スポンサーリンク

映画 ソードオブデスティニー ネタバレ感想 碧名剣を巡る物語

スポンサーリンク

ソード・オブ・デスティニー

『グリーンディスティニー』の続編。秦王朝時代に製造されたという名剣、「碧名剣(グリーンディスティニー)」を巡る、ワイヤーアクション武侠映画。ネタバレあり。

―2016年公開 中=米 100分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:2001年に行われた第73回アカデミー賞で外国語映画賞など4部門を受賞した『グリーン・デスティニー』の続編として、アメリカの映画会社ワインスタイン・カンパニーが制作をスタート。中国の作家王度盧(ワン・ドゥルー)の 武侠小説『鶴鉄五部曲』の中から最終巻『鉄騎銀瓶』を原作としているが、実際の内容はそれほど原作に忠実ではない。『グリーン・デスティニー』でユー・シューリン(兪秀蓮)を演じたミシェール・ヨーが役をそのままに続投。新たな役として、兪秀蓮のいいなづけであったサイレントウルフことメン・スージョウ(孟思昭)にドニー・イェン、アメリカのドラマで有名になったハリー・シャム・ジュニアが出演した。またオリジナル音声が英語であるため、スノーヴァース(雪瓶)を演じたオーストラリアのモデルナターシャ・リュー・ボルデッツォをはじめ、中国系アメリカ人やベトナムなど多国籍のキャストが参加した。2016226日にネットフリックスよりオリジナル作品として世界同時配信されている。また中国大陸ではIMAX3D3Dとして219日に、香港で218日、アメリカにおいても226日に劇場公開された。公開に際しては中国では普通話に、香港では広東語に吹き替えられている。日本でのソフト発売は未定。(wikipedia

ストーリー:リー・ムーバイの死から18年。武林を離れ隠居していたシューリン(ミシェール・ヨー)はムーバイの碧銘剣(グリーン・デスティニー)を預けたティエ家の当主の葬儀の為北京に向かっていた。道中謎の集団に襲われたシューリンは、突然現れた覆面の男の加勢を得て賊を返り討ちにする。武林界の一派ウェスト・ロータスの拠点では、若い女、スノーヴァース(ナターシャ・リュー・ボルデッツォ)が入門と偽りヘイデス・ダイ(ジェイソン・スコット・リー)の命を狙うが失敗。逃げた彼女が次に姿を表したのはティエ家の葬儀に参加する1人としてである。その佇まいになにかを感じ取るシューリン。ヘイデスはムーバイの残した伝説の剣グリーン・デスティニーを手に入れ、武林界の頂点に立つことを狙っていた。 盲目魔女の予言によって剣を盗む役目に任命されたのは、孤児として剣客アイアンクロウ(ロジャー・ユアン)に育てられた一派の若者ウェイ・ファン(ハリー・シャム・ジュニア)。彼が屋敷に忍びこむともう1人の賊が同じ剣を狙っていた。音を立てずに争う2人。しかしウェイ・ファンの上着が破れ、肩にあった痣を見た瞬間、相手はうろたえて花瓶を割ってしまう。その音に屋敷内が騒然とする中、すぐさま覆面を取ったもう1人の正体は弔問客のスノーヴァースであった。捕えられたウェイ・ファンはシューリンの提案により処刑されずに檻に入れられる。そしてグリーン・デスティニーを手にしたシューリンに軽くあしらわれたスノーヴァースは彼女に弟子入りを申し込む。剣が狙われていると知ったシューリンは用心棒のために義士を募った。その報せに名乗りをあげたのは4人の剣客と、サイレントウルフと呼ばれる男。彼こそかつてシューリンの許嫁でありヘイデスとの対決で死んだはずのメン・スージョウ(ドニー・イェン)。道中彼女を助けた覆面の男であり、彼女とムーバイが愛し合っている事に気がつき、2人の為にわざと死んだことにして身を引いて、長い間山中で修業を続けてきたのだという。伝説の剣グリーン・デスティニーをめぐる過去の因縁と運命の糸が綾なす宿命は、やがて4人をヘイデス一派との戦いへとむかわせるのだった。(wikipedia

監督:ユエン・ウーピン
出演:ミシェール・ヨー/ドニー・イェン/ハリー・シャム・ジュニア/ナターシャ・リュー・ボルデッツォ

ネタバレ感想

碧名剣は秦王朝時代に製造された名剣で、作中の時代ではもう作れないロストテクノロジーによるものらしい。その芸術的とも言える作品を手に入れたい輩と、それを守ろうとする人たちがジタバタする内容。

アカデミー賞を受賞した前作は未見で鑑賞。それでも内容は把握できるので特に問題ないかと。俺は香港のカンフー映画とか好きでよく観るけど、ワイヤーアクション使いまくっている演出はあまり好きではないので、前作は鑑賞していなかった。チョウ・ユンファは名優だけど、格闘アクションの人じゃないからね。ミシェル・ヨーは『ポリス・ストーリー3』なんかを若い頃に劇場で鑑賞しているので好きな役者だけども、まぁともかく前作は興味なくてスルーしていたのだ。

では何で本作を鑑賞したかといえば、そりゃもう、ドニー・イェン大先生が出演しているからだ。で、観てみたらベタな展開とはいえ、けっこう楽しめた。ある意味でストーリーなんかどうでもよくて、ミシェル・ヨーとドニー先生のアクションを観たかっただけなんで、満足した。

この2人以外にも、先日鑑賞した『ハイ・フォン ママは元ギャング』で主演をしていたヴェトナムの女優さんが敵役で出ていた。そして、ドニー扮するサイレントウルフ(英訳すると名前ダサい笑)の下に集まる4人の武侠戦士のうちの一人にも女性がいて、あとは主役かと思わせるくらいに物語に大きくかかわるスノーヴァース(名前ダサいw)という女優さん。

みんなアクションできるし、美人なのである。そこがいい。特に、スノーヴァースの人はメチャ鼻が高くて目があんまパッチリしてないんだけど、かなり美人である。目を閉じてる時がまたいい。

開いているときよりも美人である。ということで、心に残った女優さんであった。だが、たまに尾川光博に似て見える時があって、その瞬間は萎える(笑)。

この作品はネットフリックスで鑑賞できます。

映画 ハイフォン ママは元ギャング ネタバレ ベトナム産格闘アクション
ヴェトナム産の格闘アクション。ネットフリックス配信作。都会のホーチミンと田舎町の風情を感じながらアクションも楽しめる。暇つぶしにはちょうどいい尺なので鑑賞しやすい作品です。 ―2019年制作 越 97分―
映画 イップ・マン外伝マスターZ ネタバレ感想 マックスチャン再び
前作でマックスチャンの詠春拳に痺れたので、ラストバトルのデイヴバウティスタとの対決が一番興奮した。イップ・マンに敗れたチョン・ティンチのその後を描く、彼の成長物語。ネタバレあり。―2019年公開 香=中 108分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました