スポンサーリンク
映画

映画『イレブン・ミニッツ』ネタバレなし感想 ラストは意外な結末。その意味は?

それぞれの登場人物の11分間を描き、ラストに意外な結末を迎える物語。サスペンス的群像劇と言えばそうなんだけど、そうでもないような気もする。大きなネタバレはしません。この映画を観ようか迷っている人に対しての参考になるような感想程度にしておく。 ―2016年公開 波=愛 81分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画『誘拐捜査』ネタバレなし感想 ラストまで淡々と話が続いて終わる

本作でけっこう面白かったのは、アンディ・ラウの出演作『ゴッド・ギャンブラー』の話が出てきたりして、ちょっとメタ的な演出があったところだろうか。実話をもとにした作品だそうです。ネタバレなし  ―2015年製作 中 106分―
映画

映画『ダーク・プレイス(2015)』ネタバレ感想 ラストで美人になるシャーリーズ・セロン

ゴミ屋敷(てほどでもないが汚い)に住み、ヨレヨレで穴だらけのシャツを着たシャーリーズ・セロンが観たい人にはオススメ(笑)。ちなみに彼女が美人に見えるのは、ラストだけです。もちろん個人的意見です。ネタバレあり。 ―2016年公開 英 仏 米 113分―
スポンサーリンク
映画

映画『コロニア』ネタバレなし感想 エマ・ワトソン可愛い 

実話を基にした作品だそうです。物語の背景を知っていると違和感なく鑑賞できるけども、コロニア・ディグニダなる施設に対する前知識がなかったので、よくわからん部分も多かった。いずれにしても、こういう集団が実在してたってことが恐ろしいのである。ネタバレなし。 ―2015年公開 独・仏・ル 110分―
映画

映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』ネタバレなし 特に新しさはない

ラスト近くで主人公が大衆に語りかけるシーンがあるけど、現在はそういう言葉が通用しそうもない世の中なんではないか。そういうことを描いているのかと思いきや、この作品では、最終的に生の言葉が人の心を動かしている。それが表すものとは何か。ネタバレなし。 ―2017年 米 96分―
存在とかへの私的な疑問

映画『アイ,ロボット』ネタバレ感想 ラストから予想できる、新たな戦いの予感

「俺はロボットだ!」ってそんなん言われなくてもわかっている(笑)。わかっているんだけど、こういう作品を観ているとロボットと人間の存在の在り方としての違いってなんだろうと思わされる。てなことで、作品内容に触れつつそんな話を。ネタバレあり。 ―2004年公開 米 115分―
SF

映画『13F』ネタバレ感想 仮想現実で存在する人にはそこが現実だ

『マトリックス』と同年に製作された、仮想現実ものの作品。『マトリックス』のようなアクションもないし、全体的なヴィジュアルも至って地味な感じだけども、最後まで楽しみながら観られるうえ、わかりやすくきちんと物語が完結している良作です。ネタバレ少しだけ。 ―1999年製作 米 100分―
映画

映画『グラウンドブレイク 都市壊滅』ネタバレなし感想 実話をもとにした群像劇

1988年にアルメニアで実際に起きた地震をもとにして製作された映画。タグにノンフィクションを入れているのは、描かれているドラマが実話が下敷きになっているようなので。ネタバレなし。 ―2016年製作 芽・露 105分―
スポンサーリンク