スポンサーリンク

映画『リベンジ・キラー』ネタバレ感想 ポンコツ3人組とエマのバイオレンス珍道中

スポンサーリンク

リベンジ・キラー

ジャケットの雰囲気や引用した下記の解説によると、ある女性が男たちに襲われてズタボロにされ、その復讐を果たす内容に思える。例えば、『アイ・スピッド・オン・ユア・グレイブ』とか『サベージ・キラー』みたいな。ところが、そうじゃない展開だったので、なかなか楽しめた。ネタバレあり。

―2014年製作 米 80分―

スポンサーリンク

解説・スタッフとキャスト

解説:男たちに誘拐され、ズタボロにされた少女の復讐劇を描くハイテンションアクション。凶悪犯グループに誘拐された麻薬王の娘・エマは暴行され、父親宛のビデオを撮影される。復讐を誓ったエマは、身体と言葉と武器を駆使して死闘を繰り広げる。(KINENOTE)

監督・脚本:ブライアン・ボックブレイダー
出演:マイアラ・ウォルシュ/トニー・トッド/ダニー・トレホ/オースティン・アブケ

適当なネタバレあらすじ

中年カップルの受難

中年の男女が夜、車の中でいちゃついている。愛し合っているようだ。しかし、突然車のドアが開けられ、女性は車外に連れ出される。男のほうは運転席に座したまま、何者かによってタコ殴りにされる。

2人組の目的は?

場面が変わって車で移動中の男、ジョンとマイク(名前はうろ覚え)。仲良く喋っている2人は、ある立派な邸宅に到着する。すると、取り出したマスクをかぶって銃を手に。そして、玄関から進入して中にいた女性を拉致。居合わせたよく分からない男にマイクは発砲。さらに木製バットで顔面を殴打する。

マイクは女性を後部座席にぶちこみ、ジョンが運転。「手荒にするな」と戒めるジョンを無視してマイクは抵抗する女性に暴力。いろいろあって、ジョンは軍隊時代の仲間、ショーンを仲間に引き入れて、車を運転させる。

メキシカンマフィアのボスから金を奪え!

彼らが誘拐した女性は、メキシコの麻薬組織のボスの娘。組織から500万ドルをせしめようという魂胆らしい。女性の名はエマ。暴力を受けて縛られているのに、3人に悪態をついたり強がりを言ったり、なかなか根性がありそうだ。

3人は捕らえたエマをスマホの動画で撮影し、エマの親父にメッセージを送る。その後、親父からジョンのスマホに連絡がきて、人質の受け渡し場所が決まる。目的地に向かう4人。途中、モーテルに泊まろうとしたところへ組織の殺し屋がやってくるが、ジョンがあっさりと撃退。

仲間割れ

居場所を知られていることがわかり、彼らはまた車を走らせる。途中で警察の車に止められる。見逃してもらえそうだったのに、いろいろあってマイクが警官を射殺。ジョンとマイクが口論になる。そこでなぜかジョンはいきなり、今回の目的が誘拐ではなかったことを暴露。

実は、ジョンの親父は冒頭で紹介した中年らしい。そんで、彼の親父の恋人が、エマの親父の奥さん。つまり、冒頭の2人は不倫状態にあった。で、彼らを亡き者にしたのがエマの親父。だからジョンは、敵を討つために今回の作戦を立てたのだという。つまり、誘拐して金を手にするよりも復讐が目的だったのである(最初から仲間に話してやれよw)。

で、その後はマイクの告白タイム。彼はジョン思いの兄(異父だか異母兄弟らしい)ではあるものの、殺人サイコマンであることが判明する。というのも、ジョンが恋人のいる女を好きだったのを知ったので、その女の恋人を殺害したというのだ。弟のジョンと女が付き合うきっかけづくりのためにである! …ジョンははじめこそ驚いた様子だったが、別にマイクを詰るわけでもなく、あっさりその告白を受け入れる(笑)。というか受け流したのか?

そして、ショーンは退役後、ヘロイン中毒になっている。だから、今回のヤマで金を得たら、どこか療養できるところに逃げたいらしい。なので、復讐目的だったジョンに不信感を抱く。

エマとショーンが逃げる

その後、マイクとジョンが買い物に出ているとき、車内に残ったショーンは、「あの2人はサイコだから、2人で逃げよう」とエマに相談。それに乗ったエマは、2人が隠しているショットガンの在り処をショーンに教える。そこにジョンとマイクが戻る。

実はそのやりとり、マイクがジョンのスマホを使って隠し撮りしていることがわかる。2人はそれに気付かない。

で、エマはショーンとの打ち合わせ通り、「おしっこがしたい」と頼む。で、マイクとジョンは彼女を外に連れ出した。そこでショーンはショットガンを手に入れる(このシーンけっこう時間過ぎてる。エマのおしっこタイム長いw)。そこへマイクが車中に戻ってきた。ショーンを疑っている。スマホの動画を見せる。言い争いになる。いろいろあって、ショーンぶちきれてマイクを刃物で刺し殺す。

