2010年代の作品

スポンサーリンク
映画

映画 グリーンブック ネタバレ ショパンの「木枯らし」など音楽がいい

実話に基づくロードムービー。ところどころ笑えるし、なかなか考えさせられる台詞もある。演奏される音楽がどれもすばらしいし、評判どおりの良作なので、一度は鑑賞しておいて損はない。ネタバレあり。―2019年公開 米 130分―
バイオレンス・クライム

映画 デッドマンダウン ネタバレなし感想 ノオミラパスの乙女ぶりが新鮮

ノオミ・ラパスって俺の中では男勝りな役柄とか、男とのロマンスが発生しないような作品の役どころばっかり演じている印象があるので、本作における彼女の乙女っぷりに驚いた。乙女っぷりとは言うものの、性格はなかなかハッキリとしているし強気でもあるんだけど、やっぱり他の作品と比べると乙女感があったな。
バイオレンス・クライム

映画 サバイビングモロッコ ネタバレ感想 悪友三人組のラスト

悪友三人組がそれぞれの思惑で動きながら破滅に向かっていく青春ドラマ。モロッコの街並みは新鮮で観る分には楽しめる。しかし、劇中の、誰も信用できない日々を生きていく三人組の人生はなかなか辛そうである。ネタバレあり。―2011年製作 白=仏=摩=唖 117分―
スポンサーリンク
韓国映画

映画 義兄弟 ネタバレ感想 ソンガンホとカンドンウォンの友情物語

北朝鮮の工作員と韓国の元国家情報員の友情物語。相反する2人があることをきっかけに交流を深めていく物語としては面白いが、細部に突っ込みたい部分も多い。そこを不問にすれば楽しめる。特に、ソン・ガンホが演じるハンギュのキャラがいい。ネタバレあり。―2010年公開 韓 116分―
映画

映画 薔薇は死んだ ネタバレ感想 実話を基にした女性たちの愛憎劇

高級娼婦のエルザと元娼婦で彼女の友人でもあるローザ。二人の関係、愛憎劇をカトゥという第三者の目から捉えた作品。三人の女性の心の動きや内面の葛藤を静かな描写の中で示してくる、なかなかの良作。―2015年製作 洪 88分―
バイオレンス・クライム

映画 トリプルフロンティア ネタバレ 大金強奪作戦の結末は

元特殊部隊の軍人たちが、麻薬組織のボスから大金を強奪を企てるクライムアクション。序盤の展開にはなかなかワクワクさせられたが、大金強奪後にグダグダになっていく感のある残念作品。ネタバレあり。―2019年製作 米 125分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 オペレーションレッドシー ネタバレ感想 つまらない戦争作品

中国で大ヒットしたらしい戦争アクション。最新鋭の武器を駆使した戦闘シーンはなかなかの迫力だが、さしておもしろくはないです。ネタバレあり。―2018年公開 中= 摩 143分―
映画

映画 キラーメイズ ネタバレ感想 ダンボールの迷宮でバカがジタバタするコメディ

ニートのデイブがダンボールで迷路をつくったら、なぜかその迷路内のみ異次元空間みたくなって、大迷宮と化すーー荒唐無稽な内容のコメディ。ネタバレあり。―2018年公開 米 80分―
スポンサーリンク