スポンサーリンク

映画 PROSPECT プロスペクト ネタバレ感想 美少女とオッサンの奇妙な交流

スポンサーリンク

PROSPECT プロスペクト

貧乏な親子が一獲千金を狙ってある星に向かう。採掘が難しいある貴重な石みたいのを手に入れることを目的に。しかし、事はそう簡単に運ばずに、親子は苦境に陥るのであった。ネタバレあり。

―2019年公開 米 97分―

スポンサーリンク

解説・スタッフとキャスト

解説:デイモンと娘のシーは希少な宝石を収穫するため、汚染された危険な惑星に向かうが、その惑星には何者かが潜み親子に危機がせまる。生き残りをかけた彼らに待ち受ける運命は……。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。(KIENOTE)

監督・脚本:クリス・コードウェル/ジーク・アール
出演:ソフィー・タッチャー/ジェイ・デュプラス/ペドロ・パスカル

超適当なネタバレあらすじ

デイモン親父は娘のシーが落ち着いた生活をしたいと思っているのにそれをスルーして、一獲千金を狙っている。ある貴重な石を採掘するためにやってきた星で、二人は計画を実行しようとするものの、目標とするポイントとズレた地点に宇宙ポッドは不時着してしまった。

女王の巣と呼ばれる地点が目標だったのだが、そこまでは少し距離がある。そこに向かうと、傭兵たちが二人を待っている。彼らに採掘した石を献上するとけっこうな金がもらえるらしい。てなことで、目的地に足を運ぼうとする二人だったが、その途上、怪しげな二人組の男と遭遇。いろいろあって、なんとデイモンは二人組のうちの一人と撃ち合いになって、相手を倒したものの、自分も殺されてしまう。

シーは何とか逃げるものの、もう一人の男に捕まる。で、いろいろあった後、男の提案で二人はタッグを組んで傭兵たちの待つ女王の巣へ向かうことに。デイモンの代わりにその男が採掘をするのだ。しかし、この男はシーが撃った銃によって右腕を負傷。いろいろあって、片腕になってしもうた。そんなんで採掘できるのかよと思うのだが、まぁいろいろあって、自分の親父を殺した男と、シーは少しずつ心を通わせるようになっていく。

いろいろあって、女王の巣に着いた二人。傭兵たちは野蛮人みたいな奴らで印象悪い。まぁでも採掘しないと話にならんので、頑張る二人。でも、やっぱり片腕だからうまくいかないのか、石を取り出せない男。シーも試してみたけど、失敗。怒った傭兵たちと戦闘になってまう。

で、いろいろあって奴らを撃退したはいいものの、男は重症。彼はシーに自分は見捨てていいから一人で逃げろと言うのだが、何を思ったかシーは、彼に応急手当をして傭兵たちのポッドに乗せて、二人で星から脱出したのであった――というのが超適当すぎるあらすじ。

ネタバレ感想

この映画は何なんでしょうか(笑)。何を見せたかったんだろうか。さっぱりわからんのである。短くまとまっているから最後まで鑑賞に耐えるものの、俺の心に残るものは特になかった。自分の親を殺した相手と娘の絆の深まりを描きたかった? にしてはなんか二人の距離の近づき方が唐突な感じもする。ただ、オヤジよりはこの男のほうが、シーの好きなものなどに興味を示して話を聞いてやったりはしていたので、その辺の、複雑な人間心理を描いていたーーわけねぇよな(笑)。

けっきょく一獲千金もフイになっちまって親父も死んじまって、新たな親父替わりを手に入れた少女は、あの後、どういう人生を送ったんだろうか。まぁどうでもいいんだけど(笑)。唯一いいなぁと思ったのは、シーを演じた女優さん=ソフィー・タッチャーが美少女なところだ。きっと近い将来、美人さんになるだろう。売れっ子になれるといいね。よう考えると、この娘さんが頑張るところを中年の俺は微笑ましく観ていたので、本作はこの娘のプロモーション映画ってことなんかもね(笑)。

映画『メッセンジャー(2017)』ネタバレ感想 地味な展開に眠くなるSF
パッケージのあおり文句にホイホイ食いついて鑑賞してみると、あれまぁ、これは酷い。全編通して睡魔と戦わざるを得ない眠気増幅作品であった。で、あの球体はいったいなんだったのだろうか。ネタバレあり。―2017年製作 米 103分―
映画『インタースペース』ネタバレ感想 つまらなすぎて困っちゃう宇宙SF
原題はSOMNUS。ローマ神話の眠りの神のことらしい。そのご加護もあってか、実に眠たくなるSF作品である(笑)。1.5倍速くらいでの鑑賞をオススメしたい。そのくらいの時間なら何とか眠らずに劇終を迎えられるはずだ。ネタバレあり。 ―2016年公開 英 83分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました