スポンサーリンク

ジョンレグイザモのサルでもわかる中南米の歴史 感想

スポンサーリンク

ジョン・レグイザモのサルでもわかる中南米の歴史

ジョン・レグイザモが中南米の歴史を一人芝居で語る、ネットフリックス配信作品。

―2018年製作 米 90分―

スポンサーリンク

解説・スタッフとキャスト

解説:ブロードウェイでのワンマンショーで、ジョン・レグイザモが先生役に。学校でいじめられた息子のために3000年もの歴史を振り返り、ユーモアと痛みを見出す。(NETFLIX)

監督:アラム・ラパポート
脚本・出演:ジョン・レグイザモ

ネタバレ感想

レグイザモってコメディ俳優でもあるんだね。初めて知った。彼はけっこう好きな役者なので本作をネットフリックスで見つけて鑑賞。笑える部分も多いけど、あっちの人たちの文化を知らないとわからないギャグもけっこう多かったな。

サルでもわかると題しているけども、前知識ないとわからないこともけっこうあるから、それなりに大航海時代以降の世界史の知識が多少あったほうが楽しめると思います。

それにしても、日本という島国生まれの俺からしてみると、多様な人種がひとところに集まる環境で暮らしたことがないので、そうした人らがなぜあそこまでいがみ合ったりルーツにこだわったりするのかは、完全にはわからない。

個人的には、人間なんてみんな同じ遺伝子から分かれた生物なんだから、どの民族の血が混ざってようが同じだと思うんだけど、その土地で文化と歴史を育んできたのに、別の民族の侵略によって駆逐されてしまった祖先をもつ人たちにとっては、そんなきれいごとだけでは済ませない何かがあるんだろう。

でも、本質的にはみんな同じ人間であることも変わりなくて、それは俺の生きてきた環境がヌルイからそんなことを言えるんだろうと指摘されれば確かにそうだけども、やたらと民族的アイデンティティみたいのにこだわるのも、争いがなくならない要因であるのは確かだと思う。

この作品はネットフリックスで鑑賞できます。

映画 13時間 ベンガジの秘密の兵士 ネタバレ感想 ミステリアスな敵兵たち
アメリカ人の元兵士たちがリビアに拠点を構えるCIA施設の警備を任される。アメリカは当地で戦闘行為ができないようで、アメリカ領事館を地元兵に攻められても反撃ができぬ。警備兵のリーダーは、自らの意思で仲間を率いて大使の救出に向かうが…ネタバレあり。 ―2015年製作 米 144分―
映画 ブッシュウィック 武装都市 ネタバレ感想 謎の軍団の正体は?
もっと荒唐無稽でSFっぽい内容かと思っていたら、ハードかつシリアスな作品で驚いた。長回しを使って全編10カットでラストに至る展開に、なかなかの満足感を得られた。ネタバレあり。 ―2018年公開 米 94分―
映画『ゲット・アウト』ネタバレ感想  皮肉のきいたホラーコメディ…だと思われる
事前に得た情報によると、ホラー映画らしく、きっと人間って怖いなぁ――と思わせる作品なんだろうと勝手に予想して観に行ったわけだがその結果はいかに。ホラーとしては珍しいタイプの内容ではある。中盤以降はネタバレあり ―2017年公開 米 104分―
映画『エグゼクティブ・デシジョン』ネタバレ感想 セガールがいなくてよかった(笑)
セガール扮するトラヴィス中佐は早々に退場する。この作品について必ず言及されるだろうことだが、セガールがすぐにいなくなるからこそ、この映画は、最後まで緊迫感溢れる良作になっていると言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました