スポンサーリンク

映画 義兄弟 ネタバレ感想 ソンガンホとカンドンウォンの友情物語

スポンサーリンク

義兄弟

北朝鮮の工作員と韓国の元国家情報員の友情物語。相反する2人があることをきっかけに交流を深めていく物語としては面白いが、細部に突っ込みたい部分も多い。そこを不問にすれば楽しめる。特に、ソン・ガンホが演じるハンギュのキャラがいい。ネタバレあり。

―2010年公開 韓 116分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:北朝鮮スパイと彼を追う元国家情報員の対決と友情、北と南それぞれの国家に翻弄された二人の男の葛藤を描く「映画は映画だ」のチャン・フン監督作。出演は「渇き」のソン・ガンホ、「M(エム)」のカン・ドンウォン、「四月の雪」のチョン・グックァンなど。(KINENOTE)

あらすじ:国家情報員のイ・ハンギュ(ソン・ガンホ)は、ソウル市内の団地で起きた北朝鮮工作員との銃撃戦の折、多くの死傷者と工作員を取り逃がした責任を問われ組織をクビとなる。6年後。彼は、逃げた妻や外国人花嫁などを捜す探偵まがいの稼業で糊口を凌いでいた。そんなある日、ハンギュは銃撃事件の現場から逃走した北朝鮮工作員のソン・ジウォン(カン・ドンウォン)に偶然出くわす。ジウォンはパク・ギジュンという偽名を使い、潜伏生活を続けていたのだった。ハンギュの熱心な誘いで一緒に働くようになった二人は、それぞれの目的を胸の内に秘めながらも、寝食を共にするうちに次第に心を通わせていく。だが、それでも対立する立場にある二人はお互いの動向を探り続けていた。その頃、彼らの運命を左右する暗殺者が再び北からやって来る……(KINENOTE)

監督:チャン・フン
出演:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/チョン・グックァン/コ・チャンソク/パク・ヒョックォン

ネタバレ感想

ソンガンホがよい

冒頭に書いたとおり、北朝鮮と韓国の男が友情を育む物語なので、単純にその筋を素直に受け入れれば楽しめる作品だ。俺はそこそこ楽しんで鑑賞できた。

今作がなぜ楽しめるかというと、ソン・ガンホ演じるハンギュのキャラがいいからだろう。仕事に自信を持っていて、部下の扱いが粗く、上司には反抗的ーーという冒頭の振る舞いを見るに、この手の韓国映画にはよくいそうな、ありがちな人物なんだけども、他作品とちょっと異なるのは、自分が思っているほど有能でないところだ(笑)。

冒頭の射殺事件も、あそこまで事を大きくしたうえで北の殺し屋、“影”を捕まえられなかったのは、どうみてもハンギュに責任がある。解雇されたのは気の毒だが、その後の探偵業もジウォンがいるおかげで片付いているシーンばかり。しかも、人を見る目がないのか、ジウォンの前に雇っていた2人組とかただのポンコツだし、ラストのベトナム人ギャングもしかり。そもそも、何で後者を雇おうと思ったのか、理解に苦しむ。

テスンに対する接し方などを見るに、おそらく面倒見がいいんだろうなとは思うものの、やっぱり人を見る目はない(笑)。だが、そういうキャラなので、なかなかコミカルなところもあり、自宅でのシャドーボクシングから手錠のくだりなどはなかなか笑える。

主人公が上述したような人物なので、この物語は最後まで楽しめるのだと思われる。つまり、演じたソン・ガンホがすごいということか。

突っ込みどころもある

影が強すぎてジウォンたちは単なる邪魔者

しかしまぁ、よくよく考えてみると、所どころ、粗が目立つなというのも正直なところ。

まず、北朝鮮の工作員ジウォン(カン・ドンウォン)が同僚のテスンと協力して、北の殺し屋、“影”とともに、北に亡命していた金一族の男を始末するくだり。あれって、実働しているの影しかいないし、ジウォンとテスンは返って邪魔者にしかなってないんだから、影は二人を連れて行く必要まったくなかったように思えちゃう。ジウォンには標的以外殺さなくてもいいんじゃないかと、邪魔されてかえって窮地に陥っている。

そもそも影は、自分の目的のためには女子どもだろうが容赦せずに殺せる奴で、しかも戦闘力高めなんだから、あの二人に標的の居場所さえ伝えてもらえば、あとは一人でどうにでもできたように思えちゃう。

これはラスト付近の教授殺しにしてもそうだ。あのときもジウォンは邪魔して来るわけだし、6年前に一度邪魔されている奴を、わざわざ連れて行く意味がよくわからない。仮にジウォンも殺したかったんなら、いつでもそれを遂行するタイミングはあったわけで。

セキュリティ適当なパソコンで情報を送る

続いて、ジウォンは工作員なので訓練されているだろうから、戦闘力が高いのはいいとして、北に情報を流すやり方が適当すぎだろ。最初の殺しの準備のときは、なんだかよくわからんやり方で暗号をやり取りしてたくせに、6年後はネットカフェや、元国家情報員だったハンギュの家のパソコンで情報流しているのだ。あほか。

ラストの結末もなんか無理やり感ある

ラストはハッピーエンドで終わるんだけども、どうしてジウォンの妻子は助かったんだろう? “影”は彼女たちを「始末した」とは言わないものの、そう思わせるようなことをジウォンに伝えていたが、アレはブラフかましただけだったということか? ああやって助かっているということは、おそらく、ジウォンが金を払って雇った亡命請負人たちの作戦が成功したということなんだろう。

にしてもだ、あれだけ銃弾くらってビルの5階くらいの高さから落ちたジウォンはどうあっても助からんと思うんだが。そこがかなり無理を感じた。

しかも、ハギョンにイギリス行きのビジネスクラスを奢ってやって、しかも自分も妻子を連れてその飛行機に乗っているとか。なんなんだ、あれは。どうしてそんな羽振りがいいんだ。どこであの金を手に入れたんだ。ビジネスクラスってエコノミーの何倍も値段するんだぞ(乗ったことない人間の僻み)。

映画『友は風の彼方に』ネタバレなし感想 レザボアドッグスに影響を与えた一作
タランティーノの『レザボア・ドッグス』に影響を与えたと言われる、リンゴ・ラム監督の代表作の一つ。久しぶりに観たら古臭い感は否めないが、まぁそれは仕方ない。語らずとも通じ合う、男の友情が描かれている。ネタバレなし。 ―1991年公開 香 105分ー
映画『友へ チング』ネタバレ感想 チャン・ドンゴンのギラギラ感がよい
ジュンソクとサンテクの友情物語的展開なのだが、サンテクは単なるわき役。実はジュンソクとドンソクの似た者同士な男2人の青春刺し殺しムービーであった。ネタバレあり。 ―2002年公開 韓 118分―
映画 暗戦 デッドエンド ネタバレ感想 アンディラウ対ラウチンワン
ジョニー・トー監督作品。泥棒のチャン(アンディ・ラウ)と、ワーカホリック刑事のホー(ラウ・チンワン)の対決を描いたクライム・サスペンス。お互いを好敵手と認め合い、相手の上を行こうと火花を散らす中で、2人の間に芽生える友情物語とも言える。ネタばれあり。 ―2000年公開 香 93分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました