「 友情 」一覧

映画 チング永遠の絆 ネタバレ感想 ジュンソク再び

映画 チング永遠の絆 ネタバレ感想 ジュンソク再び

『友へ チング』の続編。ドンス殺しの罪で17年間服役していたジュンソク。幼馴染の女性の息子=ソンフンがチンピラになっていることに気を病んでいて、彼女の相談に乗ってやり、ソンフンを舎弟として迎え入れる。だが彼は、ドンスの息子だったのである――ネタバレあり。 ―2014年公開 韓 122分―

映画 暗戦 デッドエンド ネタバレ感想 アンディラウ対ラウチンワン

映画 暗戦 デッドエンド ネタバレ感想 アンディラウ対ラウチンワン

ジョニー・トー監督作品。泥棒のチャン(アンディ・ラウ)と、ワーカホリック刑事のホー(ラウ・チンワン)の対決を描いたクライム・サスペンス。お互いを好敵手と認め合い、相手の上を行こうと火花を散らす中で、2人の間に芽生える友情物語とも言える。ネタばれあり。 ―2000年公開 香 93分―

映画 新しき世界 ネタバレ感想 韓国ノワールの傑作

映画 新しき世界 ネタバレ感想 韓国ノワールの傑作

ヤクザ企業の跡目争いと、その組織に潜入している刑事の苦悩を描いた、忘れた頃に観たくなる韓国ノワール作品の傑作。登場人物たちの存在感がすごい。ネタバレあり。 ―2014年公開 韓 134分―

映画 ボーダー ネタバレ感想 デニーロとパチーノが共演しているだけ

映画 ボーダー ネタバレ感想 デニーロとパチーノが共演しているだけ

パチーノとデニーロがコンビで主演を務めているという以外に優れたところを見つけるのが難しい作品。オチも何となく読めちゃうしね。まぁでも、2人の共演を観たい人には、いいのではないだろうか。ちゃんと同じ画面に映ってるしね。ネタバレあり。 ―2010年公開 米 101分―

映画 失われた少女 ネタバレ感想 少女失踪事件の結末は?

映画 失われた少女 ネタバレ感想 少女失踪事件の結末は?

少女時代に失踪した親友を捜すために刑事になった女性が、事件を再捜査することで事の真相に迫っていく。女性同士の友情映画ってあんま観たことないので新鮮。美人がいっぱい出てくるところもよい。ネタバレあり。 ―2018年製作 亜=西 103分―

映画 マンハント(2017) ネタバレ感想 ジョン・ウーらしいアクション作品

映画 マンハント(2017) ネタバレ感想 ジョン・ウーらしいアクション作品

ジョン・ウー監督が日本を舞台に撮影したサスペンスアクション。『君よ憤怒の河を渉れ』という小説を下敷きにした内容だが、ストーリーに見どころは少なく、荒唐無稽なアクションシーンを楽しむだけの作品。そういう意味ではジョン・ウー節は健在というところか。ネタバレあり。 ―2018年公開 中 110分―

映画 ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官 ネタバレ感想

映画 ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官 ネタバレ感想

香港映画によくある潜入捜査もの。序盤、女性捜査官の言動がコミカルなので、もしかしたらその路線のおふざけ映画かと嫌な予感がしたが、その後はきちんと期待通りのシリアス展開になっていくので安心した。安心したんだけども、内容は別に面白くない。ネタバレあり。 ―2017年公開 中=香 109分―

映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ネタバレなし感想

映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ネタバレなし感想

野心家のジェホと頭の切れるヒョンスの絆を描いた友情・愛憎物語であり、信頼と裏切りの物語。期待通りに楽しませてくれる暴力映画であった。韓国のノワール作品は毎年のように質が高いものが量産されてて、本当にすばらしい。ネタバレなし ―2018年公開 韓 120分―

映画『ザ・ミッション 非情の掟』ネタバレ感想 ジョニー・トー監督の傑作

映画『ザ・ミッション 非情の掟』ネタバレ感想 ジョニー・トー監督の傑作

ジョニー・トー監督の名作にして傑作。年に1度は観たくなる。合計何回鑑賞しているのか覚えてないくらいだが、いつも楽しめる素晴らしい作品。ガンアクションや男の友情的な話が好きな人にはぜひおすすめしたい。ネタバレあり。 ―2001年公開 香 81分―