映画 フレンチラン ネタバレ感想 CIA捜査官とスリのバディムービー

フレンチ・ラン

フランス産のバディームービー。コミカルな内容かと思いきやけっこうシリアスな感じに物語が進む、最後まで楽しめる佳作アクションです。

―2017年公開 仏=米 92分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:CIA捜査官とスリのはみ出し者コンビをイドリス・エルバとリチャード・マッデンが演じるバディ・アクション。パリ市街で爆弾テロが発生。一時嫌疑をかけられたマイケルのスリの腕前を見込んだCIA捜査官ブライアーは、彼に協力を持ち掛け、真犯人を追う。大規模テロを防ぐためパリを駆け巡る二人を、「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」のジェームズ・ワトキンス監督が描く。(KINENOTE)

あらすじ:フランス、パリ。革命記念日を控えたある日、市街で爆弾テロが発生し、捜査線上にスリのマイケル(リチャード・マッデン)が浮かび上がる。イラクで命令を無視してテロリスト6名を射殺したはみ出し者のCIA捜査官ブライアー(イドリス・エルバ)が担当することになり、マイケルを確保。ブライアーは彼の無実を確信する一方、ずば抜けたスリの腕前を買い、捜査協力を持ちかける。真犯人探しを進める中、36時間後の革命記念日にパリを制圧するとの犯行予告が出され、二人は国家的危機に立ち向かっていく。(KINENOTE)

監督・脚本:ジェームズ・ワトキンス
出演:イドリス・エルバ/リチャード・マッデン/シャルロット・ル・ボン

ネタバレ感想

CIA捜査官とスリが、あることをきっかけに仕方なくタッグを組み、事件の捜査を進めるにつれてコンビネーションを発揮し始めるバディムービー。せっかくコンビを組んだのに、ぜんぜんその良さが発揮されない作品もある中で、この作品は終盤近くでしっかりとお互いが信頼関係を結んで事件を解決に導くので、なかなか楽しめた。

脇を固める登場人物もなかなかよく、特に主人公をかばってくれる上司の女性が美人でかっこいい。だから黒幕にあっさり殺されちゃうところは悲しいでありました。というか、もう少し警戒しろやと思わんでもないが(笑)。で、今調べてたらこの女優さんはジョニー・デップの『リバティーン』にも出てたらしい。あの娼婦役の人かな??

映画 リバティーン ネタバレ感想 ジョニーデップ演じる梅毒詩人貴族
ジョニー・デップが飲んだくれ詩人で貴族のロチェスター伯爵の生涯を演じた伝記映画。前半のロチェスターの才気溢れる振る舞いや、常識にとらわれずに物事を考えているが故に、王や母、妻のような俗物的な人間とのコミュニケーションがうまくとれずに苦悩、および憤っている部分などは非常に面白い。ネタバレあり。 ―2006年公開 英 110分―

この物語の悪役たちは、テロを匂わせておいてそれに無策な警察に対して民衆の怒りをあおり、街を暴動寸前にまで追い込む。なんで警官なのにそんなことするんだろうと思ったら、彼らの目的は暴動騒ぎに乗じて銀行強盗をすることだったのだ。

要するに、政治的な思想がどうとかではなく、単なる盗人だったという(笑)。なんかこの手の作品ってけっこうあるよね。一瞬、思いついたものをいくつか紹介しようと思ったけど、有名作品もあるし、ネタバレになるからやめておきます(笑)。

ということで、本作のパリの街並みを俯瞰的に映したシーンなんかを観ると、パリを旅行してみたいなぁなんて思うし、どこに行くときも人込みではスリに気を付けようとも思えるし(笑)、つっこもうと思えば粗は出てきそうだけど、そんなことを感じさせないくらいには楽しめる作品でした。なかなかお勧めです。

映画『エイリアン・ネイション』ネタバレなし感想 刑事が異星人とコンビを組むバディムービー
ある惑星から異星人が地球(アメリカ)に移民してくる。彼らを受け入れ、共に社会生活を営む中で起きた殺人事件を刑事が捜査する話。彼とコンビを組む相棒が異星人というところに、この作品の面白味がある。ネタバレなし ―1989年公開 米 90分―
映画『ヒドゥン』ネタバレ SFアクションの傑作! 結末までの見どころ紹介 
映画評論家の故・淀川長治さんが長く解説を務めていた名番組、「日曜洋画劇場」で放映されていたのを鑑賞したことがある、アラフォー世代の人も多いはず。つくりはB級ぽいけども中身はA級、SFアクションの傑作である。見どころを紹介した後、ネタバレあり。 ―1988年公開 米 96分―
映画『ザ・ボルト』ネタバレ感想 銀行強盗サスペンス的ホラー作品
姉妹と弟の3人きょうだいと、2人の犯罪者がチームを組んだ5人の強盗団が襲った銀行の地下には何か別の存在がいるらしい。そんなことを言う行員の話は無視して金を手に入れようと躍起になる強盗団たちだったが、仲間が不可解な死を遂げていく中で、姉妹と弟はその存在の正体が何なのかを知る。ネタバレあり。 ―2018年公開 米 91分―
映画『強盗狩り』ネタバレ感想 ラストまで緊張感のないボンクラ強盗団
強盗団VS警察&FBI VS殺人鬼というシッチャカメッチャカなお笑いサスペンス。つまらなくはないと思うけど決して面白くもない、何だかもったいない感じのする珍作である。ネタバレあり。 ―2016年製作 米 84分―
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。