スポンサーリンク

映画 blank13 ネタバレ感想 齊藤工監督の描くヒューマンドラマ

スポンサーリンク

blank13

役者の斎藤工が初監督したヒューマンドラマ。ダメ親父と次男の微妙な関係を描いた作品。短い尺できっちりと趣旨が描写されている感じで、とても楽しめた。ネタバレあり。

―2018年公開 日 70分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:俳優の斎藤工が、“齊藤工”名義で手掛けた長編初監督作品。13年間、行方不明だった父の消息が判明。だが、その体はガンに侵されており、息子のコウジと再会した3ヶ月後に他界する。葬儀当日、参列者たちの口からコウジの知らない父の姿が明かされる……。出演は「嘘を愛する女」の高橋一生、「パーフェクト・レボリューション」のリリー・フランキー、「勝手にふるえてろ」の松岡茉優。(KINENOTE)

あらすじ:突然蒸発し、13年間、行方不明になっていた父(リリー・フランキー)の消息が判明。ところが、ガンを患った父は、その時既に余命3カ月だった。それでも母(神野三鈴)と兄(斎藤工)は借金を残して去った父に会おうとしなかったが、幼い頃にキャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジ(高橋一生)は病院を訪れ、再会を果たす。それから3か月。家族との溝が埋まらないまま、父がこの世を去った。そして迎えた葬儀当日。参列者が語るエピソードから、家族の誰一人として知らなかった父の真実が明らかになり、取り戻せないと思っていた13年間の空白が埋まってゆく……。(KINENOTE)

監督 齊藤工
主演:高橋一生/松岡茉優/斎藤工/リリー・フランキー

ネタバレ感想

もっとウェットで救えない話かと思っていたら、それなりにハートウォーミングな内容。とは言えベタベタな感じの泣かせ方をしてこないところに好感を持った。葬儀の参列者が語る話はなかなか面白く、各人の親父評によって父としてではなく、ひとりの人間として雅人がどんな人だったかがわかる構成になっている。

次男が親父を憎み切れない気持ちもうまく表現されているし、父親の子と妻に対する愛情も感じられる。また、ラストに妻が旦那をそれなりに愛していたことが判明するにあたり、人間の感情って本当に複雑で、矛盾した愛憎を抱えて生きているもんなんだなぁと感じさせる。

素朴な感じのする次男の奥さん、松岡茉優の存在もよい。裏表のない善人に見える。斎藤工はイケメン俳優にして映画マニア。しかも自分でこんな作品も撮れるんだから無敵だな。まったく羨ましい。

2016年 ベスト映画 『葛城事件』 人の話を聞け! そのとろろソバ、うまいのか?
2016年 ベスト映画 葛城事件 | 人の話を聞け!登場人物のほとんどがどうしようもない人間で、他人の話を聞いていない(聞こうとしていない)。そのとろろソバ、うまいのか?中でも三浦友和扮する父親の、笑いすら誘うクズ人間っぷり。ラスト、庭から戻り、あらためてコンビニのとろろソバを食す姿には神々しさすら感じた次第です。
映画『普通の人々』ネタバレ感想 誰もが普通じゃない人々
普通の人々とは誰のことなのか。普通の人、みんな社会的には普通でいることを望み、それ以上であることを望む。しかし、誰もが普通ではないのだ。この作品の家族も例外ではない。普通ではない。どんな家族も普通でなく、何かを抱えていてしかるべきなのである。
映画『望郷』ネタバレ感想 泣ければいいってもんじゃない(笑)
原作は未読。村社会の恐ろしい一面を垣間見られるところはよいと思うが、全体的にはどうだったかという感想。ネタバレあり ―2017年公開 日 112分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました