「 刑事もの 」一覧

映画 ブロークンシティ ネタバレ感想 キャストが豪華なクライムサスペンス

映画 ブロークンシティ ネタバレ感想 キャストが豪華なクライムサスペンス

楽しめるクライムサスペンス。腹黒いクズ人間な市長を演じるラッセルおじさん。彼の役者術の妙もあって、とても嫌な、嫌な奴に見える。だから、マーク・ウォルバーグに感情移入して、市長をぶっ潰す瞬間を見届けたくなるわけだ。ネタバレあり。 ―2013年公開 米 109分―

映画 ザスクワッド ネタバレ感想 暴力刑事ジャンレノvs強盗団

映画 ザスクワッド ネタバレ感想 暴力刑事ジャンレノvs強盗団

ジャン・レノの作品とか久しぶりに鑑賞した。物語中盤くらいの市街地の銃撃戦などは『ヒート』の影響を感じる。あれと比べるとだいぶ小粒な作品だけど、それなりに楽しめます。ネタバレあり。 ―2017年公開 仏=英 92分―

映画 デッドエンド 暗戦リターンズ ネタバレ感想 ホー刑事再び

映画 デッドエンド 暗戦リターンズ ネタバレ感想 ホー刑事再び

ホー刑事が今作で相手をするのは、イー・キンチェン扮する泥棒。前作の敵役であったアンディ・ラウと比べるとちょっと存在感が物足りない印象。で、ホー刑事がその相手に振り回されているだけのような感じが…。ネタバレあり。 ―2001年製作 香 90分―

映画 暗戦 デッドエンド ネタバレ感想 アンディラウ対ラウチンワン

映画 暗戦 デッドエンド ネタバレ感想 アンディラウ対ラウチンワン

ジョニー・トー監督作品。泥棒のチャン(アンディ・ラウ)と、ワーカホリック刑事のホー(ラウ・チンワン)の対決を描いたクライム・サスペンス。お互いを好敵手と認め合い、相手の上を行こうと火花を散らす中で、2人の間に芽生える友情物語とも言える。ネタばれあり。 ―2000年公開 香 93分―

映画 新しき世界 ネタバレ感想 韓国ノワールの傑作

映画 新しき世界 ネタバレ感想 韓国ノワールの傑作

ヤクザ企業の跡目争いと、その組織に潜入している刑事の苦悩を描いた、忘れた頃に観たくなる韓国ノワール作品の傑作。登場人物たちの存在感がすごい。ネタバレあり。 ―2014年公開 韓 134分―

映画 ディパーテッド ネタバレ感想 ラストまで生き残るのは誰か

映画 ディパーテッド ネタバレ感想 ラストまで生き残るのは誰か

香港映画の傑作、『インファナル・アフェア』のリメイク作品。大筋は変わらないものの、細部はいろいろと変更されている。香港とボストンでは犯罪組織のあり方も違うだろうから、変更は当たり前なんだけど。ネタバレあり。 ―2007年公開 米 152分―

映画 ボーダー ネタバレ感想 デニーロとパチーノが共演しているだけ

映画 ボーダー ネタバレ感想 デニーロとパチーノが共演しているだけ

パチーノとデニーロがコンビで主演を務めているという以外に優れたところを見つけるのが難しい作品。オチも何となく読めちゃうしね。まぁでも、2人の共演を観たい人には、いいのではないだろうか。ちゃんと同じ画面に映ってるしね。ネタバレあり。 ―2010年公開 米 101分―