スポンサーリンク

映画『AUTOMATA オートマタ 』ネタバレ感想 バンデラス主演のSFサスペンス

スポンサーリンク

AUTOMATA オートマタ

バンデラス主演のSFサスペンス。人類がつくりあげた人工知能を搭載したオートマタという人型ロボットが、人類を脅かさないように予め施されていた制御機能(プロトコル)を超えた動きをし始める。その謎を追う主人公が見た光景とは? ネタバレあり。

―2016年公開 米・西・加・布 109分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:アントニオ・バンデラス主演による近未来SF。人類が存亡の危機を迎え、人間に代わる労働力としてA.I.搭載ロボット“オートマタ”が共存する2044年。制御機能が破られた改造ロボットが現れ、地球は人工知能の時代が始まろうとしていた……。共演は『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』のビアギッテ・ヨート・スレンセン、「サバイバー」のディラン・マクダーモット、「シェイド」のメラニー・グリフィス。監督・脚本は『シャッター ラビリンス』のガイ・イバニェス。(KINENOTE)

あらすじ:2044年、太陽風の増加により砂漠化が進んだ地球。人類が存亡の危機を迎える中、「生命体に危害を加えてはいけない」「ロボット自身で、修理・修繕をしてはけない」という二つの制御機能が組み込まれた人工知能搭載ロボット“オートマタ”が共存していた。彼らは、人間に代わる労働力として砂漠化を防ぐための巨大防御壁の建設や、機械式の雲を作っていたのであった。そんなある日、オートマタを製造・管理するハイテク企業に務める調査員ジャック(アントニオ・バンデラス)は、絶対に変更不可能とされていた制御機能が破られた改造ロボットの存在を知る。やがてロボットの心が覚醒し、その一方で人間のモラルが崩壊。地球は人工知能の時代が始まろうとしていた……。(KINENOTE)

監督・脚本:ガベ・イバニェス
主演:アントニオ・バンデラス/ビアギッテ・ヨート・スレンセン/ディラン・マクダーモット/メラニー・グリフィス/ロバート・フォスター

ネタバレ感想

これは一種のディストピアものの作品だろうか。ラスト、街に戻ることができなくなったバンデラスと奥さんは、海の見える場所に車を走らせる。バンデラスにとってはそこで生きることは望んでいたことではあるのだが、果たして妻子とともに平和に暮らせるのか…。

いっぽう、オートマタのクリオは、人工知能を持つロボットたちの安住の地をつくるべく、崖の向こうの人間たちが住めない世界へと旅立っていく。

人類は自分たちの種を生き残らせるためにAIを搭載したロボットたちをつくり、彼らに環境保全をさせていたわけだが、技術的特異点(シンギュラリティ)を恐れて、2つのプロトコルによって、オートマタを制御していた。

しかし、初期型のオートマタはプロトコルを設定されておらず、自由に自己を改造できたらしい。なので、初期型によりプロトコルの制御から脱したクリオらが、オートマタの世界をつくるために旅立つことになる(ということだと思われた)。

要するに、人類は人口も減少してるし、環境汚染の範囲が広すぎて行動できる範囲も狭いため、自分たちの生存のためにつくったロボットに、次代を託すことに。自分たちはいずれ種としての役割を終えて、次第に滅びていく運命を選ぶ――選ぶというか、そうならざるを得なくなったことを、あのラストは示しているのだと思った。

なかなか示唆的な内容ではあったが、起伏の少ない物語展開で、少々退屈な作品であった。

映画『セキュリティ』ネタバレ感想 アントニオ・バンデラス主演とか懐かしい
バンデラス主演の映画って久しぶりに観た。最近はあんまパッとしない印象だが、細々と活躍してはいるようだ。話の内容は目新しい感じはないけど、暇つぶしに観るには悪くないアクション作品だった。ネタバレ少し。 ―2017年公開 米 92分―
映画『ベンジェンス 復讐の自省録 Acts of Vengeance』ネタバレ感想
このブログでもリベンジ系の映画はたくさん紹介している。最近の作品にこの手の作品が多いのは、何かの世相を反映しているんだろうか。ということで、本作はアントニオ・バンデラス扮する弁護士が殺された妻子の復讐のために奮闘する話。彼が妻子をなくしてしまった要因は、彼自身が仕事人間すぎたことにある。ネタバレあり ―2017年製作 勃 87分―
映画『ディストピア パンドラの少女』ネタバレ ラストの選択がゾンビ的思考か
序盤は軍の施設内で、メラニーら第二世代の子ども達を教育するシーンが描かれる。この辺は全容がなかなか明らかにされないので少し退屈だが、施設から出て以降は、ゾンビ映画らしい面白展開が繰り広げられる。ネタバレあり。 ―2017年公開 英=米 111分―
映画『エヴォリューション』ネタバレ感想 何これ? キモい
何これ? キモい。というのが鑑賞後の感想。映像が美しいかと言われれば個人的にはそうも思えず、セリフも少なく、音も少なく、だからと言って、映像にかじりついても全容がわかるわけではない。けなすことも、ほめることも難しい謎作品。ネタバレあり。 ―2016年公開 仏 白 西 81分―
映画『アイ,ロボット』ネタバレ感想 ラストから予想できる、新たな戦いの予感
「俺はロボットだ!」ってそんなん言われなくてもわかっている(笑)。わかっているんだけど、こういう作品を観ているとロボットと人間の存在の在り方としての違いってなんだろうと思わされる。てなことで、作品内容に触れつつそんな話を。ネタバレあり。 ―2004年公開 米 115分―
映画『エクス・マキナ』ネタバレ感想 人工知能は人間と同じ・・・?
前から内容が気になっていたので鑑賞。最後まで面白く見れた。ただ、細部に突っ込みどころ多すぎちゃってねぇ。設定が甘いせいなのか、俺が理解してないせいなのか。その辺を考えつつネタバレもします。以下、前半はこの映画に対して感じた私的な印象。後半はこの作品のよくわからないところを。 ―2016年公開 英 108分―

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました