スポンサーリンク

映画『レディ・プレイヤー1』ネタバレなし感想

スポンサーリンク

レディ・プレイヤー1

―2018年公開 米 140分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:日本のアニメや特撮を含む1980年代のポップカルチャーを盛り込んだベストセラー小説『ゲームウォーズ』をスティーヴン・スピルバーグが映画化。仮想世界オアシスが人気を集める近未来。その開発者の遺産を巡り、17歳のウェイドが壮大な冒険に乗り出す。出演は「X-MEN:アポカリプス」のタイ・シェリダン、「ぼくとアールと彼女のさよなら」のオリヴィア・クック、「スター・トレック BEYOND」のサイモン・ペッグ。(KINENOTE)

あらすじ:西暦2045年。貧富の差が激しくなった世界では、人類の歴史を変えたバーチャルネットワークシステムオアシスの中に存在する理想郷だけが若者たちの希望となっていた。そこでは、想像したことすべてが現実になり、誰でも何にでもなれたのだ。そんなある日、突如、オアシスに世界へ向けてメッセージが発信される。それは、この仮想世界を開発し、巨万の富を築いたジェームズ・ハリデーの死を伝え、オアシスに隠された謎を解き明かした者にすべての遺産を譲り渡すというものだった。その秘密を巡って幕を開ける激しい争奪戦。荒廃した街で暮らし、オアシスを唯一の居場所としてきた17歳の少年ウェイド(タイ・シェリダン)もその争奪戦に加わる。だが、その過酷なレースを支配しようと、巨大な組織が姿を現す。謎の美女アルテミスや仲間たちとの出会いを経験したウェイドは、果たしてその陰謀を阻止し、仲間と共に世界を守ることはできるのか……(KINENOTE)

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン/アーネスト・クライン
原作:アーネスト・クライン:(『ゲームウォーズ』(SB 文庫))
出演:タイ・シェリダン/ベン・メンデルソーン/オリヴィア・クック/サイモン・ペッグ/マーク・ライランス/森崎ウィン/T.J.ミラー/ハンナ・ジョン・カーメン

ネタバレなし感想

公開時に劇場で観られなかったので鑑賞。事前の期待値が高かったせいか、長尺すぎて退屈に感じた。自分も知ってるキャラはたくさん出てきたけど、オリジナル作品で活躍するわけでないんだから登場されても別にワクワクもしない。

例えば、『プレデター2』みたいに作品世界がエイリアンの世界とつながっていた! みたいなことではないからね。もちろん、そんなことを描きたい作品ではないのはわかってるんだけど。

近未来を予見した世界観はよしと思うけど、特筆するほどの面白味はなかった。なんで自分がこの作品に公開前から期待していたのか、その辺が自分でもよくわからん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました