スポンサーリンク

映画『THAT/ザット』ネタバレ感想

スポンサーリンク

THAT/ザット

うーん。つまらない。二番煎じの邦題に言及する気にもなれないし、そこはどうでもいいとしても、かなりの残念作品。その残念さを楽しく鑑賞してください。ネタバレあり。

―2016年製作 米 99分―

解説:謎のアプリが若者たちを恐怖に陥れるホラー。親友のニッキが原因不明の突然死を遂げ、悲しみに暮れるアリス。高校卒業を間近に控えたある日、死んだはずのニッキの携帯から、あるアプリへの招待状が届くが、アプリは徐々に暴走し始め…。(KINENOTE)

監督・脚本:アベル・ヴァン
出演:サクソン・シャービノ/ボニー・モーガン/ブランドン・スー・フー/ヴィクトリー・ヴァン・タイル

スポンサーリンク

ネタバレ感想

昨年話題になった『IT』はそれなりに面白かったが、傑作というほどもないように思った。スティーヴン・キングの原作を映画化したものって良作駄作どちらもあって、その辺の話はまた機会があればしたい。

で、本作について。邦題を抜きにしても、やっぱり『IT』からインスパイアされているような部分があるんだけども、インスパイアされてオマージュしてみたものの、それが作品内に効果的な何かをもたらしてはいるようには思えない。

もしかしたらそんな意図はなくて、単にスマホのアプリを用いたホラーなんだとしても、そこにさしたる目新しさもないし、怖くもないし、それぞれの人物の行動原理がわかるようでようわからん。

登場人物が襲われる描写もスプラッタ的な要素が全くない。特にそんなシーンを見たいとは思わないものの、こうした作品においてはある程度は惨殺描写って必要なんだなって思って勉強にはなる。

ともかく、最初から最後まで何の面白味も感じられない作品であった。でも、そこがいいのだ。それでいいんです。なぜかというに、そういう作品の中に、たまに俺の琴線に触れる何かを感じさせてくれる作品があるからだ。

つまらないけど、俺にとって示唆的な何かを残してくれた作品↓

映画『ARQ 時の牢獄』ネタバレ感想 謎部分もあるが、ラストまで楽しく観られる
物語の大半を同じ場所で繰り広げる内容に興味を持たせるのって大変だと思うけど、本作は何度も同じ出来事を繰り返すうちに事態の全容が少しずつ判明していく展開にすることで、最後まで興味を引くことに成功していると感じた。要するに、楽しめるのである。謎な部分もあるけど。ネタバレあり。 ―2016年製作 米 88分―
映画『THE LOOP ザ・ループ 永遠の夏休み』ネタバレ感想 
時間移動系の作品が好き。ということでネットフリックスで発見して鑑賞。ラストの描写がなければもう少し分かりやすい内容だったと思うんだが、そこが残念ポイント。ということで、個人的に感じたこの作品のよいところを。ネタバレなし。 ―2012年製作 米 91分―
映画『クローバーフィールド パラドックス』ネタバレ感想
このシリーズは相互に関連がありつつも、独立した1つの作品として楽しめるように製作するコンセプトなんだろうか。1作目と2作目も大分異なる内容だったが、今回もそんな感じであった。ネタバレあり。 ―2018年製作 米 102分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました