スポンサーリンク
アクション

映画 ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い ネタバレ

ともかく、登場人物が全員バカ。突っ込みどころばっかだけど、つまらわないわけでもない。テレビつけたらやってたから見た、くらいのゆるい感じで鑑賞するのがちょうどいい作品。
映画

映画『捕らわれた女』 こんなエンドロール、見たことない!(ネタバレ)

サスペンスかと思ったら、全然違った(笑)。まぁでも、淡々と物語が続くものの、最後まで見ようと思わせてはくれる作品だとは思う。細部に突っ込みはいろいろあるものの、作品自体にそこはかとない静謐さが漂っていたこともあって、まぁ、いいかなと思えた。しかし、エンドロールがそういう気持ちを台無しに・・・(笑)。
映画

映画、フェリーニの『道』

切なくてとてもいい作品 。曲がいい。クイン扮するザンパノは、胸に巻いた鎖を胸筋の力でぶっちぎるという大道芸人。その割に、肉体はブニョブニョ(笑)。知的障害がどうのと紹介されているが、そのような白痴さは窺えないジェルソミーナ・・・
スポンサーリンク
アクション

映画『沈黙の陰謀』 スティーブン・セガール これは黙らざるを得ない!(ネタバレ) 

セガールっていつも上から目線だよね(笑)内容はかなり酷い。セガールは細菌学の権威で、元々政府お抱えの機関で働いていたという過去(政府がらみのいつものパターン)があるのだが、学者の癖してなぜかやたらに強く、軍人をいとも簡単にボコる武芸の達人である。そして学者なのに、なぜか軍人に偉そうに命令ができる。 い
中国映画(香港・台湾ふくむ)

レスリー・チャン 映画『欲望の翼』 『カルマ』

『欲望の翼』実にいい映画である。青春映画だし、恋愛映画でもあるし、退廃映画というか、主人公がそういう人なのである。刹那的で、怠惰で、腐っている。『カルマ』ホラーであり、トラウマ克服映画である。個人的には面白く見た。それは幽霊云々ではなくて、登場人物になぜか好感を持ったからである。カリーナ・ラム演じる女性はヒステリー・・・
映画

映画『その男ゾルバ』 人生讃歌である! 楽しいのである! 

イライラしたり気分悪くなるシーンが多々あって、ドンヨリしたラストなのかなって思ってたら最後は笑って踊って清清しく終ったのである。実に気分が浄化され、救われた気持ちになるラストだった。ゾルバ万歳!
アクション

映画『リトルトウキョー殺人課』 ドルフラングレンVSヨシダ(笑) ネタバレ

ヨシダハドコダー!! ドルフのインチキ日本語は必見。イントネーションもくそもない棒読み台詞の「ヨシダハドコダー!」。それ以外に聞き取れる日本語はない。
バイオレンス・クライム

映画『シティオブゴッド』 輝ける殺し屋ども=子供(ネタバレ)

スラム街のギャング達の生活を実話を元にして構成した映画。イキイキとした子供たちも次代のギャング予備軍で、拳銃を片手に誰を殺すかをまるで冗談のように話し合う。しかし、彼らの日常の中にも、どこか輝いた部分があるのは確かだろう。そうは言ってもこうしてあーだーこーだ感想を書ける環境に生まれた偶然と奇跡に感謝。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました