スポンサーリンク

映画 VIP 修羅の獣たち ネタバレ感想 ドラ息子に振り回される大人たち

スポンサーリンク

V.I.P. 修羅の獣たち

北鮮の要人の息子で連続殺人事件の容疑者が韓国に亡命して事件を起こし続けている。彼の行方を追う韓国警察と国家情報院。そこにCIAと北鮮の保安省の人間が絡んでくるクライムサスペンス。ネタバレあり。

―2018年公開 韓 128分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「泣く男」以来、2年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン主演によるクライム・アクション。米韓の企てにより北朝鮮から亡命した男が連続殺人事件の容疑者として浮上。韓国警察が追跡するなか、国家情報院のジェヒョクは彼を保護し、捜査網を潜り抜けていく。共演は「エンドレス 繰り返される悪夢」のキム・ミョンミン、「密偵」のパク・ヒスン、「僕らの青春白書」のイ・ジョンソク、「ジョン・ウィック チャプター2」のピーター・ストーメア。監督は「新しき世界」のパク・フンジョン。(KINENOTE)

あらすじ:韓国国家情報院と米CIAの企てにより北朝鮮から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイル(イ・ジョンソク)が、連続殺人事件の有力な容疑者として浮上。彼が犯人であることを本能的に確信した警視チェ・イド(キム・ミョンミン)は、グァンイルを追う。一方、国家情報院の要員パク・ジェヒョク(チャン・ドンゴン)は、グァンイルを保護し、捜査網を潜り抜けていくのだった。そんななか、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム(パク・ヒスン)までが介入、事態は思いもよらない方向へと進んでいく……(KINENOTE)

監督・脚本:パク・フンジョン
出演:チャン・ドンゴン/キム・ミョンミン/パク・ヒスン/イ・ジョンソク/ピーター・ストーメア

ネタバレ感想

ドラ息子(イ・ジョンソク)に振り回されるエリートたち

傑作、『新しき世界』のパク・フンジョン監督作。なかなか楽しめた。大規模なアクションがあるわけでもないけど、複雑に絡み合っている各部署の人間たちの相関関係がスッキリと理解できるし、物語に悲惨さはあるものの、きちんとした結末を迎えるところもよい。

ドラ息子(イ・ジョンソク)の遊びに各国のエリート社会人が振り回されるお話なので、そう考えるとなかなかに滑稽な話でもある(笑)。

ともかくドラ息子が真正のクズ人間でともかくぶっ飛ばしたくなる奴で、実際にチャン・ドンゴン扮する国家情報院のパクと、キム・ミョンミンが演じるチェ警視は彼をぶん殴ったり、ぶん投げたりするシーンがある。

ほんとはやっちゃいけないけど、「いいぞ、もっとやれ!」と思っちゃうのはドラ息子がやっぱり糞人間だから。

なので、チェ警視が彼のイチモツが不能であることを大勢の大人の前で喝破して見せるとこなんて、溜飲が下がる。まぁそれが原因でドラ息子に植物状態にされてまうチェ警視は気の毒ではあるのだが。

ドラ息子と同様にクズなのが、ピーター・ストーメアが演じるCIA局員だ。であるからこいつがコケにされるラストも当然に溜飲が下がる。

登場人物らが悲惨な目に合うけども楽しめる

チャン・ドンゴンは『友へ チング』の印象が強烈だったので、当時より老けた彼が最初は誰なのかわからなかった。そのこともあって、冒頭の謎シーンの人物と国家情報院の彼がつながらず、プロローグ前のエピソードがどこでつながっているのかワクワクしていた。で、ラストに彼が誰だったのかわかったときには驚きがあったし、ここまで物語を追ってきた中で、彼が落とし前をつけるシーンにより深みを感じられてよかったと思う。

にしても、チェ警視と北鮮のデポム氏は本当に悲惨すぎ。頑張って捜査しても上層部が事件を隠蔽しちゃうんだから、何のために捜査しているのかわからない。

デポム氏はせっかくドラ息子を捕まえたのに、政治体制が変わったことで逆にドラ息子に殺されちゃうんだから、最後まで権力に振り回されて人生終わっちゃうなんて、本当に気の毒だ。ちくしょう。

あと、冒頭の被害者の女の子も可愛そうだったねぇ。しかしまぁ、それもこれも、あのドラ息子の嫌さがきちんと描かれているからこそ湧いてくる感情だと思うので、やっぱりいい作品てことだね。

韓国のクライムサスペンス好きな人にはおすすめ!

映画 新しき世界 ネタバレ感想 韓国ノワールの傑作
ヤクザ企業の跡目争いと、その組織に潜入している刑事の苦悩を描いた、忘れた頃に観たくなる韓国ノワール作品の傑作。登場人物たちの存在感がすごい。ネタバレあり。 ―2014年公開 韓 134分―
映画『友へ チング』ネタバレ感想 チャン・ドンゴンのギラギラ感がよい
ジュンソクとサンテクの友情物語的展開なのだが、サンテクは単なるわき役。実はジュンソクとドンソクの似た者同士な男2人の青春刺し殺しムービーであった。ネタバレあり。 ―2002年公開 韓 118分―
映画『生き残るための3つの取引』ネタバレ 感想 韓国映画は糞警察と糞検察が好き
非常に面白く観たが、スッキリというよりはズ~ンとくるラストだし、出てくる人がムカつくやつらばっかりなので、万人におすすめできるような内容ではないかも。ネタバレは少なめで、結局は何がいいたい話だったのかということについて、自分なりの考えを述べます。 ―2011年 韓 119分―
映画『インサイダーズ 内部者たち』政治家になるための条件3つ!(嘘)
内容はハードだけど、人物さえ見分けがつけられれば面白いです。「権力者は人間ではない」と言ってるように思えた。毎度しょうもないことばっか書いてますが、今回は下品なことをしつこく話題にしますので、その辺ご注意ください。他には政治家になるための条件について。ネタバレもしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました