異星人・怪物・UMA

スポンサーリンク
SF

映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』ネタバレ感想 死の恐怖とは存在することの恐怖だ

本編が面白かったので鑑賞したスピンオフ作品。WOWOWのドラマ版を劇場用につなげた作品らしい。率直に思うのは、原作をものした人の”概念を奪う”という発想に拍手を送りたいということだ。ネタバレあり ―2017年公開 日 140分―
映画

映画『パニック・トレイン』ネタバレ感想 犯人の素性と動機は謎(笑)

原題は『Last passenger』。それなりに面白いです。納得いかんのは、なんであんなサム・ニールの偽者みたいなおっさん(主人公のこと)が、美人で性格もよさそうなサラに好かれるのかってこと(笑)。ネタバレあり ―2013年製作 英 97分―
アクション

映画『エイリアン・ネイション』ネタバレなし感想 刑事が異星人とコンビを組むバディムービー

ある惑星から異星人が地球(アメリカ)に移民してくる。彼らを受け入れ、共に社会生活を営む中で起きた殺人事件を刑事が捜査する話。彼とコンビを組む相棒が異星人というところに、この作品の面白味がある。ネタバレなし ―1989年公開 米 90分―
スポンサーリンク
ホラー

映画『サイレン SiREN(2016)』ネタバレ感想 リリスの歌に惑わされる洋画ホラー

題名はギリシア神話に出てくる怪物、セイレーンのことみたい。細部に謎シーンが多いし、さほど怖さも感じない内容で、個人的には残念作品であった。ネタバレあり。 ―2016年製作 米 82分―
アクション

映画『アザーズ 捕食者』ネタバレ感想 細部を気にしなければ楽しめるB級作品

何これ(思ってたよりは)面白い! というのが感想である。突っ込みどころはたくさんある。あるんだけど、最後まで楽しめた。いろいろなB級、Z級の糞映画を紹介してきたけども、本作品はそれらと比較して何が優れているのだろうか。どんぐりの背比べと言うなかれ(笑)。ネタバレあり ―2014年 米 81分―
アクション

映画『スリザー』ネタバレ感想 ラストまで楽しめるSFホラーコメディ

2000年代後半の作品とは思えないくらい、80年~90年代のモンスターパニック系映画の雰囲気を感じる作品であった。エイリアン侵略ものホラーで、コメディよりの演出が多い。特に期待もせずに観たものの、最後までなかなか楽しめる作品でした。ネタバレあり。 ―2007年公開 米 96分―
アクション

映画『オブジェクト』 ネタバレ感想 地味なモンスターパニック

至って地味な、地味すぎるモンスターパニック作品。ありがちな人間ドラマも描かれる。とはいえ、個人的には面白く観られた。ネタバレあり。 ―2015年製作 米 90分―
善悪を超えた言葉を獲得するために、みんな人間であることをやめよう

映画『散歩する侵略者』ネタバレ感想 概念を奪うってすごい

人間から言葉の概念を奪っちゃう侵略者ってすごいね。ちょっと長めの感想になりますが、個人的なこの映画の解釈について紹介します。ネタバレあり。 ―2017年公開 日 129分―
スポンサーリンク