でケリーは捜索をしてくれない警察に代わり、自分で父の行方を捜して船を出す。スキューバで海に潜って父を捜していたときに、彼は黒い何かに包まれた。

意識を取り戻すと彼は船上にいた。その後、父が遺体となって発見された。原因は不明。父の面倒を見切れなかった自分に憤るケリー。そして彼は、父と同じように、自分でもわからないうちに外へ出歩くようになるーー

以上が、中盤くらいまでの超適当なあらすじ。ラストまで内容を書くのが面倒なので、この辺でやめておく。

ラストまで観てみた感じ、この話は異星人か何かが、地球の生物を調べるためやってきていて、世界の各地を巡りつつ、サンプルを採集するための活動をしているという話だったようだ。異星人は夜中に強力な吸引力で海上にあるものを吸い上げ、いるものといらないものを取捨選択しては、戻しているみたい。

だから、物語内のいろいろな動物の死体ってのは、異星人が調べたあとなのかなんなのか、必要なくなった生物の遺体なんだと思われる。ちなみに、人間に限っては、生きたまま地上に返すことがあるみたい。ハリーの父はどうだったのかわからんが、ハリー自身は、鹿だったり、少女だったりを集めるような指令を受けて(操られて?)それを実行しようとしている。

ラスト、ケリーの姉が海上に戻ってきたときは、普通に意識があったっぽいからもしかしたら、正気のまま返されたのかなと考えることもできそうだけど、これまでの話の流れから言うと、おかしくなってると考えるほうが妥当かなとは思う。

ただ、そんなん考える必要もない駄作なので、考えたくもない(笑)。短い尺だから最後まで観られるってだけで、細部の説明がなさすぎることに不満が残る。思わせぶりに謎を散りばめておいて、そこが有耶無耶になったまま終わっちゃうので、余計に評価を下げたくなっちゃう内容であった。

エイリアンが地球の生物云々を調べるために行われていることを描いた作品ーーというのは、2度にわたり作中に登場する、ケリーの姉の言葉でわかる。死んだ魚を調べているケリーの姉に対して、彼女の娘が「なぜそんなことをするのか」と聞かれたときに、応えていた内容がそれだ。

あとは、ケリーの友だちの陰謀論者みたいな奴が喋っているセリフで、ある程度この話で起こっていることがわかると言えばわかる。

で、それによって大筋については、自分なりに腑に落ちるような解釈ができたが、それ以外の細かい部分には意味がわからないことがけっこうある。

例えば、ケリーが最初に海中で包まれた謎の黒い液体はなんなのか、よくわからない。どうせ空中に吸い込んでいくなら、あんな現象起こす必要ないと思うんだけど。

あと、異星人がケリーを操っていろいろ生物集めてたみたいだけど、あんな面倒なことしなくても、あの吸引力でほしいもの何でも吸い込んじまえばいいだろ、アホなのか。

他にも、電磁波を避けて移住していったという男。ケリーの姉は彼に会っていろいろ話を聞いていた。男は、ケリーが異星人に操られているのだというようなことを言ってた。そうだとするなら、彼も同じ目に遭っているわけで、彼はどうして正気を保って、しかもどうやって無事生還できたのかがわからない。

さらに、ケリーと、2番目の姉との関係。二人には過去に確執があり、それはケリーの親友に関わることだったということが示唆される。しかし、そのくらいしか説明がなくて、それによりどうしてケリーと2番目の姉が仲たがいしたのかがわからん。その後、それについて言及されることもないので、そもそもあの話って必要だったのか? あの姉の存在すらいらないとも言える。

他にも、ケリーは母の死を引きずってたりしてたっぽいが、なぜそこまで引きずるのかがよくわからないのである。そんなことはどうでもいい。てなことで、思わせぶりに話を引っ張っておいて、説明を放り投げっちゃてる内容に、怒りすら感じる(笑)。こんなんだったら、ツッコミどころしかないZ級バカ映画観てたほうがマシ。

映画 バトルスカイ ネタバレ感想 エイリアン侵略適当作品
原題は『Fighting the Sky』だが、ジャケットの写真のようなUFOと戦闘機の戦いなどは描かれない至って地味なエイリアン侵略映画。ネタバレあり。―2017年製作 米 98分―
映画 サークル ネタバレ感想 犠牲者は投票で決めよう Netflix配信スリラー
サークル シチュエーションスリラー。2分という短いスパンで必ず人が死に続けることと、その犠牲者を投票で決められる設定は面白い。そのせいで、登場人物たちは誰を犠牲者にすべきかという話ばかりをしてしまい、協力して解決策を探す方向に話が進まない...
映画 ジュラシックハンターズ ネタバレ感想
わかると思うけどバカ映画です。鉱山みたいなとこで穴掘ってたら、地下から恐竜がわんさか出てきて麓の町がパニックに陥る話。全編ツッコミどころしかないので、それを楽しめない人は鑑賞しないほうがいい。…というか、こんな作品普通は観ないよな(笑)。ネタバレあり。 ―2015年製作 米 89分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました