スポンサーリンク

映画『マザー!』ネタバレ感想 神と人間、地球と人間の基準は同じか

スポンサーリンク

マザー!

何の前知識もなく鑑賞したこともあって、ラストまでチンプンカンプンな作品であった。あとからいろいろ調べてみると、聖書の内容が下敷きになっているらしい。そう言われてみると、確かになるほどな内容だったけど、作品化したことにどういう意図があるのかは、俺にはさっぱりわからない。ネタバレあり。

―2017年製作 米 121分-

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督による、ジェニファー・ローレンスとハビエル・バルデム共演のサイコ・ミステリー。郊外の一軒家に暮らす夫婦の下に、ある日突然、謎の訪問者が現れる。翌日以降も訪れる訪問者たちを次々と受け入れる夫に、妻は恐怖を募らせ……。共演は「スノーピアサー」のエド・ハリス、「マラヴィータ」のミシェル・ファイファー。(KINENOTE)

あらすじ:郊外の一軒家に暮らす一組の夫婦。ある夜、突如現れた不審な訪問者によって、彼らの穏やかな生活が一変する。翌日以降も次々と現れる謎の訪問者たち。そんな招かれざる客たちを拒む素振りすら見せずに招き入れる夫(ハビエル・バルデム)の行動に、妻(ジェニファー・ローレンス)は不安と恐怖を募らせる。訪問者の行動は次第にエスカレートし、常軌を逸した事件が相次ぐ中、彼女は妊娠して母親になるが、そこには想像もつかない出来事が待ち受けていた……。果たして、すべては現実なのか?それとも彼女の妄想なのか……?(KINENOTE)

監督・脚本:ダーレン・アロノフスキー
出演:ジェニファー・ローレンス/ハビエル・バルデム/エド・ハリス/ミシェル・ファイファー

ネタバレ感想

ネタバレできるほど内容を理解してないが、冒頭に書いたように、『聖書』が物語の下敷きになっているとのこと。そう考えると、兄弟殺しのエピソードはカインとアベルの話だったんだろうなとか、わからぬでもない。

だけどなぁ。なんなんすかね、この作品。最後まで観ていられるくらいの面白さはあるんだけども、ただそれだけ。心の中では「早く終わんないかなぁ」と思っていた。観るのをやめたくならない水準ではあるってことはすごいんだけど。

いろいろなネタバレサイトを読ませてもらった感じだと、地球にとって人間は害悪な存在であるとか、おろかな人間は、何度初めからやり直しても、同じコトを繰り返す――的なメッセージがこめられているという解釈もあるそうだ。

そうなのかぁ。俺にはぜんぜんわからなかった。その癖に腐すのはどうかと思うけど、地球にとって人間が害悪かどうかって考えられるのは、人間側の尺度があるからであって、地球にとってみれば、人間が何をどうしようが、地球の環境を汚染しようが、屁でもないと思うんだけど。そもそも、「汚染」とか「環境破壊」という基準が、人間の尺度なんだから、地球がそれをどう感じるかなんて、人間にはわかりようもない。

神様が次の人類に期待して新たな創造を繰り返し続けることだって、そもそも、善悪の基準そのものが人間が作り出しているわけだから、神様も人間と同じ善悪でものを考えるってことにしたら、神様=人間って言っちゃっているようなもんではなかろうか。善悪の基準は絶対的な真理にはならんと思うわけで。

てなことで、楽しめない映画でありました。そういえば、ミシェル・ファイファーを久しぶりにみたけど、若き日の面影があまり感じられないほどに老けてしまっていたなぁ。そう考えると、ダイアン・レインが未だに美しいのは、本当にすごいことだ。

善悪を超えた言葉を獲得するために、みんな人間であることをやめよう。

映画『美しい星』ネタバレ感想 美しさの基準を決めたのは誰か
この映画では細部によくわからんことがある。中でも一番大きな謎は、こいつらは結局、宇宙人なのか地球人なのかどっちなの? ということだ。でも、それってどうでもいいことなんだろうと思う。ところどころ笑えるし、奥行きを感じる面白さのある作品でした。ネタバレあり。―2017年 日 127分―
映画『パラダイム』ネタバレ感想 カーペンター監督の謎めいたホラー
ジョン・カーペンター大先生の作品。わかりづらい話だが、ホラーとして単純に面白い。一応自分なりの解釈があるので、そのお話を。邦題がヒントになっている。ネタバレあり。 ―1988年公開 米 102分―
映画『ウィッチ』ネタバレ感想 信仰心と魔女を題材にした話の結末は?
キリスト教に対する信仰心や、魔女の話を題材に、直接的な恐怖描写をせず人間の内面に恐怖心を植え付けてくる内容になっているところが、この物語の面白味であったと思う。ネタバレあり。 ―2017年公開 米 93分―

きれいなダイアン・レインが拝める映画 ↓

映画『ボンジュール、アン』ネタバレなし感想 ダイアン・レインが素敵
平たく言うと、大人の男女がつかの間の恋を楽しむ映画という感じだろうか。『ストリート・オブ・ファイアー』の時代からだいぶ年を重ねて、さらに魅力的になった素敵なダイアン・レインが観たい人には、是非オススメです。ネタバレなし。 ―2017年公開 米 92分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました