「 戦争 」一覧

映画 マンダウン 戦士の約束 ネタバレ感想 海軍復員兵の悲壮な戦い

映画 マンダウン 戦士の約束 ネタバレ感想 海軍復員兵の悲壮な戦い

アマゾンプライムであらすじを読んで、戦地から帰った復員兵が故郷でも過酷な戦闘を繰り広げるSF作品かと思って鑑賞したら全然違った。シリアスで悲惨な話だけども、鑑賞して損はない作品。ネタバレあり。 ―2017年公開 米 91分―

映画 アメリカンスナイパー ネタバレ感想 凄腕スナイパーの生涯

映画 アメリカンスナイパー ネタバレ感想 凄腕スナイパーの生涯

イーストウッド監督の事実を基にした物語。愛国心あふれる男がイラク戦争を通じてアメリカの英雄になるまでを描く。仲間を助けるために4度もイラクに派遣され、敵兵を狙撃してきた男の運命やいかに。ネタバレあり。 ―2015年公開 米 132分―

映画 13時間 ベンガジの秘密の兵士 ネタバレ感想 ミステリアスな敵兵たち

映画 13時間 ベンガジの秘密の兵士 ネタバレ感想 ミステリアスな敵兵たち

アメリカ人の元兵士たちがリビアに拠点を構えるCIA施設の警備を任される。アメリカは当地で戦闘行為ができないようで、アメリカ領事館を地元兵に攻められても反撃ができぬ。警備兵のリーダーは、自らの意思で仲間を率いて大使の救出に向かうが…ネタバレあり。 ―2015年製作 米 144分―

映画 スペシャル・フォース ネタバレ感想 敵ボスを避けて雪山パニック作品に(笑)

映画 スペシャル・フォース ネタバレ感想 敵ボスを避けて雪山パニック作品に(笑)

序盤はノンフィクションかと思わせるものの、人質救出に成功して後、山登りが始まっちゃうあたりから、オイオイという展開に。でも、戦闘描写はかっこよく、相手役のボスがけっこうムカつく奴なので、娯楽的戦争映画として鑑賞すれば、それなりに面白く観られる。ネタバレあり。 ー2011年製作 仏 104分―

映画 ハート・ロッカー ネタバレ感想 爆弾処理好きな戦争中毒者

映画 ハート・ロッカー ネタバレ感想 爆弾処理好きな戦争中毒者

命知らずの爆弾処理兵の物語。戦場に身をおくことでしか生きる実感を得られないように見える、戦争中毒の男は、安全対策もへったくれもない爆弾処理を行う。仲間たちはそんな彼に反感を抱きつつも彼の実力を認め、チームとして信頼関係が芽生え始めるのだが…ネタバレあり。 ―2010年公開 米 131分―

映画 プラトーン ネタバレ感想 ラストの戦闘にクリスの成長が重なる

映画 プラトーン ネタバレ感想 ラストの戦闘にクリスの成長が重なる

数年に1度は観たくなる戦争映画。10代の頃に鑑賞したこともあって、思い入れの強い作品である。ベトナム戦争の過酷な状況を描写しつつ、ちょっとした義憤に駆られ、志願してベトナムにやってきた青年の、成長物語でもある。ネタバレあり。 ―1986年公開 米 120分―

映画 砂の城 ネタバレ感想 ネットフリックス配信作 戦いの意味とは何か

映画 砂の城 ネタバレ感想 ネットフリックス配信作 戦いの意味とは何か

ネットフリックスオリジナル。軍人の体験が基になった話らしい。水道設備の再建と水の配給の仕事を担うことになった主人公たちの部隊。主人公が苦悩したように、彼らの行為に意味はあるのか。ネタバレあり。 ―2017年製作 英 113分―

映画『スペクトル』ネタバレ感想 透明な敵を倒せ

映画『スペクトル』ネタバレ感想 透明な敵を倒せ

東欧のモルドバ。反乱軍との戦場になっている街で、透明な敵にアメリカ兵が襲われる。反乱軍どころではなくなった、アメリカ軍は、敵の正体を探るために技術者のクライン氏を戦地に送り込む。それでどうなるのかという話。ネタバレあり。 ―2016年製作 米 108分―