「 ヒロイン 」一覧

映画 インビジブル 暗殺の旋律を弾く女 ネタバレ感想

映画 インビジブル 暗殺の旋律を弾く女 ネタバレ感想

盲目のピアニストが自分の家族を殺した男の暗殺を企てるリベンジムービー。ピアニストの戦闘力が高いわけではないので、アクション要素はほとんどないサスペンスドラマ仕立ての内容になっている。そこんとこは好みが分かれるかも。ネタバレあり。 ―2018年公開 英=米 101分―

映画 ハンニバル ネタバレ感想 内臓ドバドバ 脳みそソテー

映画 ハンニバル ネタバレ感想 内臓ドバドバ 脳みそソテー

『羊たちの沈黙』の続編。公開当時はけっこう話題になってたと思うし、シリーズ化されている有名作品だけど、1作目以外は未見だったので鑑賞。サスペンススリラーというよりはコメディ的な楽しさがある。特にクライマックスの会食シーン(笑)。ネタバレあり。 ―2001年公開 米 131分―

映画 失われた少女 ネタバレ感想 少女失踪事件の結末は?

映画 失われた少女 ネタバレ感想 少女失踪事件の結末は?

少女時代に失踪した親友を捜すために刑事になった女性が、事件を再捜査することで事の真相に迫っていく。女性同士の友情映画ってあんま観たことないので新鮮。美人がいっぱい出てくるところもよい。ネタバレあり。 ―2018年製作 亜=西 103分―

映画 女神の見えざる手 ネタバレ感想 ラストまで目が離せない良作

映画 女神の見えざる手 ネタバレ感想 ラストまで目が離せない良作

これはなかなかすごい物語だ。知能が高い主人公が先を読んでテキパキと動いていくので、何だかよくわからないシーンもあるが、自分の日常とはかけ離れた世界で仕事をする人間たちの生き様が垣間見える良作であった。ネタバレあり。 ―2017年公開 仏=米 132分―

映画 アンセイン ネタバレ感想 どいつもこいつも異常者ばかり

映画 アンセイン ネタバレ感想 どいつもこいつも異常者ばかり

シリアスかつ社会派な内容の映画のようで、ストーカーにまつわるスリラー映画にも見える作品。おそらく両方を意図して製作されたのかもしらん。ラストのオチを観るに、やっぱりスリラーなのかな? まぁそれはどっちでもいいのだ。面白いから。ネタバレあり。 ―2018年製作 米 98分―

映画 デイ・アフター(2017)ネタバレ感想 監禁ウィルス終末サスペンス

映画 デイ・アフター(2017)ネタバレ感想 監禁ウィルス終末サスペンス

やばいっす。超つまんねぇ。何回寝落ちしたかわからない。ともかく退屈すぎて、すぐに睡魔が襲ってくる。であるからこの感想も、細部に触れることはできない。というか、細部に触れる必要もないくらい、どうでもいい映画である。ネタバレあり。 ―2017年製作 独 85分―

映画 勝手にふるえてろ ネタバレ感想 綿矢りさ原作のラブコメディ

映画 勝手にふるえてろ ネタバレ感想 綿矢りさ原作のラブコメディ

よくよく考えるとかなりウザいキャラでもある主人公だが、きちんと感情移入できるキャラとして描写しているのは、なかなかすごいと思う。それぞれの人間がそれぞれにクズな部分を有しながら、それでも関係を崩さずに日々を生きているという意味で、なかなかリアルな話でもある。ネタバレあり。 ―2017年公開 日 117分―