そこへジョンとエマが戻る。そして何でそうなったか忘れたが、ジョンはマイクの亡骸とともに、その場に置き去りにされる。

ショーンVSエマ

エマは晴れて自由の身かと思いきや、ショーンの様子がおかしい。ショーンがいろいろ告白したところによると、彼は戦争に行った影響で、PTSDになっている。そのせいもあって、ヘロイン中毒になっている。さらに、何でだか忘れたけど、女性に暴力ふるった過去があるようだ。

話を聞きつつ身の危険を感じるエマ。しかし遅かった。襲い掛かってきたショーンと血みどろの戦いを始めることに。このシーンはエマが道具を使って反撃するなど、なかなかグロい。最終的に、ジョンが助けてくれたのか、自らの手で葬ったのか忘れたが、ショーンは死亡。彼女は身代金引渡しの場所へ向かう。

ボスをやっちまいな!

そこへ待っていたのは、ダニー・トレホ(笑)。組織のボス役を彼が演じているのである。エマは親父を誘導尋問しながら母親(ジョンの親父の恋人)を殺したことをゲロさせる。で、親父と戦うことに。負けそうになった瞬間、後部座席からジョンが登場! いつの間に潜んでたのかとか、前述した部分あたりからのジョンの動き、記憶があやふやでよく覚えてない(ごめん)。

ともかくジョンは見事、親父の敵討ちに成功。さらに、ボスのボディーガードみたいな集団をダメージを受けつつ一掃するのであった。モーテルでのヒットマン殺害といい、見た目によらず、ジョン強すぎ(笑)。

しかしダメージは深く、助手席で息を引き取るジョン。エマは最期を見届けると、彼の死体を車外に捨て(笑)、血まみれになったジョンの車を運転してその場を去るのだった。親父の車のほうが高級車なんだから、あっちにすればいいのにと思わずにいられない。

ちなみに、エマもショーンとの戦闘以降、かなり深手を負ってたぽいのに、どうしてピンピンしているのだろうか。謎である。

ネタバレ感想

というお話。なかなか面白かった。

説明しながら、ところどころツッコミも入れたように、B級糞映画ではある。それでも冒頭で紹介した2作よりは楽しめた。ジョンとマイク、ショーンのポンコツ3人組と、エマのキャラが良かったんだと思う。

あとは、何気に白人とメキシカンの軋轢的な話や、退役軍人の末路など、社会派な内容を盛り込みつつ、それを強烈なテーマとしてクローズアップせずにサラッと描写してみせたところに、アメリカに生きる人々の日常が滲んでいるような印象を受け、好感を持った。

自信を持ってオススメするほどの面白さではないが、よかったと思います。短いし。

リベンジ・キラーはネットフリックスで鑑賞できます。

映画『ブラッディ・リベンジ』ネタバレ感想 レイプ野郎ども怖い
もっとホラーよりの話かと思ったら、そうでもなかった。主演の人はクリント・イーストウッドの娘さんだろうか。目になんとなく面影がある。そんな彼女がレイプ被害にあい、男どもに復讐を果たす話。ネタバレあり。 ―2017年製作 米 92分―
映画『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ』ネタバレ感想 おまえら全員死刑!
序盤は退屈。物語が転がり出してからは主人公の女性、ジェニファーが男たちの暴力にさらされるシーンが長めに続くのでなかなかつらい。中盤以降はタイトル通りの展開になっていくが、劇終しても特に溜飲が下がるわけではない。ネタバレあり。 ―2011年公開 米 106分―
映画『DEMON デーモン』ネタバレ感想 ヒロインが違う女優だったら・・・(笑)
田舎の閉鎖的な感じとか、希望のない生活的な雰囲気が出ている映画。内容については積極的に人に薦めたいと思うような良作ではない。この映画の残念ポイントはどこにあるのか。観た人ならきっと言わなくてもわかると思うが、ぜひ言っておきたい。タイトルで言ってるんだけど(笑)。ネタバレあり。 ―2015年製作 米 91分―
映画『ドッグヴィル』いい話だったなぁ・・・
なんか舞台みたいなセットで延々と続けられる主人公と村人たちの関わり。終盤の急展開から緊張感が出始め、あのラスト。最後は見てよかったと思ったのである。映像が平板であって、それは要するに背景が書割のためなんだろうが、それでよかったのかもしれない。
映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』ネタバレ少し感想
鑑賞後に何かを考えずにいられなくなる内容。単に主人公セルマの受難を描くだけでなく、彼女と彼女をとりまく面々の、相手にとってよかれと思って成したことが、当人にとっては必ずしもプラスになるわけではないと思わせる部分にこの作品の重みがあると感じた。ネタバレ少し。

コメント

  1. より:

    これの冒頭の歌がどうしても知りたい・・・・
    Rosemary marry me in the smmuer night~みたいな

タイトルとURLをコピーしました