スポンサーリンク

映画『ザ・リチュアル いけにえの儀式』ネタバレ感想 

ザリチュアルいけにえの儀式
スポンサーリンク

ザ・リチュアル いけにえの儀式

序盤から中盤にかけては、なかなか不穏な感じが漂っていて楽しめる。小屋に入ってからの悪夢や人形とか、それらの謎が、どのように説明されるのかも気になるのでワクワクした。だが、細部の設定はあまり説明しきらずに、物語は終息してまう。そこが残念。ネタバレあり。

―2018年製作 ネットフリックス 94分―

スポンサーリンク

あらすじとスタッフ・キャスト

長年の友である4人の男達が、スウェーデンの森を抜けるハイキングの旅にでかける。数ヶ月前の悲劇を胸に歩みを進める彼らを、想像を絶する恐怖が待ちうける。(NETFLIX)

監督:デヴィット・ブルックナー
出演:レイフ・スポール/アーシャー・アリ/ロブ・ジェームズ=コリアー/サム・トラウトン

適当なあらすじ

主人公だけ浮いてる

昔なじみの友人5人が、バーみたいなところで旅行の計画を立てている。それぞれに意見があって、まとまってないようだ。主人公と思われる男は、イライラしている。話がまとまらんこともそうだが、旧友らをバカにしているような態度に見える。彼だけがなんか、浮いている感じなのだ。

主人公は友人を見捨てた

帰り道、主人公と旧友のうち一人が、ビールを買うためにコンビニに入る。すると、店には強盗が! とっさに隠れる主人公。一緒に店に入った友人は、強盗に暴力ふるわれて、殺されてまう。助けることもできず、主人公は物陰に隠れてやり過ごすのであった。

楽しいハイキングが悪夢の展開に

で、その友人の死を悼みながら、4人はスウェーデンへ。ハイキングをしている最中、メンバーの1人、ドム(ごめん、コイツ以外のメンバーの名前忘れた)が足を痛める。それで、通常ルートだと時間がかかるので、登山経験豊富ぽい男が、ルートにはない森を抜けて近道しようと提案。

4人は霧の立ち込める森の中に入っていく。彼らはその森の中で悪夢のような出来事に見舞われるのであった。

物語が展開し始めるのは、森に入って小屋に泊まるところから。彼らはここで、各々が凄まじい悪夢を見る。中には小便もらしてまう奴もいたくらいだ。

その小屋には、案山子みたいな感じの人形があって、何かの儀式が行われていたらしいが4人にはそれが、何なのかわからない。いずれにしても恐ろしすぎるので、何とか森を出ようとするのだが、どこまで行っても森からは出られない。やがて彼らは疲弊してきて、イライラしてきて、仲違いをするように。

てな感じで、4人は助け合いつつ、疑心暗鬼みたいな感じにもなりながら、森をうろちょろし続ける。そして、一人、また一人と謎の化け物に襲われはじめるのだ。

――というのが適当なあらすじ。

その後のネタバレ展開

その後の展開について一応、分かる範囲のネタバレをすると、終盤、生き残った主人公とドムは、森の中に怪しげな集落があり、そこに住む奴らが、彼らを襲ってきた化け物を崇拝していることを知る。その住人たちは、森で迷っている奴らを捕まえて、化け物に生贄としてささげているらしい。

ところが、化け物に傷をつけられた主人公に対しては、集落に残って住人の一人になるように命令というか勧誘というか、そういう運命なのだと説明しているように見えた。どうしてそうなるのかわからないが、化け物に選ばれた者という意味なんかもしらぬ。

で、最終的に、ドムは化け物のお供え物になって死亡。主人公はいろいろ抵抗して、集落の人を何人か射殺。化け物はしとめることができなかったものの、何とか一人、森から脱出することに成功して劇終である。

ネタバレ感想

この話、無理やりこじつけるなら、主人公の成長物語として見られなくはない。強盗に襲われる友を助けられず亡くしてしまい、過去に負い目みたいのを感じている彼が、化け物に襲われてからは、仲間を助けようといろいろと頑張るからだ。けっきょくその頑張りは報われないものの、過去の思い出を振り切ろうとする意気込みは感じられた。

しかし、そうだとしては、人物たちの絡みが中途半端だ。なぜ主人公が序盤、仲間たちに苛立ちを見せていたのかの真意も説明されない。そして、どうして4人そろって悪夢を見てしまうのかとか、そもそもあの集落の人たちは何なのかとか、ようわからん部分が多い。てなことで、やっぱり残念な作品である。

この作品を鑑賞したことで、なぜかニコラス・ケイジ主演のリメイク版『ウィッカーマン』というホラーを思い出した。ちなみに、オリジナルは観たことない。

ザ・リチュアルは、ネットフリックスで鑑賞できます。

映画『デビルズ・メタル』ネタバレ感想 ヘヴィメタ男子の青春成長ホラーコメディ
ニュージーランドの映画とか初めて観たかも。ヘヴィメタ好きな高校男子とその仲間が偶然手に入れた悪魔の楽譜の曲を演奏したことで、悪魔と血みどろの死闘を繰り広げる下ネタグロシーン満載のホラーコメディ。ネタバレ少し ―2016年 86分 新―
映画『サイレン SiREN(2016)』ネタバレ感想 リリスの歌に惑わされる洋画ホラー
題名はギリシア神話に出てくる怪物、セイレーンのことみたい。細部に謎シーンが多いし、さほど怖さも感じない内容で、個人的には残念作品であった。ネタバレあり。 ―2016年製作 米 82分―
映画『ウィッチ』ネタバレ感想 信仰心と魔女を題材にした話の結末は?
ウィッチ キリスト教に対する信仰心や、魔女の話を題材に、直接的な恐怖描写をせず人間の内面に恐怖心を植え付けてくる内容になっているところが、この物語の面白味であったと思う。ネタバレあり。 ―2017年公開 米 93分― 解説:「スプ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました