スポンサーリンク

映画 ザファン ネタバレ感想 デニーロのサイコ演技が楽しい

スポンサーリンク

ザ・ファン

承認欲求が強すぎるデニーロが、公私ともにうまく行かずにサイコ野郎指数を右肩あがりに上昇させて暴走する話。なかなかの豪華キャストだし、デニーロ=ギルのサイコぶりが楽しめる。ネタバレあり。

―1996年公開 米 96分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:人気野球選手への過剰な思い入れのあまり、次々と異常な行動を重ねていく男の犯罪を描いたサイコ・スリラー。売れっ子サスペンス作家、ピーター・エイブラハムズ初の映画化で、彼の同名長編小説(邦訳・早川書房)を、米NBCの人気TVドラマシリース『チアーズ』のフォフ・サットンが脚色。監督には「クリムゾン・タイド」のトニー・スコットがあたり、撮影のダリウス・ウォルスキー、音楽のハンス・ジマーも同作に続いての参加。製作は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のウェンディ・ファイナーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・アンガー、ジェームズ・W・スコッチドポール、バリー・M・オズボーンの共同。美術はアイダ・ランダム、編集はクリスチャン・ワグナーとクレール・シンプソンの共同。服装の変化が犯人の心理の移り変わりを表しているという衣裳デザインは、「カジノ」に続いてデ・ニーロの衣裳を担当するリタ・ライアックと、ダニエル・オルランディ。また、連続出場の世界記録を達成した大リーガーのカル・リプケン・ジュニアがテクニカル・アドバイザーを務めたほか、95年までフィリーズで活躍したジョン・クラックが5番打者役で出場しているのをはじめ、プロ選手が多数出演しているのも話題に。主演は「カジノ」「ヒート」のロバート・デ・ニーロと「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス。共演は「ボーイズ・ライフ」に続いてデ・ニーロと共演となるエレン・バーキン、「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。(KINENOTE)

あらすじ:サンフランシスコ、4月。中年のナイフのセールスマン、ギル(ロバート・デ・ニーロ)が熱狂的に応援する地元ジャイアンツの開幕試合の日が来た。今年はブレーブスから4千万ドルで獲得した大物スラッガー、ボビー(ウェズリー・スナイプス)がホームタウンに戻ってきた。~中略~ 一方、生活が荒れていたギルは、別れた妻エレンの元にいる幼い息子リッチーを開幕戦に誘った。エレンはギルの素行に注意し、彼から遠ざけようとしていた。試合が始まったが、ギルは客と面会の予定を入れてしまい、試合に集中できない。ボビーは前日、重病の少年に約束したとおり、満塁でホームランを打った。ギルは球場を後に車を飛ばして客の元へ急ぐが、相手は予定を変更して球場に行ったと聞かされて激怒した。球場に戻ると、息子は親切な老夫婦が家に連れ帰った後だった。ギルは上司からクビを言い渡され、エレンからも今後は息子に近づかないという、裁判所からの拘束令状を受け取る。全てを失ったギルは、人生の拠り所をボビーに向けた。~中略~ボビーをつけ回していたギルは、ボビーの海辺の家で、溺れていた彼の息子ショーンを助ける。ボビーは命の恩人のギルを家に招くが、彼の言動にはおかしなことが目立つ。その異常性に気づいた時、既にショーンはギルに誘拐されていた。以下略。(KINENOTE)

監督:トニー・スコット
出演:ロバート・デ・ニーロ/ウェズリー・スナイプス/エレン・バーキン/ジョン・レグイザモ/ベニチオ・デル・トロ

ネタバレ感想

故・トニースコット監督作品のひとつ。面白いと思った作品を鑑賞後に、監督が誰だったのかを調べてみると、彼の作品だったことがけっこうあって、俺にとっては相性のいい監督なんだと思われる。自殺してしまったのが残念だ。初見は90年代だったからかなり時が経っているけども、たま~に観たくなることがあって、数年に一回くらいのペースでDVDを引っ張り出してくる。

ともかくこの映画が楽しめるのは、デニーロが演じるギルの狂気を帯びた言動の数々があってこそだろう。それをいちいち紹介はしないけども、ギルはどこにでもいそうなオッサンだ。しかし、どっかズレていて、承認欲求が強すぎる子どもみたいな性格で、嫌なやつである。そのオッサンが物語が進むにつれて輪をかけてサイコになっていき、悲惨な結末を迎えることになる。

ギルは気の毒と言えば気の毒だ。彼が勤めるナイフメーカーは、彼の親父が創業者なんである。作中では姿を現さないので故人ぽい。彼の父は、職人気質でナイフをつくる技術には長けていたが、会社経営に向いてなかったようで、幹部連中に会社をのっとられたらしい。で、ギルは親父の息子ということで入社できたんだろうけど、売り上げが落ちている営業マンなので、解雇されてまうのである。

彼は商談がうまくいかないとすぐに暴言を吐くので、そもそも営業に向いてないように見える。けど、彼も父親のように職人的な仕事ができる場所が会社に残っていたら、それなりに成績はよかったんではないかなぁと思える部分はなくもない。

まぁでも、そうやって同情的な見方をしたとしても、ギルは自分を客観視できずに感情的に行動し、さらに自分が他人に貢献したことを認めさせないと気がすまない嫌な人間であることに変わりはないので、あの結末になるしかないと言えばそうなのだ。

でも、ああいうオッサンてやっぱりどこにでもいそうだし、自分もそういう風になってしまう可能性はある。狂気に走っちゃうのって、あんまり人事じゃないんだよね、誰にとっても。何がきっかけでそうなるかは、わからんもんだから。もしかして自分で気付いてないだけで、もうおかしくなっているのかもしれないし。

映画『トゥルー・ロマンス』ネタバレ感想 どいつもこいつもいかれてる!
毎年一回は鑑賞したくなる好きな作品。てことで今年も観てしまった。何でこんな好きなのかっていうと、冴えない男の願望成就映画だからだろうか。個人的にはタランティーノの脚本をいじったトニー・スコット監督のエンディングで満足している。ネタバレあり。 ―1994年公開 米 121分―
映画『フォーリング・ダウン』ネタバレ感想 本当の異常者どもが町に大勢いる
暴走野郎、Dフェンスがある日、何もかもどうでもよくなって暴走を始める話。自分では抑制しているつもり、当たり前のことをしているつもりでも、日常の言動そのものが実はすでに、異常であるかもしれない。と、考えるなら、みんな愚犯者であり、異常者なのだ。それに気付かせてくれる力を持つのが、この作品の良さである。ネタバレあり。 ―1993年 米 118分ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました