スポンサーリンク

映画 七年の夜 ネタバレあらすじ結末 サスペンススリラーでホラーではない

スポンサーリンク

七年の夜

チャンドンゴンがイカレた父親を演じるサスペンススリラー。なかなか凄惨な話だけども、意味不明なホラー要素などが詰め込まれてて何がしたいのかよくわからない作品。ネタバレあり。

―2018年公開 韓 123分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:特集『のむコレ2018』にて上映。(KINENOTE)

あらすじ:事故で少女を殺してしまったヒョンスは、事故を隠すために少女をセリョン湖に投げ捨てる。少女の遺体は間もなく発見され、少女の父親である大地主のヨンジェは激しい怒りと狂気にかられ、真犯人を探し始める。(KINENOTE)

監督:チュ・チャンミン
出演:リュ・スンリョン/チャン・ドンゴン/ソン・セビョク/コ・ギョンピョ

ネタバレ感想

ラストまで適当なネタバレあらすじ

警備員のヒョンスは、家族のためにマンションを購入した。かなり無理をして買ったので、警備会社の社宅暮らしで、マンションは賃貸に出す予定。そんな彼が、セリョン村のダム警備に赴任することに。引っ越してくる前に村に来た彼は、湖畔の道路を車で走行中、少女をひいてしまう。虫の息の少女。恐ろしくなった彼は、少女にトドメを刺し、死体を湖にぶん投げた。この行為は誰にも、家族にも内緒だ。

殺された少女は、歯科医で村の名士である、ヨンジェ院長の娘だ。院長は奥さんに逃げられ、セリョンと暮らしている。暮らしているが、奥さんに未練タラタラで、彼女が相手にしてくれないどころか離婚までしたがっているので、とても怒っている。だから、奥さんに似ているセリョンに対して、いつも八つ当たり気味に暴力を振るっている。目下、虐待中だったあるとき、セリョンは家から逃げ出した。院長は追うが、途中で見失う。そして、ほどなくして、ミョンスがセリョン殺すことになるのだ。

湖からあがったセリョンの亡骸を見て、院長は激怒。必ずや犯人を抹殺すると誓う。そこで権力を駆使して警察から情報を得るなどして、一人、犯人探しを始めた。犯人はすぐに見つかった。そのとき、犯人ミョンスは、罪の意識から自首をしようとしていた。

しかし院長は、そんなことはさせんと、ミョンスをすぐに殺すのではなく、妻子を殺してミョンスを苦しめるだけ苦しめようという作戦にでる。で、まずはミョンスを捕まえて散々ボコりつつ、彼に息子のソウォンを拉致し、ダムの湖のど真ん中に放置したことを告げる。

しかも、ソウォンの放置されている付近はダムの水門を調整することで、時間がたつごとに水かさが増すように設定されていた。なんとか息子を助けたいヒョンスは血まみれになりながらも、隙を見て水門を調整する制御室へ向かう。追う院長。

仮にソウォンが死なないようにダムの水を放流すると、付近の村の半分が水の底になるらしい。それでもミョンスはソウォンを助けるのか。それとも村人のためにソウォンをあきらめるのか。ミョンスはソウォンを助ける選択をする。院長ともみ合ううちに、院長はダムに落ちてしまった。しかし、制御室の鍵はすでに院長に壊されており、ミョンスは中に入れない。

こうなったら素手でドアを壊すしかないと、ミョンスはやけになりつつドアノブに自分の拳をこれでもかというくらいに何度も何度もたたき、ついには制御室への進入に成功。無事水門を開けた。つまり、ソウォンは助けたが村人は殺した。ミョンスは大量殺人犯として逮捕され、死刑判決を受けた。

七年後。死刑が迫るミョンスはソウォンと面会して許しを請う。ことの真相を知ったソウォンだが、帰りに院長に拉致された。院長はミョンスが死刑になって人生を終えることが許せない。それよりも前にソウォンを殺してミョンスを苦しめてやろうと考えたのだ。

しかし、ソウォンを拉致ったはいいものの、院長はミョンスがムショで自殺したことを知る。ふざんけなボケカス芋。怒り心頭、自暴自棄になった彼は、ソウォンに自分と奥さんとの馴れ初めなどを話した。彼は自分の性格のせいなのか何なのか、最後まで奥さんに愛してもらえなかったのだ。そして、彼女の愛した娘も、彼女自身も、もうこの世にはいない。復讐相手も死んだ。

なので院長はソウォンの目の前で、自分の頭を銃で撃ちぬいて死んだ。

おしまい。

無駄なホラー要素が邪魔くさい

最初のほうは、過去と現在、どっちの描写をしているのかよくわからんシーンがあって理解するのに難儀したが、鑑賞しているうちにその辺のややこしさはスッキリ解消されるので、大筋が意味不明ということはない。

ただ、ヒョンスが親父を殺したのか、呪いをかけたのか知らんが、親父の死に罪悪感を感じて幻覚みることや、ソウォンに話しかけてくる謎の女(俺が理解してないだけかも)とか、本来かかわるはずがないソウォンとセリョンが遊んでいる描写とか、その他にもわけわからんシーンも多い。ホラー要素を入れたいのか、謎めかせたいのかよくわからんが、あの辺の演出が邪魔くさいだけで、ある意味では物語の興をそいでしまっているようにも感じる。

チャンドンゴンもヒョンスも糞

村の名士、チャンドンゴン扮する院長は、奥さんにほれていて、彼女からいずれ愛してもらえると思っていたのに、そうならなかった。そこは気の毒でもあるが、何で愛されなかったのかを考えない人なので、さほど同情はできない。ともかくこいつと、ヒョンスの屑人間ぶりが際立ち、どちらの行動にも共感できないし、ヒョンスに対しては苛立ちすら感じてくる。それは作品にイライラするのではなく、人物に対してイライラしてくるのだから、その意味では優れた作品ということなのかも。

ただ、誰も幸せにならない話であることはぜんぜんかまわないけども、さほど奥行きを感じるような人間描写があるわけでもないので、高評価という感じにはならない。

映画『ある母の復讐』ネタバレ感想 ラストは爽快だがハッピーではない
なかなか悲惨な母娘の話であった。ラストの展開はしてやったりと溜飲が下がりはするものの、母娘のその後の人生は、決して希望に満ちたものではないからねぇ。ネタバレあり。 ―2013年製作 韓 89分―
映画『アシュラ』ネタバレ感想 自暴自棄になると人間は強い
こりゃすごい映画だ。予告のセリフにあるように、飼い主が主人を噛む話である。そういう意味ではあのラストってなかなかハッピーエンドだよね。んなことないか(笑)。でも、小物だって使われてばっかじゃないんだぞって気概が伝わってくる気持ちのいい最後であった。血みどろだけど(笑)。ネタバレあり。 ―2017年 韓 133分―
映画 VIP 修羅の獣たち ネタバレ感想 ドラ息子に振り回される大人たち
北鮮の要人の息子で連続殺人事件の容疑者が韓国に亡命して事件を起こし続けている。彼の行方を追う韓国警察と国家情報院。そこにCIAと北鮮の保安省の人間が絡んでくるクライムサスペンス。ネタバレあり。 ―2018年公開 韓 128分―
映画『友へ チング』ネタバレ感想 チャン・ドンゴンのギラギラ感がよい
ジュンソクとサンテクの友情物語的展開なのだが、サンテクは単なるわき役。実はジュンソクとドンソクの似た者同士な男2人の青春刺し殺しムービーであった。ネタバレあり。 ―2002年公開 韓 118分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました